誰かにプレゼントを贈る際、どんなことを重視するだろうか。

「相手が喜ぶものを選ぶ!」

当然、この考えが真っ先に浮かぶはず。

 

とは言え、欲しいものを直接聞いたらサプライズ感に欠けるし、たとえ聞き出せたとしても、それでは単に「お金を出しただけ」である。

 

ここはやはり、贈る側の気持ちを込めた最高の逸品を選びたい――。

様々な想いと葛藤の末に、友人が選んだプレゼントと、その結末を覗いてみよう。

 

プレゼントの第一候補

「後輩が独立することになったんだ。何か贈りたいんだけど、花とかありふれたものは避けたい」

 

ある日突然、友人である田子ノ浦から、このようなメッセージが届いた。

彼の後輩が、晴れて弁護士として独立するのだそう。

 

花はたくさん届くだろうし、掛け時計や置き物は事務所の雰囲気がわからないため難しい。

かといってケーキやフルーツでは物足りないし、酒を送ろうにも後輩は下戸ときた。

 

さらに、変わり者の田子ノ浦は、

「一生の思い出となる物を贈りたい」

などと息巻く。であれば、確実に本人が喜ぶであろう「好みのリサーチ」が必要となる。

 

そういえば、プロポーズの際にフラッシュモブを敢行し、それが原因で破局したカップルの顔が脳裏をよぎる。あの時、

「彼女のために、一生モノの思い出を作るんだ!」

と張り切った男の思惑は、見事に外れたのだ。

 

つまり、誰かの一生に爪痕を残したいのならば、事前調査は必須である。

それが叶わぬ場合は、そもそも気合を入れてサプライズなどするべきではない。

 

それでも私は田子ノ浦のために、色々と候補を挙げてみた。

スポーツや音楽といった趣味もなく、嗜好品などのこだわりもない。ただひたすら仕事に没頭する真面目な後輩――。

 

ならば、実用的なものはどうだろうか?

ルンバ、ダイソンの掃除機、アレクサ、事務所名入りの玄関マット・・・。

 

私なりに、使い勝手や処分方法まで考えての提案をしたが、ことごとく却下された。

田子ノ浦自身は何も思いつかないくせに、私ばかりが真剣に悩むのもバカバカしくなってきた頃、ふと一つのアイディアが浮かんだ。

 

「ケトルベルなんか、どう?」

 

ケトルベルとは、鉄球の上部にハンドルが付いているトレーニング器具の一種。見た目がやかんに似ていることから、ケトルベルと呼ばれているのだ。

日本では、比較的最近になってからこの名前を耳にするようになったが、ケトルベルの歴史は古く、18世紀にはロシア語の辞書で、「Girya(ギリャ=ロシア語でケトルベル)」の文字が確認されている。

 

なぜ突然、私がケトルベルを提案したのかというと、田子ノ浦の後輩は運動嫌いのもやしっ子と聞く。さらにデスクワーク中心で、外出もほとんどしない様子。

そこへきて田子ノ浦は、「印象に残り、かつ、価値のある物を贈りたい」という。にもかかわらず、プレゼントに関するリサーチはしたくない。

 

(・・・無謀というか、とんでもない無茶ぶりだ)

であれば、新たな世界への第一歩となる物(きっかけ)を選ぶしかないだろう。

 

「運動嫌いのもやしっ子が、この期に及んで筋トレなどするものか!」

田子ノ浦は半笑いで一蹴した。

 

そこで私は、なぜケトルベルなのかを説明した。

「ケトルベルを使ったトレーニングは、インナーマッスルを鍛えることができる。決して筋肥大が目的ではないところが重要。さらに場所を取らないし、室内でもできることから、とっかかりやすいという利点がある」

 

すると田子ノ浦が、「そもそもトレーニングをしなければ、ただの重たいゴミになる」と反論してきたので、待ってましたとばかりに私は、

「重めのケトルベルならば、ドアストッパーになる。軽めのケトルベルは、書類を抑えるペーパーウエイトとして代用できる。このように、トレーニング以外でも十分役に立つんだよ」

と、誇らしげに教えてやった。

 

――その後、田子ノ浦からの返信はなかった。

 

プレゼントのトラウマ

「ケトルベルっていうのは、何キロくらいを振ればいいんだ?」

あれから数か月が経った頃、いきなり田子ノ浦から連絡がきた。どうやら未だに、後輩へのプレゼントを考えあぐねているらしい。

 

そこで私は、なぜ自分のアイデアでプレゼントを選ばないのか尋ねてみた。

すると、過去に犯した「プレゼントの失敗談」について、田子ノ浦がぼそぼそと話し始めたのだ。

 

「ミリタリーオタクの先輩がいて、日頃から良くしてもらっているお礼に、何かプレゼントを贈ろうと思ったんだ」

ほう、いい話じゃないか。

 

「仕事が忙しいと漏らしていた先輩は、とくに趣味もない様子だった。そこで気分転換になればと思って、サプライズでプレゼントをしたんだ」

ここまでは殊勝な考えである。だが重要なのはこの先だ。田子ノ浦は先輩に、何をあげたのだろうか。

 

「完成したら全長1メートルを超える、立派な空母のプラモデルを贈ったんだよ」

 

……これは酷い。私が知るプレゼントの中でも、歴代トップに入るくらい酷い。

いくらミリタリーオタクとはいえ、プラモデルが趣味でもない限り、特大空母をもらったところで作るわけがない!

 

しかも先輩は「忙しい」といっているにもかかわらず、なぜ、あえて時間を食うようなものを選んだのか。

おまけに、完成品は1メートルを超える巨大な模型。そんなものを飾れるスペースが、先輩の自宅にあるのかどうかも確認せずに送りつけるとは。

 

しかし優しい先輩は、田子ノ浦からの粗大ご……いや、風変わりなプレゼントにキレることはなかった。そして一言、

「届いたよ」

というメッセージを送ってきたそうだ。

 

ところが、その先にはまさかのドラマが待っていた。

「じつは俺、先輩のツイッターの裏垢知っててさ。めっちゃディスられてたんだよね…」

 

これには先輩も「まさか!」の驚きである。

後輩からの贈り物に対して、さすがに「迷惑だ」と突っ返すことはできない。だがどうしても、どこかでこのモヤモヤを吐き出したかったのだろう。

 

自身の裏アカウントで、

「こんなものもらっても作る暇などない。しかもこんなデカい箱、どこに置けばいいんだ」

と、本音を吐露していたのだ。

 

このオチを聞いて、私は「ほらね!当たり前だよ」と、田子ノ浦を責めた。そしてこう諭した。

「相手の身になって考えてあげなよ。いくらミリオタとはいえ、プラモデルやパズルみたいに、完成させるのに時間がかかるものを贈られたら、さすがに迷惑だよ。しかも忙しいって言ってるのに」

 

すると田子ノ浦はこう答えたのである。

「いやだからさぁ、忙しいからこそ気分転換をかねて、ゆっくりじっくり空母を完成させてもらおうと思ったんだよ。しかも超特大の空母だから、完成したときの感動はひとしおだろ?」

 

・・・あぁ、なるほど。彼なりに先輩を気遣ってのチョイスだったのか。

嬉々として話す田子ノ浦を見て、これは何を言っても無駄だと確信した。

 

となると、心配なのは社内における田子ノ浦の評判だ。

この手のタイプは、無理矢理後輩を飲みに連れて行くはず。

 

終業と同時に帰ろうとする後輩たちを捕まえて、

「よし、今から飲みに行こう。俺がおごるから気にするな!」

などと、半強制的に居酒屋へ拉致しているに違いない。

 

もはや死語となりつつある「飲みニケーション」を、未だに信じて疑わない田子ノ浦の、社内でのニックネームが気になるところだ。

 

ちなみに昨年、日本生命が行ったアンケート調査*1によると、「職場の方との”飲みニケーション”は必要だと思いますか?」との問いに対して、「不要」「どちらかといえば不要」と答えた比率は61.9%だった。

女性だけに絞ると、およそ7割が飲みニケーション否定派という結果が突きつけられた。

 

昭和の王道を行くオールドタイプ上司と、平成以降のイマドキ部下。

彼らのコミュニケーションが難しいのと同様に、田子ノ浦の熱い想いが先輩に届くこともないのだろう。

 

 

この話を別の友人にしたところ、なかなか賢い助言があった。

「その先輩もさ、裏垢で文句なんか言わずに、黙ってメルカリでいいのにな」

 

なるほど。送料はかかるにせよ、そのままメルカリに出品すればよかったのか。

そうすれば誰にもバレずに、空母をキャッシュに替えることができたのだ。(了)

 

<参考>

*1 ニッセイ インターネットアンケート~「勤労感謝の日」について~

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業内でプロモーションもしくはPR・広告代理店等でプロモーション企画を提案する立場の方向けに弊社サービスBooks&AppsのPR記事の詳しい説明会実施のお知らせです。
<2022年12月6日実施セミナー>

プロモーション施策がマンネリ化していませんか?プレスリリースと同時に発信できるPR記事を制作します


<内容>
・なぜコンテンツが必要か?
・web上で読まれるコンテンツとは?
・宣伝ではないコンテンツの重要性
・Books&AppsPR記事成功事例
・Q&A(30分)


日時:2022年12月06日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/11/25更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

URABE(ウラベ)

早稲田卒。学生時代は雀荘のアルバイトに精を出しすぎて留年。現在はライターと社労士を生業とする。ブラジリアン柔術紫帯。クレー射撃元日本代表。

URABEを覗く時、URABEもまた、こちらを覗いている。

■Twitter https://twitter.com/uraberica

Photo by :Content Pixie