6972571733_7ed9b204dd_zはじめまして。Webマーケティングポータル「ferret(https://ferret-plus.com/)」編集長の飯髙です。(自己紹介:【仕事のチカラ Vol.7】月間170万PVのオウンドメディアを1年で作り上げた人はどんな人?)

 

普段、働き方に関することを考える機会が多くあります。

最近、Book&Apps(http://blog.tinect.jp/)の安達さんとお話する機会があり、そのことを伝えたらぜひ寄稿してほしいと、ありがたい言葉を頂いたので不定期にはなりますが、寄稿させていただきます。

 

 

それでは本題にはいります。今回は、「リーダーは社内ではなく、社外を見て下さい。」です。

 

早速ですが、本質のお話をします。

会社員の多くは、社内の評価ばかりを気にしていませんか?

 

もちろん、社内の評価が高いことは決して悪いことではありません。会社員である以上、社内の評価はあげたいものです。

社内で実績もなく評価も低い人が、社外の評価ばかり高めるっていうのは間違っています。社内の評価はしっかりあるということは、もちろん前提です。

ただ、一方でこれって本当に自分の価値を高められていますか?という疑問が生じます。

 

 

仕事がら、多くの人に会う機会があります。個人的にこの人すごいなって思う人は、やはり社外の評価が高いです。逆に、社内の評価ばかり気にしている人ってそもそもそういう場にはでてこないものです。

 つまり、社内ばかり目を向ける人って既にその場にいないってことです。もし、なにかの機会で社外との飲み会の場にいるとしましょう。きっと大した話もできないで終わります。

 

さて、では自分のリーダーのことを考えてみてください。みなさんのリーダーは、どうですか?ちゃんと社外に目を向けていますか?

 

トゲがあるかもしれませんが、まったく社外と飲み会がないとか、いろいろな知り合いがいないって方が自分のリーダーならそれはとっても不幸なことだと思います。

これだけSNSが一般化され、どんな人にもわりと気軽に会える今の時代に、リーダーが内輪のりでは、そこのメンバーも「ここで、評価されればいいんだ」と、勘違いしてしまいます。

これはもう負のスパイラルのはじまりです。

 

 

例えば、学生時代多くの人が仲良しがいてグループが存在します。

あるグループは、いつものメンバーで盛り上がる。

あるグループは、他のグループと交流をもち、盛り上がる。

客観的にどっちに属したいかって明確ですよね。

 

もし、前者と思う人がいればそれはそれでいいと思います。ただ、今も昔も、外と関係をもてない人は組織としても問題になります。

 

例えば、ある問題が生じた時、相談相手が社内にしかいないっていうのはナンセンスすぎます。社外と交流しているリーダーは、問題によって相談する相手がいます。つまり、答えが複数になるんです。

答えを一つしか持っていないリーダーと、複数持っているリーダー、どちらが有能かは明らかです。

 

 社内の評価は、社内のものさしで評価をされるので、1年も働けば何が評価されるかわかりやすいでしょう。

ただ、社外の評価は日々変わります。それに柔軟に対応することや、別に評価目的でなくても、会いたい人に会うっていう行為は、とても大事なことではないでしょうか。

 

 

社内ばかりを見ているリーダー、例えば売上目標ばかり見ていて、お客さんを見ていないリーダーにいいたいのは、成果は会社の外にある、ということです。社内を見ても意味はありません。

その観点からしても、僕はそんなリーダーは、いますぐリーダーをやめるべきだと思います。

 

 

===
飯髙悠太「Twitterアカウント」
飯髙悠太「Facebookアカウント」
Webマーケティングポータル「ferret」
===

 

 

(Photo:55Laney69