もし今、自分が「人生がそれほどうまく行っていない」と思うなら、人の話をよく聞くだけで、人生は好転するよ。

そのように、ある先生に教わった。

 

——————-

 

先日、昔の仲間と共に、件の先生に会う機会があった。

久しぶりの再会であったので、積もる話に花が咲いた。

 

しかし、前に会ったときから10年以上が経っていると、人生は悲喜こもごもである。

金持ちになった人間、

子供が非行に走った人間、

離婚した人間

起業した人間

会社を潰してサラリーマンに戻った人間

裁判で係争中の人間

また、前回あったときには出世コースに乗ったと意気揚々としていたが、今は役職を追われ、落ちぶれてしまった者

離婚の調停のさなかで落ち込んでいたが、今は再婚して子供もでき、楽しそうに家族の話をしている者、

大切な人を亡くした者

……

 

うまくいっていると自認している人間は、自信満々で話す一方で、本当にうまく行っていない者は、顔を出す気にもなれないのかもしれない。

人生の残酷さ、不思議さを感じずにはいられない。

 

しかし一方で、先生は昔から一貫している。何があっても「人との関わり方」が真剣であれば、人生はうまくいくと、彼はいう。

 

 

心理学者のアルフレッド・アドラーは、

「仕事も、家族も、友人関係も、悩みは全て人間関係から出ずる」*1

と述べたが、先生もそれに近いことを考えていたのかもしれない。

 

もちろんそれを聞けば、

「それでは、人間関係を良好に保ち、よい友人を得るにはどうしたら良いのでしょう」

と聞きたくなるだろう。

 

そして、いつも

 

「もちろん、人の話をよく聞くことによって。」

と、先生はいう。

 

ところが先日は

「先生はいつも話を聞け、といいますけど、ちゃんと聞いてますよ。」

と友人の一人がいい返した。

 

すると先生は彼の方を見ていった。

「君は、人の話を「よく」聴くということがどういうことなのか、きちんと理解しているかね。「よく聞く」と「聞く」は、違う。」

皆の顔に?のマークが現れる。

 

誰かが言った。

「傾聴しろということですか?」

「傾聴ではない。傾聴は「聴いているだけ」だ。「よく聞く」とは異なる。」

「……」

「よく聞く、とは2つのことを含んでいる。一つ、相手の尊敬できるところを見つけること。相手の良いところは本当に一生懸命探さなければ、決して見つからない。見つかるまで相手の話を聞いているかね?」

先生は続ける。

「二つ目は、相手の気持ちに「なる」ことだ。相手の話を理解するのではない。話を聞いて、わかったと思うだけでは「よく聞いた」ことにはならない。相手と同じ気持ちに「なる」事ができるまで聞くのが、「よく聞く」だ。」

 

一人が言った。

「先生、人の話を聞いて、「相手の良いところを見つけましょう」「相手の気持になりましょう」という話だけで人生がうまくいくってのはちょっとオーバーじゃないですかね」

「なぜそう思うのかね」

「現実的な話をすれば、人生を好転させたい人は、お金とか、仕事とか、チャンスなどを求めているのではないかと………」

 

先生は言った。

「私が言っているのは、金持ちになる方法ではない。お金では人生は好転しない。」

「では、何ですか?」

「人生が好転する、というのは「良い人と関わることができるようになる」ことだ。これは普遍の真理だ。つまり、私が言っているのは、よき人を得るための方法だ。」

「それが先程の話?」

「そうだ。君が目の前の人の「良い所」を知っている人は、尊敬できるだろう。」

「まあ、そうです。」

「目の前の相手の気持になることができれば、共感し合えるだろう。」

「ええ。」

「では、話をよく聞くのは重要ではないだろうか。」

そして、先生は笑っていった。

「人と話をし、そこから友人を得るか、敵をつくるか、それとも赤の他人として無視するかは、君の選択次第だ。」

 

先生、と一人が手を挙げた。

「人生に絶望しかけたときに、本当に「人の話を聞く」だけで人生が好転するのでしょうか?」

 

先生は即答しなかったが、やがて言った。

「世の中には解決できないこともある。しかし、真の意味での充足感は、人との関わりの中にしか存在しないということは言えるだろう。だから、人の話をよく聞けない人物は、一生満たされることはない。」

 

—————–

 

知人がこんなことを言っていた。

「本当に良いものは、マーケットの中に存在しない。本当に価値あるものは、自分を高めることでしか手に入らない。」

その一つの現われが、「人の話をよく聞けるか」なのだろう。

 

 

【お知らせ】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

・「「仕事ができるやつ」になる最短の道」のオーディオブックもできました

 

(Photo:Alessandro Valli