いつも私語がうるさく、教師としては注意したくなるストレスをずっと感じていたある女子学生が、講義終了後のドロのような疲労感にまみれた教壇の私のところまで駆け寄って嬉しそうに語った。 「先生、今日わたし最後まで私語しないで授業聞けましたw」。 「おお、そうだった、めずらしいなww」。 「今日のも難しかったけど、今日のは最後までがんばれたwww」。 私はこの日、学んだ。私語する学生のなかに、私語してしまう自分を嫌悪している学生がいるんだな、ということ、そういう自分を克服したいと思っている学生もいるんだな、ということ、そういうことを学んだ。そして、私語してる学生のうちどの学生がそう思っているかは、外から見てもわからない、少なくとも私には絶対に見分けがつかない、ということも学んだ。教師としてのささやかな進歩。
価格に対するスタンスという意味において「プレミアム(=貧乏くさい)」の反対語が「ラグジュアリー(=贅沢)」になる。
いつも私語がうるさく、教師としては注意したくなるストレスをずっと感じていたある女子学生が、講義終了後のドロのような疲労感にまみれた教壇の私のところまで駆け寄って嬉しそうに語った。 「先生、今日わたし最後まで私語しないで授業聞けましたw」。 「おお、そうだった、めずらしいなww」。 「今日のも難しかったけど、今日のは最後までがんばれたwww」。 私はこの日、学んだ。私語する学生のなかに、私語してしまう自分を嫌悪している学生がいるんだな、ということ、そういう自分を克服したいと思っている学生もいるんだな、ということ、そういうことを学んだ。そして、私語してる学生のうちどの学生がそう思っているかは、外から見てもわからない、少なくとも私には絶対に見分けがつかない、ということも学んだ。教師としてのささやかな進歩。
「クオリティの高い情報の発信者」や「情報価値を適切に判定できる人」のところに良質な情報が排他的に集積する傾向がある。 ということは、「自分が持っている情報の質」を判断できる能力が重要だということだ。
統計のお話。ものすごーーーーーーーーく勉強になります。
「どういうタイプの共同体が歴史の風雪に耐えて生き延びることができるか。」について、これほど説得力のあるロジックを見たことがあるだろうか。いや、ない。
受験がソーシャルゲームだからですwww
マジか。30年前に知りたかった
"「俺さ、絶対にディープキスしてやるんだ」 松本君は少し強く拳を握りながらそう言った。暑い夏の日、溶けたアイスの水滴が手の上に落ち、その冷たい感覚でハッとなった。 「言うまでもなくディープキスってのはキス界の大勲位なわけじゃん」"
ラピュタのAPIw