「ファミ通」という雑誌を知っているでしょうか?

ファミコン世代、つまり今のオジサンたちがまだ10代だった頃は、「インターネット」なんて便利なものはなく、カジュアルな情報はコンビニで仕入れていました。

 

かつて私がコンビニで欠かさず読んだ雑誌と言えば

「ジャンプ」

「ホットドッグプレス」

そして「ファミ通」でした。(ちなみに「プレイボーイ」は友達が近くにいない時に読んだ)

 

ジャンプには「ドラゴンボール」や「スラムダンク」があり、

ホットドッグプレスには「ソープ行け!」で有名な若者の相談をぶった斬る北方謙三先生がいて、

そしてファミ通には「ファミ通クロスレビュー」という有名なゲームレビューコーナーがありました。

こんなやつです↓

54be0c9aa5cc4

(画像出典:http://www.famitsu.com/news/201501/20069826.html)

ファミ通クロスレビューは、有名なゲームの発売前には欠かさずチェックしてました。クソゲー摑まされたらたまったもんじゃないからです。

もちろんドラゴンボールとスラムダンクはとっくの昔に連載終わってるし、ソープ北方に関してはもうホットドッグプレスという雑誌すらこの世に存在しない。

しかし、ファミ通クロスレビューだけはまだ残っている、もう30年近く続いているんです。

 

なんでファミ通は残っているんでしょう?

勝手な推測ですが、多分、正直だからです。

ファミ通の面白さの本質は「マジで遠慮なく、人の作品にあれこれ言う勝手な編集者」にあると思うんです。

そんなファミ通に敬意を表し、我々は「ゲームの評価」も「スタートアップ・ベンチャーが作るサービスへの評価」も同じように正直に評価すべき、と考えました。

 

それが「ベンチャーファミ通」です。

 

本記事では、ファミ通方式をそのままパクリ →引き継ぎ、新進気鋭のベンチャー企業を複数のレビュアー(評価者)が採点と講評を行います。

それぞれ個人のレビューに客観性は一切ありません。編集者の好みと思ってご笑覧ください。

今回は、3つの勇気あるベンチャーに参加していただきました。

レビューのルールは以下のとおりです。

・4人のレビュアーがそれぞれ、各社の経営者/広報担当と30分の面談を実施

・面談情報+外部公開情報のみで各レビュアーが個別・独自に採点

・レビュアーの採点結果について、一切のその後の修正などは無し

それでは、どうぞ。

 

sakaseru_icon-db2607226aa170cc2dfdb66ab5d179e9 フラワーギフトの花通販Sakaseru(サカセル)。トップフラワーデザイナーに依頼できるのでどこよりもオシャレでセンスが良い花をお届けします。花束、アレンジメント、スタンド花、祝い花、観葉植物まで、日本全国宅配対応!
 
サービス名:Sakaseru
https://www.sakaseru.jp/

ジャスティン葛城
ちょっと前に自転車に乗りに行ったら、ひどい日焼け。もう二度と走るまい
6

経営者のナマの体験に基づいて、「フラワーギフトをもっと身近に」は応援したい。ただし、現在のところ日本には「花を贈る」という文化が根づいていないかも?でも、嫁には送ってみよう。喜んでもらえたら御の字。

エリー大使
経営のこととかはよくわかんないけど、暗部のある社長は大好き(^o^)
8

とりあえず社長の人間性がダントツで素晴らしい。5分というプレゼン時間を律儀に守り、資料も準備してくるあたりに人柄がよく表れていた。応援したい人が周りに集まる理由がよくわかる。この人なら抱かれてもいい。

ペルシア不死隊長
先週出た合コンではことごとく外しました。一緒にいた方、申し訳ございません。
8

偏差値38で勉強ができない、スポーツもできない、でもプログラミングならできるのではないかと思いついた高校時代、そこからエンジニアとして始まったオビさんの起業に至るまでのプロセスは今後を追いかけたいと思いました。大好きです。

ホットドッグ★ナーラー
最近は自炊にハマってます。でもベンチャーのことはよく知らない。だから言いたい放題いいます。
8

なぜ花屋が当日配送を行わないのか?→「面倒くさいから」ということを見抜いていたり、もともとは個人向け想定していたけれど需要に合わせて法人向け商品を開発していたり、柔軟なのでさしたるライバルも出ない間にいいところまでいけるのではないかと思った。

合計30

 

pecotter_icon-db2607226aa170cc2dfdb66ab5d179e9 ペコッターは、あなたの近くに住んでる人とチャットしながら、 ご飯のお店を教えてもらえる、無料グルメチャットアプリです!
 
サービス名:ペコッター
http://pecotter.jp

ジャスティン葛城
ちょっと前に自転車に乗りに行ったら、ひどい日焼け。もう二度と走るまい
7

グルメアプリは数あれど、人力とAIの両者で「自分で検索しなくて良い」サービスに仕上がっている点に脱帽。早速使いたくなったが、今後はお店で実際に飲み食いした人のフィードバックをどれほど反映できるかが勝負。

エリー大使
経営のこととかはよくわかんないけど、暗部のある社長は大好き(^o^)
7

社長のキャラが強すぎてサービスがあんまり入ってこなかったのは置いておいて。ペコッターというネーミングは女子的にはヒット。けど、見ず知らずのおっさんがこれ見よがしに高いお店とか提案してきたらちょっとウザいかも。

ペルシア不死隊長
先週出た合コンではことごとく外しました。一緒にいた方、申し訳ございません。
7

東京大学大学院を途中でやめて、我が道を突き進み、全く違う分野へ就職。エリートな学業を卒業しても、劣等感を感じず前に進む姿に共感を得ました。もう少しスケールした際に、取材をしてみたいと思いました。

ホットドッグ★ナーラー
最近は自炊にハマってます。でもベンチャーのことはよく知らない。だから言いたい放題いいます。
4

正直、なぜ美味しい店をペコッターで聞かなければいけないのかわからなかった。自分で検索すればすぐに出てくる情報なんじゃないかと。そうなると食べログと同じ道を辿るのではという懸念が。

合計25

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-10-39-33 みつけたその場でワンクリック読書。YONDEMILL(ヨンデミル)は手軽に読める、買える、新しい形のデジタル本です。
 
サービス名:YONDEMILL
https://yondemill.jp/
ジャスティン葛城
ちょっと前に自転車に乗りに行ったら、ひどい日焼け。もう二度と走るまい
5

Amazon一人勝ちの電子書籍市場に単身乗り込んでいる経営者の決意には涙。が、現時点で私が読みたいと思えるタイトルがほぼ皆無なので、厳しめの評価とした。すまぬ。

エリー大使
経営のこととかはよくわかんないけど、暗部のある社長は大好き(^o^)
6

電子書籍業界の構造自体が不条理だ、という社長の課題意識が素敵。ただ、ビジネス的に成り立つのか?ターゲットが電子書籍化に乗り遅れている中小の出版会社、学会とかなので、そこらへん相手は儲からないのではないかと。

ペルシア不死隊長
先週出た合コンではことごとく外しました。一緒にいた方、申し訳ございません。
8

10年の起業生活のうち、リストラを経験し、その他失敗が続いて鬱にまでなってでも、前向きに進み続けたその姿勢に強く共感を得ました。今後見続けたい文脈だと思いました。

ホットドッグ★ナーラー
最近は自炊にハマってます。でもベンチャーのことはよく知らない。だから言いたい放題いいます。
5

農業経済の中身がグーグル検索でヒットするのは凄いと思った。今時、PV主義のメディア運営者から依頼されたライターが、キーワードのためだけのゴミ記事を量産していることを考えると、はるかに意味のあることだと思えた。

合計24

 

今回ご紹介したスタートアップ、ベンチャーにご興味のある方は、お問い合わせフォームからお願い致します。

なお、上レビューは2016年10月現在の編集部の独断と偏見に基づくものであり、サービスの詳細について保証するものではございません。

 

(Dennis Skley)