Nürnberg, Reichsparteitag以前、「管理されたい人などいない」という記事を書いたが、歴史を見ると、喜んで人々が「管理」「統制」「監視」を受け入れた時代があった。1930年台から1940年台にかけて世界中を戦争に巻き込んだ、「ファシズム」の時代だ。

 

ファシズムの最たる例である「ナチス・ドイツ」が行ったことは通常の感覚ではとても正当化できるものではなく、現代の感覚からすれば「自らの自由を放棄しても、ナチスを支持した」ことは異常ととれるが、時のドイツでは支持を受け、第一党となった。

なぜ、人々は自ら自由を放棄したのか?

 

当時のヒトラーの演説の趣旨はこうだ。

 

「国が与える最高の未来がある」

「一人一人に役割がある。努力と自己犠牲によって、これを勝ち取れ」

「悪しき者の居場所は、我々の中には無いのだ」

 

演説は短く、ほとんどはこの様な民衆を鼓舞する文言で占められている。

 

 

当時、ドイツ国民は第一次世界大戦の敗戦、多大な賠償金により国民は疲れ、自信を失っていた。

「何が正解かわからない」「希望が持てない」そんな時代だったのである。そこに『正解』をもって颯爽と現れたのがナチス・ドイツだった。

ヒトラーが支持を集めた理由はこの演説の中にも現れているが、「統制され、鼓舞され、奮起する」ことを、民衆が求めていたことをヒトラーは見抜いていたのである。

 

 

引き換えに、ナチス・ドイツが民衆に求める能力はとにかくシンプルなものであった。

  1. 政治的な能力
  2. リーダーシップ
  3. 総統への忠誠

である。とにかく、これさえ身につければ社会の中で尊敬され、それ相応の地位を受け取ることが出来たのである。

(総統を「社長」に読みかえれば、どこぞの企業でもこれは当てはまるのかもしれないが・・・・)

 

人間は『正解』が見えないこと、不安なことに長くは耐えられない。

そんな時に、わかりやすい『正解』をもった独裁者に安々と権力を渡してしまうのである。

 

政治家でも、経営者であっても、わかりやすい『正解』をすぐに提示する人には気をつけよう。いかにそれが正しい思想に見えたとしても、それは統制、独裁に繋がっている。

 

 

【お知らせ】
前回大変好評だったため内容をグレードアップして再実施いたします。前回ご参加できなかった方はもちろんご参加頂いた方にもお役に立てる内容となっております。
<2024年3月18日実施予定 ティネクト60分ウェビナー>

ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します


<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)


日時:
2024年3月18日(月)12:00〜13:00

参加費:無料  
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/2/28更新)