先日、希望退職に応じなかった東芝の社員が「単純作業」を割り当てられ、それに対して「追い出し部屋である」との反発があるとの報道があった。

東芝系社員、退職拒み単純作業 「追い出し部屋」と反発

東芝が100%出資する主要子会社にこの春、新しい部署ができた。

そこには希望退職に応じなかった社員らが集められ、社内外の多忙な工場や物流倉庫で単純作業を命じられている。

東芝は「適切な再配置先が決まるまでの一時的措置」だと説明するが、社員からは「退職を促す追い出し部屋だ」との反発が出ている。

(朝日新聞)

もちろん、嫌がらせの可能性もある。

 

だが実際に、彼らができる「事務仕事」は、もはや社内にはないのかもしれない。

多くの事務などの定形業務は、機械化されるか、アウトソースされるかのどちらかだからだ。

結果的に、企業内で残る業務は「肉体労働」しかない。

 

だが、ホワイトカラーとして何十年も仕事をしてきた人からすれば、

「クリエイティブな仕事ができない人は、肉体労働をやってください」

と言われるのは、残酷なメッセージだ。

 

 

クリエイティブな仕事は、「非定型業務」と呼ばれる。

「経営戦略の構築や事業計画の策定、新製品の企画・開発、対外的な交渉など個人の思考力、判断力、経験が要求される仕事」

(大前研一 https://www.news-postseven.com/archives/20170321_501519.html

 

この種類の仕事は「依頼」はできるが、「作業指示」を出すことができない。

「こうやればできますよ」という、明確な正解もない。(こうすればできますよ、という仕事は定型業務だ)

望ましい結果を示して、その実現のためにやってもらうだけである。

 

したがって、成果は純粋に「問題を解決できたかどうか」という、「質」で判断される。

「◯◯時間仕事しました」

「とても努力しました」

と言った言葉に意味はなく、「結果が得られたかどうか」だけが、報酬が支払われる条件となる。

 

一方、定型業務は「作業手順にパターンが有り、マニュアル化・外注化が可能な仕事」である。

成果は「量」や「時間」で測定が可能だ。したがって、残業や定時という概念がある。

 

 

現在、企業の中ではクリエイティブな仕事(=「非定型業務」)の価値が圧倒的に高まっており、「非定型業務」をこなせる人と、こなせない人では待遇にかなりの差が出てきている。

定型業務だけやれても、もはや普通の給与すら望めない状態だ。

 

「そんなの、一部の特殊な才能に恵まれた人にしかできない仕事では?」という方もいる。

だが、実際の現場をつぶさに見ると、殆どの仕事が「定型業務」と「非定型業務」のハイブリッドとなりつつある。

 

例えば、肉体労働が存在する職種、「看護師」「ホテルのサービス員」「調理師」……。これらの仕事は「定型業務」も多いが、実際には、ある程度高度な判断が求められる「非定型業務」も求められるようになってきている。

むしろ現在では一介の土木作業員、工場労働者ですら、完全に「定型業務」だけではない。

 

もちろん、ホワイトカラーも同様だ。

「営業」「マーケティング」「経理」「品質管理」「フルフィルメント」などもすべて、「定型業務」と「非定型業務」の混合である。

完全な「定型業務」に従事している人など、ほとんどいない。

 

「クリエイティブであること」は、実はあらゆる職業に求められる、基礎能力となりつつある。

 

だが、「全員がクリエイティブな仕事をする」なんてことが可能なのだろうか?

 

 

かなり前のことだ。

私は十数名の営業に、同じ指示を与えたことがある。

 

「1ヶ月後までに、新しく割り当てられたすべての顧客企業の、意思決定者と、起案者を突き止めること。」

これは、今後の売上数値を予測する上で非常に重要なことなので、「重要な仕事である」と何度も念押しをして、依頼した。

 

1ヶ月後。

成果は、3つのグループに大きく別れた。

「すべて突き止めた」というグループ

「約半数を突き止めた」というグループ

「ほとんど突き止められなかった」というグループ

 

なぜこのように差が出たのだろう。

 

「ほとんど突き止められなかった」というグループは、ほとんどの人間がこのように言った。

「やり方が分からなかった」と。

「時間は1ヶ月もあったのに、やりかたを人に聞くなどしなかったのですか」と聞くと、多くの人が「聞いてみたけど、よくわからなかった」という。

 

「約半数を突き止めた」というグループは、ほとんどの人間が、このように言った。

「一通りまわってみて、半分くらいは突き止めることができた。けど、どうしても聞けないところがあった。」と。

「なぜ聞けないところがあったのですか。」と聞くと、殆どが「断られた」「聞いても教えてくれなかった」という。

 

そして「すべてを突き止めた」というグループ

彼らの言うことは、「とりあえず回ってみて」という最初の一言以外は、ほとんどバラバラだった。

「一通り回ってみて、簡単に突き止められるところは半分くらいだった。あとの半分は、個別にやり方を考える必要があった。たとえば役員を通じてアプローチした。」

「購買のツテをたどった。」

「これまでの問い合わせ履歴を確認したりした。」

「古い記録を見て、異動した人につないでもらった」

など。

 

「ほとんど突き止められなかったグループ」の特徴

さて、「ほとんど突き止められなかったグループ」は、何が問題なのか。

 

彼らは「動かない」グループだ。

やり方が分かるまでは動けず、何もしない人たちで、詳細な「マニュアル」を提示したとしても、なかなか仕事をしない。

 

「人に聞け」と言っても、聞くためには「自分が動いてみた」という経験が必要なので、聞くことすらできない。

 

「約半数を突き止めたグループ」の特徴

「約半数を突き止めたグループ」は、まずは一通り行動してみることができるグループだ。

 

まず言われたら試し、その中で失敗したら、経験者にある程度やり方を聞き、そのやり方に従って、仕事を遂行できる。

だが、そのやり方では通用しない状況が出てきたとき、彼らは止まってしまう。

 

「成果を出すまで、手を変え品を変え、試し続ける」という考え方が、彼らにはない。

このやり方で駄目だったら、まあ、仕方ない。

というように考える人達だ。

 

「すべてを突き止めたグループ」の特徴

彼らこそ、「非定型業務」をこなせるグループだ。

彼らは「クリエイティブな仕事」をしている。

 

従来のやり方を試し、それが通用しない状況においても、「別のやり方」を模索し、試し、検証を繰り返す中で新しいやり方を作り上げていく。

「仕事をやること」が重要なのではなく、「結果を出すこと」が重要だと理解しており、トライ&エラーの世界を実践している人たちである。

 

だが、実はこれらの仕事は「高いIQ」とか「希少なスキル」、あるいは「特殊な才能」を必要とするようなものではない。

そうではなく

「試す力」

「結果にこだわる力」

「改善する力」

といった、非常に抽象的な、ある意味では愚直な、習慣に関わる能力である。

 

今は「全員が」クリエイティブであることを求められる時代だ。

だが、それは全員が才能あふれる企画屋やアーティストとなれ、という世界ではない。

全員がトライ&エラーの素養を身に着けなさい、という世界だ。

 

全員がクリエイティブな仕事をすることが可能か。

時間はかかるかもしれないが、私の予測は「おそらく可能」である。

 

 

 

◯Twitterアカウント▶安達裕哉人の能力について興味があります。企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差について発信。

Eightアカウント(本記事の読者の方であれば、どなたでも、名刺交換リクエストを受け入れます。)

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

【7月更新記事】

[1]インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

[2]Books&Appsが実践している、記事タイトルのつけかた。

[3]「ゼロ」→「100万PV」に成長する過程で、webメディアがクリアしなければならない、3つの関門。(前編)

[4]「ゼロ」→「100万PV」に成長する過程で、webメディアがクリアしなければならない、3つの関門。(後編)


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

 

【著者プロフィール】

◯Twitterアカウント▶安達裕哉

◯安達裕哉Facebookアカウント (安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をフォローしたい方に)

◯ブログが本になりました。

(Photo:astrid westvang