会社で真面目に働いていると、大体3年遅くても5年経つと後輩や部下を持ち、大なり小なりリーダーとしての振舞いが必要とされる場面が来る。それは仕事の実績のみならず、日頃の言動や行動が常に見られ、判断されていると思った方がいい。

出世したのだから、少しは背伸びしてでも「風格」を身につけたい、と思った時に読むべき7つのコラムをBooks&Appsよりご紹介します。

 

新米リーダーが必ずやらなければいけないこと。

働いてある程度経つと、リーダースキルを求められる。もちろんリーダーは天才でなくては務まらないものではなく、だれでもできる仕事です。(本文より一部抜粋)

トラブル続きのチームが、リーダーのある「性質」によってそんな状態であっても常にまとまりを保つことができた。その性質とは?あのローマ時代最高のリーダーと称されるユリウス・カエサルも同じ性質を持っていたらしい。 本文はこちら

 

有能なリーダーは、矛盾を統合する。

真に有能なリーダーは、矛盾を統合する存在だ。それは様々な経営者や管理職、組織の幹部などを見ていて強く感じる。実際「有能さ」と言うのは、矛盾を発見したときの態度に強く現れる。(本文より一部抜粋)

矛盾にぶつかった時、真のリーダーはどのように考えているのか。それは計らずも哲学者ヘーゲルの言葉に裏付けられていることでもあった。 本文はこちら

 

リーダーに必要なのは、強さではなく、やせ我慢である。

リーダーが公平で、毅然としており、厳しくあることで集団はまとまりを保つことができる。それは当たり前のことである、と言っても良いかもしれない。(本文より一部抜粋)

で、結局結論やせ我慢なのかよ?実は多くの管理職は「強い人」ではない。 本文はこちら

 

「頭の良いリーダー」と、「行動力のあるリーダー」どちらに人はついていくか。

往々にして「頭で考えるタイプ」と、「まずやってみるタイプ」は両立しない。果たして、どちらのリーダーに皆が、「自発的について行きたくなるか」という話だ。

結果は明白だった。成果が同じくらいなら、圧倒的多数が「行動力のあるリーダー」についていきたいと言ったのだ。逆に「頭の良いリーダー」は酷評された。(本文より一部抜粋)

これはおもしろい!多くの人が「行動力のあるリーダー」についていきたいと言ったその理由の分析がさらにおもしろい!どんな人間が、どんな理由で、人を惹きつけているのであろうか? 本文はこちら

 

暗黒面に堕ちた会社員たち

仕事をしていると、「あ、この人は……堕ちた人だ」と思う時がある。
力と引き換えに、色々なものを捨てた人たちだ。(本文より一部抜粋)

そんな暗黒面に堕ちてしまったと思われても仕方のない人たち10例。さて、この10例を見て「本当かな?」と思った人は現代の稀有な存在な幸せな社会人、「あるある」と思った人が実はフツーの社会人、「え、なんでこれが?」と思った人はおそらくあなた自身が… 本文はこちら

 

フリードリヒ・ハイエク 「頭のいいやつは群れたりしない」

カリスマ経営者は一つの原理、考え方に非常に固執する傾向にある。そして、徐々にそのまわりにはYESマンが集結し、ついにはその側近たちが他の社員たちに、カリスマに追従するように圧力をかけはじめる。原理は教義と化し、それについて異論を挟む人は放逐される。(本文より一部抜粋)

求心力の強い会社にいると、誰もが感じるあの違和感。でも、それに抗うことは現実的には難しい。心の奥底にその感覚をグっとしまって働くしかないのか?いいえハイエクは、その感覚は「間違ってない」と、あなたの背中を押してくれる。 本文はこちら

 

「知りながら害をなすな」

2兆円の賠償金を支払え――「キャメル」などの銘柄で知られるアメリカの大手タバコ会社「RJレイノルズ・タバコ」に対して、米フロリダ州の陪審団が、懲罰的賠償として約236億ドル(約2兆3900億円)の支払いを命じる評決を言い渡し、話題となっている。(本文より一部抜粋)

たかだかタバコの販売に対してなぜこのような巨額の賠償支払いになったのか?その背景には、ある重要な「倫理観」に関しての厳しい懲罰があった。ドラッカーの有名な一節を例に解説。本文はこちら

 

今までのまとめ記事

「あ、ヤバイ。入る会社間違えたかも」ってなった時に役立つかもしれない記事5選