a0002_011526やめたくてもやめられない習慣がある。逆に、やりたくても実行できない習慣がある。

 

 

例えばAさんにとって、前者は、喫煙、浪費、暴飲暴食などであり、後者は運動、勉強、早寝早起きなどだ。

Aさんは、3年前から喫煙をやめ、毎朝走るようにすれば、今頃どんな健康な体を手に入れていたかを想像する度に、「ああ、なんでオレは意志が弱いんだろう」と暗くなってしまう。

このままではおそらく5年たっても、10年たっても、この習慣を手に入れることはできない、そう思って一念発起してみても、1周間も経たないうちにまた元の生活に戻ってしまう。

Aさんはこの前あるwebサイトで、「物事を習慣化する10の法則」という記事を見た。

宣言をして目標を立てろ、ご褒美を用意しろ、スケジュールを作れ、仲間をつくろうなど、どこかで見たようなライフハックの記事だ。でも結局ダメだった。目標も立てず、ご褒美なんて思いつかない。仲間もいないし、スケジュールに至っては想像だにしない。

ああ、また今回もダメだった、とAさんはため息をついた。

 

 

果たして、この人はダメな人なのだろうか。何事も始められない、実行しない、口だけの人なのだろうか。

 

私はそうは思わない。「習慣化」は実際にはだれでもできることだ。

しかし、適切に行われなければ、習慣化はつらく、苦しいだけで全く成果をあげることが出来ない。

 

例えば喫煙をやめたい、ということに対して100%効果のある策はあるだろうか。

100%は残念ながら無い。しかし、私の知る限り、最も多くの人が禁煙に成功している事例がある。

それは、「子供が喘息になったので、禁煙した」であったり、「ダンナさんのタバコのせいで奥さんの肺に汚れが見つかり、禁煙した」という事例だ。

 

運動はどうだろうか。単に「痩せたい」で運動の習慣化に成功した人は少ない。

しかし、「お父さんがカッコ悪いと、娘が皆に冷やかされる」であったり、医者から「このままだと糖尿病になります。家族に負担がかかります」と言われて、運動の習慣化ができない人はあまりいない。

 

 

結論を言おう。8割9割の人が習慣化に成功する共通の要因は、「その習慣が、自分のためではなく、大切な人のためにやっている」ということだ。

本質的に人は「自分のため」には怠けてしまう。「大事な人のため」には、怠けることができない。

 

「あの人のために頑張ろう」

「あの人が喜んでくれるから一生懸命やろう」

 

そういった事が見つかれば、ほとんどの習慣化は成功する。

「大切な誰か」のためにやろう。自分のためでなく。

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。