「成果出しているのに、僕の給与全然上がらないんですよ。まあ、少しボーナスは出ましたけど」という若手がいた。

「多分、利益ベースなら自分は他の人の10倍は稼いでます」という彼の鼻息は荒い。

「やっぱり日本人はできる人を高く評価しないんですよね。出る杭は打たれる、っていうか。」

彼は言う。

「あーあ、外資系にでも転職しようかな。あっちは青天井でしょう。年収1千万、いやもっと出す会社があるはず。」

 

彼の言うことは正しいのだろうか。それとも、会社が正しいのだろうか。

 

単純化して考えよう。雇うのにかかる手間は同じくらいとする。

利益を月に10万円出す、フツーの人を100人雇うのと、

利益を月に1000万円出す、卓越した人材を一人雇うのと、どちらが良いか。

 

色々な考え方があると思うが、経営者であれば上を選ぶひとが多いだろう。

なぜか。

単純である。「稼ぎ口は、分散させておくほうが良い」からだ。下は、卓越した人材が突然「やめます」と言ったり、病気になったり、家族の都合で引っ越したり、そう言った事自体が全てがリスクとなる。

要するに、実質の経営を彼に握られることになるのだ。それは経営者として許容できないだろう。

月に1000万利益を出しても、仕組み化をしようとせず、周りの社員をバカにするなど雰囲気を悪くするようなら、その社員を排除する経営者もいる。

だから、上の若手は経営者にすれば「嫌なら独立すればいいじゃない」という話にすぎず、それ以上でもそれ以下でもない。

 

 

言い方は悪いが、逆に10万円稼ぐ社員が一人辞めたところで「いくらでも替えがきく」ので、それを目指して経営者はできるだけ「一人ひとりの社員に依存しない仕組み」を作りたがる。

だから、「一人で1000万利益を稼ぎだす社員」よりも「10万円の利益を安定して100名に出させるマネジメントができる管理職」を、経営者は重用する。

これが「マネジメントができるようになってほしい」という経営者の意図だ。

 

だから「エース社員」は会社にとっては両刃の剣である。扱いづらいのだ。

 

 

だが、「そんなこと言っても、能力の卓越した人材がいなければ今の世の中で、勝っていけないのでは?」

という反論もあろう。つまり、プログラマーや金融スペシャリスト、コンサルタント、マーケター、など「専門能力の高い人を少数精鋭で」という考え方だ。

 

これは上の経営方針と矛盾しない。経営者がほしいのは、言い方は良くないが「卓越した部品」としての人材で、一人で稼いでしまう人ではない。

「うちに居たほうが、能力の高い仲間と、やりがいのある仕事が提供されるよ」といって、経営者は人材を引き止める。

良いチームで働くことは、自らの力を発揮するため、専門家たちにとっても重要なのだ。

結局のところ、専門家は一人では稼げない。また、稼げる人物はどうマネジメントしてもいずれ出て行く。

 

残念ながら「成果を出したらそれだけ欲しい」という上の稼ぎたいという若手は、独立するか、成果を出せない時にはクビになるリスクを取って、外資系で成果を出し続けけたほうが稼げるのではないだろうか。

 

 

余談だが「稼ぎ口を分散させる」のは、人事管理上の話だけではない。経営者は常に「突然売上が下がるリスク」をヘッジしようとする。

例えば、できるだけ大口客に頼らず、顧客を分散させようとする。これを極めればプラットフォーム化を志向することとなる。

 

経営者だけでなく、個人でもリストラや減俸リスクをヘッジしたい時には「稼ぎ口の分散」は重要だ。

その場合は給与収入だけではなく、副業をできるだけ手広くやっておくのが正しい選択だ。

 

 

「稼ぎ口を一つに依存しない」という考え方は、だれであれ、常に持っておいて良いのではないだろうか。

エース社員に高い給与を払わない、というのはそれと同じである。

 

【お知らせ】

Web集客にオウンドメディアはどのように活用できるの?オウンドメディアを検討中、運用中の企業広報・マーケティング責任者、企業幹部、企業経営者さま向けにオウンドメディア活用セミナーを実施しています。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:11/07(木)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/10/15更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・ブログが本になりました。

【お知らせ】

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

Martín Vinacur