「こちら広報部」編集部では、「Books&Appsの記事はなぜ拡散され読まれるのか?」と言う視点で、隔週で「こちら広報部メルマガ」を発行しています。

ご希望の方は、こちらへご登録ください。→ こちら広報部メルマガ登録

 

*************

「広報」と「広告」のちがいは何にあるのか。

配信日:2017/6/21

 

さて、今回は「ニイナナ株式会社」の企業広報、

“「出張靴磨き」で千葉テレビの現代版「マネーの虎」に挑戦した結果…”

という記事について、考察します。

 

いいね!数こそ、200超と平凡なものの、ビューは7,000超、反響が大きかった記事でもあります。

 

さて、このコンテンツですが、「広報」と「広告」の違いを認識するのに良いコンテンツです。

なぜかと言えば、このコンテンツこそ「広報」の真髄を体現しているからです。

 

一般的に「広告」とは、次の特徴を兼ね備えています。

・目的は売上アップ、リードの獲得など短期的な成果

・商品のアピールを行う

・「悩んでいる人」「欲しい人」へ情報を提供する

 

つまり、広告とは「費用対効果」を金額という側面から測定すべきものとなります。

これに対して「広報」とは、次の特徴を持っています。

・目的は認知の向上とブランディングなど、「将来の顧客」を育てること。

・商品のアピールよりも、企業とそこで働く人々のアピールを行う

・「面白いネタを探している人」へ情報を提供する

 

つまり、広報とは「費用対効果」というよりも、「どれくらい認知されたか」「どのように認知されたか」が問題となるということです。

 

 

この違いを理解していれば、なぜニイナナ株式会社がこの広報記事を書いたのかは明らかです。

 

彼らは「出張靴磨き」を生業としているにも関わらず、一度もこの記事には靴磨きの話は出てきません。

 

逆に、「マネーの虎」もどきの番組に出演し、社長がボッコボコにされたという、「ネタ」を提供しているだけです。

 

しかしこれはある意味、ニイナナの経営者に対する親近感を産むと同時に、彼が何を思って経営を行っているか、という良い情報提供になります。

 

結果として、ニイナナは

「起業家マインドに溢れる会社」

「拡大中」

「社長は親しみやすい」

といった、お金では買うことのできない「イメージ」を得ることができたのです。

これが「広報」です。

  

「短期的な成果を産むもの以外にはお金をかけない」という企業も数多くあり、その事自体は特に問題があるわけではありません。

 

しかし、「長く存続できる会社」「ファンの多い会社」というのは、好ましいイメージを長く育ててきた結果であることも事実です。

 

人は「メリット・デメリット」だけではなく、「イメージ」で商品を選ぶことが多いのは、心理学ではもはや常識です。

広告などで商材の良さを訴えるよりも、「イメージ」をつくって、見込み顧客層を育てる行為もまた、決して無駄とはいえないのです。

 

(了) 

【お知らせ】

自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さま対象に無料セミナーを実施しております。

セミナータイトル:
集客力のある「オウンドメディア」を運用するための3つのポイントをお教えします

セミナー概要:
1.webでバズる記事とは?
・メディア力
・記事力
2.バズるメディアを作るには
・よくあるオウンドメディア3つの過ち
・オウンドメディアによるブランディングとは
・オウンドメディアを運営するために欠かせない3つのポイント
3.事例紹介

日時:
[2月日程]
(満席)①赤坂会場 2月8日(金)15:00ー16:30(定員20名)
(満席)②渋谷会場 2月13日(水)15:00ー16:30(定員20名)
(満席)③新橋会場 2月14日(木)15:00ー16:30(定員30名)


[3月日程]
①赤坂会場 3月4日(月)15:00ー16:30 (定員20名)
②渋谷会場 3月8日(金)15:00ー16:30 (定員20名)
③新橋会場 3月11日(月)15:00ー16:30 (定員30名)

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください


(2019/2/7更新)

———————-

 

今回のメールマガジンはいかがでしたか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

自社のPRについて、「こちら広報部」に相談してみたたい!というコトがあれば

お気軽にお問い合わせください。

 →こちら広報部」詳細のご案内

 広告掲載についてのお問合わせ