人気だった芸能人がテレビ番組から姿を消すと、「干された」「消えた」なんて言われる。

でもその数年後、『あの人はいま』的な番組で追跡してみると、結構みんな幸せそうに、新たな人生を歩んでいることもある。

夢を叶えようが叶えまいが、他人から笑われようが、その人の人生は続いていくのだ。

 

夢を叶えた人びと

わたしが大学生のときに参加したバンドサークルには、「将来バンドでデビューしたい」「スタジオミュージシャンとして生計を立てたい」という、いわゆるプロ志望の人が結構いた。

カッコイイけど、正直むずかしいだろうなぁ。それがわたしの印象だった。

だって、ミュージシャンだぞ。一体どれだけ多くの人がそれを夢見て、諦めているのか。

それで生きていける人は一握りだし、自分のとなりに座っているごくごく普通の大学生のこの人たちが、そんな特別な人間になれるとは思えなかった。

 

その数年後。

結果として、そのなかの数人は、本当にプロになった。事務所に所属してCDを出した人もいるし、歌手のバックミュージシャンとして楽器を弾いている人もいるし、作曲家としてドラマ主題歌を作った人もいる。

その人たちのサイトを見れば、いまもなお更なる成功を夢見て、キラキラと、それでいて地道に努力していることがわかる。

ああ、すごいな。素直にそう思う。

 

夢を諦めた先輩

でもその一方で、音楽の道を断念して就職した人もいる。たとえば、わたしが慕っていた先輩だ。

先輩はバンドを組んでいて、精力的にライブに出演し、自主制作CDも作っていた。

わたしは何度かライブに足を運んだのだが、それぞれの演奏レベルはすごく高いし、事務所からのオファーもきていたそうだから、「この人はホンモノなんだ」と憧れていた。

 

でも結局、その先輩は就職を選んだ。

それを聞いたのは立教大学の近くにある、オシャレでもなければおいしくもないのに、なぜか立教生御用達の居酒屋だった。

先輩はタバコを吸いながら、こう話してくれた。

 

「バンドメンバーのひとりが抜けるって言っててさ。で、なんとなくみんなのモチベーションが下がって。これから10年、20年、これを続けていきたいのかなって考えたんだ。

俺は音楽がやりたかっただけで、別に武道館に立ちたいわけじゃなかったんだよな。だったら趣味でいいんじゃないのって思ってさ」

 

バンドが解散してもソロでやる人や新たにバンドを組む人もいる。そういったことをすべてわかったうえで、先輩は「もういいかな」と言って、夢を追うことを諦めた。

その少し後、事務所も決まりかけ、ライブでも黒字収入を出しはじめていた先輩のバンドは、あっけなく解散した。

 

自由な海で溺れ、夢を諦める

わたしも一度、いや二度、いや三度? ドイツで夢を諦めている。

サービス残業がイヤで仕事をすぐに辞めたり、就職活動がうまくいかなかったり、大学を中退したり。

それなりの希望をもってドイツに移住したのに、うまくいかないことばかりで、「なんでドイツに来たんだろう」「もうやだ消えてなくなりたい」とふさぎこんでいた時期もあった。

 

「どこに行ってもいい」という真っ白の地図を、ドイツに来てまでわざわざ手に入れたのに、道が書いていないからどこに向かって歩けばいいのかがわからなくなってしまったのだ。

そして長い間、迷子の時期が続いた(だからこそ、ブログを『雨宮の迷走ニュース』というタイトルにしたのだ)。

 

表に出ないけど、同じように海外迷子になって帰国した人は、まわりに結構いる。

学位取得のために来たけど、単位取得がむずかしすぎて大学に行かなくなり帰国。

ワーホリ後その土地に残るために日本食レストランで働き始めるも、ブラックすぎて帰国。

憧れの国際結婚をしたけど、現地でできることがなにもなく、ウツになって帰国。

 

望んで自由な海に飛び込んだはずなのに、溺れてしまう人。そうなる前に、先輩は自ら陸に上がったのだ。

わたしはブログを通じて浮き輪を投げてくれる人がいたからどうにか溺れずに済んだのだが、まぁただ運が良かっただけである。

 

でも、人生は続いていく

実はこの前、夢を諦めて就職した先輩が、いまは結婚して子どももいることを知った。働いている企業も、だれもが知る大手だ。

この知らせを受けるまで、わたしは先輩のことを思い出すと、ちょっとさみしい気持ちになっていた。

ハチャメチャで力強く夢を追いかけていた先輩が、平凡な人生を選んだということが、どこか受け入れがたかったのかもしれない。

 

でも先輩は、夢破れた負け組ではない。ちがう人生を選び、幸せになった人なのだ。

夢を諦めるのは、悔しいし、さみしいし、それなりの屈辱感もあるだろう。挫折経験が人を強くすることもあるが、単に黒歴史になること、時間の浪費だと感じることもある。

でも、夢で諦めた人だって、その後の人生をしっかりと生きている。

 

一時人気だったお笑い芸人が深夜のネット番組に出演すれば、「落ちぶれた」と言われるかもしれない。

ミュージシャンを目指していた人が就職すれば、「結局口だけだったのか」と言われるかもしれない。

海外にうまく馴染めず帰国すれば、「逃げて来た」と言われるかもしれない。

 

でも、それがなんだというのだろう。

ほかの人が納得しなくても、その人の人生は続いていく。新しいステージで、新しい幸せをさがせばいい。

 

最近「成功」「自分らしく」「自由に」という言葉が溢れていて、生き急がされるようなプレッシャーを感じたりもするけど、成功しようが失敗しようが人生は続いていくのだ。

それなら、多少失敗しようが、諦めようが、カッコ悪かろうが、他人に笑われようが、別にいいじゃないか。自分の人生は、これからも続いていくのだから。そのとき、その場所で、最善だと思うことを一生懸命やればいいじゃないか。

 

先輩の自費制作CDアルバムを久しぶりに聞きながら、わたしは今日もドイツで、地味に文章を書いていこう。

 

【プロフィール】

名前:雨宮紫苑

91年生まれ、ドイツ在住のフリーライター。小説執筆&写真撮影もやってます。

ハロプロとアニメが好きだけど、オタクっぽい呟きをするとフォロワーが減るのが最近の悩みです。

ブログ:『雨宮の迷走ニュース』

Twitter:amamiya9901

(Photo:Clare Black)