学びや仕事の場面で、あなたは普段どのような方法でノートを取っているだろうか。

手書きの人もいるだろうし、PCでノートを取っている人、あるいはスマートフォンやタブレットでメモを取っている人もいるだろう。もしかしたら、勉強のときは手書きで、仕事のときはPCでと状況によって使い分けている人もいるかもしれない。

 

筆者自身はといえば、以前は手書きやPC、タブレットでのノート取りを「なんとなく」行っていたように思う。

意識的に使い分けているというよりも、たまたま目の前にペンがあったから、またはそのときにパソコンを目の前にしていたからというのが、使い分けの理由である。

あるいは、振り返ってみると、自分にとって難しい内容の場合は紙に書き出して、簡単な内容の場合はパソコンに箇条書きで書き出すというように使い分けていたかもしれない。さまざまな理由が思い浮かぶが、いずれにせよ、「なんとなく」状況にあわせて選択していたといえる。

 

一方で、学びを目的にした場合の効果的なノートの取り方について、教育分野の実証研究では、さまざまなことが明らかになってきている。今回は、そうした研究成果の一端を紹介しよう。

 

まずは、手書きのノートとPC入力はどちが効果的かという問いについて考えてみよう。

 

手書きのノートとPC入力ではどちらが学びに効果的か

ミューラーとオッペンハイマー(2014)は、「ペンはキーボードより強し」(原文タイトル”The Pen Is Mightier Than the Keyboard: Advantages of Longhand Over Laptop Note Taking”)という論文で、ペンと紙でノートを取るのとPCでノートを取るのとでは、どちらが学習に効果的かを大学の講義において調査した。

 

結果として、この論文のタイトルが示すとおり、ペンと紙でノートを取るほうが学習効果が高いということが示された。

 

この実験では、学習効果を測る指標として、事実を記憶しているかを確認するためのテストと概念の理解を確認するためのテストの2つが用いられている。

前者は、「○○が存在したのは何年前か」という設問に答えることができるか、いわば暗記のスキルを確認するものである。後者は、「△△と××のアプローチはどのように違うか」という設問に答えることができるか、といったものである。

 

この結果で興味深いのは、事実の記憶を問うテストでは、ペンと紙でノートを取るのと学習者がPC上でノートを取るのとの間で大差がないが、概念的な理解を問うテストでは、ペンと紙でノートを取るほうがテスト結果が高いという傾向が出たことだ。

つまり、ペンと紙でノートを取るほうが、しっかりと内容がわかるようになるということだ。

 

なぜ、ペンと紙でノートを取るほうが概念の理解に効果的なのだろうか。

 

なぜ、効果に差が出るのか

この論文では、両群でノートに取られた単語数を比較しており、PC上でノートを取るほうが、ペンと紙でノートを取るよりも多くの単語を記述していることが示されている。

更に記述内容をより詳しく見てみると、PC上でノートを取る場合には、講義で話された内容をそのまま書き写している傾向があることがわかった。

 

PC上でノートを取る場合には、より速いスピードで簡単にたくさんの言葉をノートに記載することができる。そのため、講義の内容を一言一句もらさず記録しようとする。

対してペンと紙でノートを取る場合は、PC上で取るのに比べあまり多くの多くの言葉を書き留めることができない。そのため、講義の内容を頭の中で整理し、より短いほかの言葉に書き換える必要がある。たとえば、自分の言葉で言い換えたり、抽象化したり、要約したりするという具合だ。

 

つまりペンと紙でノートを取る場合は制約があるため、より頭が働くことになる。これが、ペンと紙でノートを取るほうが概念の理解に効果的であることの理由だと示されている。

 

PC上で取るノートでも学習効果を高めるには

もちろん、PC上で取るノートのすべてに効果がないというわけではない。過去の学びを振り返りたい時の検索性や、その後の他者との情報交換や協業などを考えれば、PCでノートを取る方が利便性が高いだろう。

ここで重要なのは、頭を働かせるよう意識することで、学習の効果を高めることができるということである。

 

カウフマンとザオ、ヤンは(2011)は、文章を読みながらPCでノートを取る際に、その取り方の違いがどう学習効果に影響を与えるかを調査している。

すると、単に記入欄に文章を入力していくよりも、マトリックス(表)で内容をまとめながら読むほうが、事実の記憶だけでなく、より応用的な学習に効果的であることが示された。加えて、ノートを取る際に、自分の文章理解が十分かを定期的にチェックしながら進めるほうがより効果が高いということも示した。

 

つまり、PCを活用してノートを取る際にも、自分なりの理解が構築できるように頭を働かせることで効果的に学ぶことができるのだ。

 

自分の頭を働かせるようにノートを取る方法として、内容をマトリックスにまとめる以外にも、さまざまな方法がある。

 

①図解する

たとえば、概念図にまとめることやプロセス図にまとめること、マインドマップにまとめること等、さまざまな方法が考えられる。いずれの方法でも、図解することによって、自分の理解が及んでいないところを可視化することができるだろう。

 

②内容を自分の経験にあてはめて考える

自分の理解を確認する方法として、学んでいる内容に関連する自分の経験にはどのようなものがあるかを考えたり、自分がこれまで知っている内容と矛盾していないか、あるいは自分の仕事に学んでいる内容をどう活用できそうかを考えてみたりすることが挙げられる。このような問いに対するメモもノートとして取りながら、学びを進めていくことで、学びをさらに自分のものにすることが期待できる。

 

頭を働かせるようにノートを取ろう

今回は、手書きのノートとPC入力と学習効果の関係についての研究をみてきた。これらの研究に共通していることは、学んでいる内容を一言一句書き写そうとすることは効果的ではないということだ。内容をそのまま書き写そうとすることは、自分の理解を構築する上で妨げともなりうる。

そして同時に見えてきたことは、学習効果を高めるにはいかに頭を働かせるかが鍵になるということだ。

 

あなたは、自分の頭を働かせることを意識して、ノートを取っているだろうか。

私のように「なんとなく」ノートを取っていた人がいれば、いまが見直すときかもしれない。

 

(執筆:天野 慧)

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

グロービス経営大学院

日本で最も選ばれているビジネススクール、グロービス経営大学院(MBA)。

ヒト・モノ・カネをはじめ、テクノベートや経営・マネジメントなど、グロービスの現役・実務家教員がグロービス知見録に執筆したコンテンツを中心にお届けします。

グロービス知見録

Photo by:JESHOOTS.COM

 

 

参考文献

  • Kauffman, D. F., Zhao, R., & Yang, Y. S. (2011). Effects of online note taking formats and self-monitoring prompts on learning from online text: Using technology to enhance self-regulated learning. Contemporary Educational Psychology, 36(4), 313–322. https://doi.org/10.1016/j.cedpsych.2011.04.001
  • Mueller, P. A., & Oppenheimer, D. M. (2014). The Pen Is Mightier Than the Keyboard: Advantages of Longhand Over Laptop Note Taking. Psychological Science, 25(6), 1159–1168. https://doi.org/10.1177/0956797614524581
  • Neelen, M., & Kirschner, P. A. (2020). Evidence-Informed Learning Design: Creating Training to Improve Performance (1st ed.). Kogan Page.