写真 Google フォト3

前回はカレーの話だった

寿司は日本が世界に誇る食文化だ、とどこかで読んだ本に書いてあった。確かにその通りで、日本にあるミシュラン3つ星の12件のお店の内、3件は寿司屋である。

フレンチ、イタリアン、和食、というカテゴリではなく、「寿司」というカテゴリを作っても全く問題ないくらいなのだ。

 

そして、日本人の多くの人が寿司を愛するように、私もまた寿司が好きだ。

もちろん寿司と言っても様々で、コンビニで売っている巻物から、バッテラ、回転寿司、ちらし寿司、ちょっとした居酒屋でも出すような握りまで、各者各様の味わいがある。

が、やはりどういった寿司が定期的に欲しくなるかといえば、江戸前寿司だろう。

 

江戸前寿司は、単なる「にぎり寿司」とは少し異なる。

例えば「北海道で旨い寿司を食べた」などと出張族から自慢をされることがしばしばあるが、そういった地場の新鮮な魚を使った寿司とは似て非なる存在だ。

江戸前寿司は東京でしか味わえない。

すし飯が固くて塩辛く、酸っぱい。また「大きな寿司」を売りにする店もあるが、ほとんどの江戸前寿司は小さく一口大であり、「口に放り込んで食べる」と言った具合だ。

 

季節によるが、マグロ、シマアジ、スミイカ、コハダ、クルマエビ、アナゴ、ヒラメ、トリガイ、サヨリ、ウニ、コダイなどを食べたあと、鉄火やかんぴょう、カッパで閉めるのがお決まりのパターンである

酒は日本酒が一番あう。シメたコハダの酸っぱいところを口に放り込んで、日本酒をやれば至福の時間が待っている。

 

そんな江戸前寿司だが、もう10年近く前から通っている、個人的に好きな人形町の寿司屋がある。席はカウンターが10席ほどしかなく、こざっぱりとした美しいお店だ。

ご主人と奥様の2人でお店をされているのだが、いつ訪問しても素晴らしい寿司をいただける。

写真 Google フォト

特に素晴らしいのが雲丹で、苦手という知り合いでも、「ここの雲丹はとても美味しい」と繰り返し言う。バフンウニとムラサキウニの両方を出していただけるのだが、同じ雲丹でも全く異なる香りであり、2度楽しめる。

バフンは癖がなく、ひたすら甘い。ムラサキはウニ特有の香りが強いが、そのクセが日本酒をより引き立てる。

写真 Google フォト2

冬場は寿司ではないのだが「牡蠣」を出してくれる。この牡蠣はどこで食べた牡蠣とも全く違う味がする。

「牡蠣は海のミルク」という表現があるが、私はミルクのような牡蠣など食べたことがなかった。なぜこのような表現を使うのかと不思議だったのだが、この牡蠣はまさに海のミルクと呼ぶにふさわしいものだ。

 

 

寿司は贅沢な食べ物であるが、蠱惑的なその魅力には抗えないものがある。時間と、懐具合に余裕があるときには、ぜひ江戸前寿司を経験してみてほしい。

 

 

 

 

なお、ご主人から許可を頂いたので、お店の情報を載せておく。

人形町 すし柿崎

住所 東京都中央区日本橋人形町2-8-11

TEL 03-3249-3067

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。