WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違うサミュエル・ラングレーという人物を知っているだろうか。殆どの人はこの名前の人物について知らないだろう。

では、ライト兄弟はご存知だろうか。この2人の名前は知っている人が多いだろう。人類初の、動力飛行機械の発明に成功した人物たちだ。

 

この2者は、競争関係にあった。共に、「人類初」の飛行機の発明を目指していた。

しかし、その状況は2者で大きく異なっていた。

 

サミュエル・ラングレーの場合、

・陸軍省から、5万ドルという大金を資金として受け取っていた

・ハーバード大に在籍

・スミソニアン博物館で働き、当時の最高の頭脳たちとの人脈を有する

・ニューヨーク・タイムズが彼らの動向を逐一報道

 

ライト兄弟の場合

・資金は常に不足。自分たちで経営していた自転車店から、資金を持ちだして飛行機をつくる

・学歴なし

・人脈なし

・初飛行の見物人はたった5名

 

この状況で、誰がライト兄弟に軍配が上がると予想しただろう?

結果は、ライト兄弟は初飛行を成し遂げ、ラングレーはライト兄弟の成功を見て、「あきらめた」。

 

なぜ、このようなことになったのか。

TEDにおける講演の一つに、このことを取り上げた人物がいる。サイモン・シネックという人物だ。彼の講演は、ライト兄弟の偉業について、その原因を述べている。

もちろん、いろいろな理由があるが、大きかったのは、

 

ライト兄弟は大義のため

ラングレーは、名声と富のため

 

に飛行機を作ろうとしていたことだ。

 

ライト兄弟は、「人類は飛行機の発明により新たな世界への第一歩を踏み出せる」と信じていた。

一方、ラングレーはライト兄弟の成功を見て、「もっとうまくやれる、今度は我々がもっと素晴らしい物を作ろう」と言えたはずなのに、追加の飛行実験を中止したばかりか、姑息にも後にグレン・カーチスと組んで、ライト兄弟の偉業を貶しめんと画策している。

さらに、ロンドンの科学博物館が、ライト兄弟の偉業を認めるまで、スミソニアン博物館は初の動力飛行を成し遂げた機体である「ライト・フライヤー」を展示しなかった。

 

ラングレーは、「富と名声」しか、欲しくなかったのである。

綿密に飛行機の実験を何度も行ない、エンジンすら自作したライト兄弟と比して、その飛行機がお粗末な出来となったのは、偶然ではない。

 

人を動かすのは、決して富や名声ではない。「大義」が人を動かし、偉業を成し遂げさせる。

 

【お知らせ】
「生成AIは思ったより大したことなかった」とお考えの方、それは間違いです。 プロはプロのスキルを駆使して生成AIを想像以上に使いこなしています。今回のティネクトウェビナーではプロがどのように使いこなしているかをご紹介します。
<2024年6月24日実施予定ウェビナー>

なぜ生成AIで"思い通りに"キャッチコピーや記事が作れないのか?

【内容】
1.なぜ生成AIで上手くキャッチコピーやSEO記事が作れないのか?
2.マーケティング自動化支援ツール”Automagic”のデモンストレーション
3.Q&A

【対象者】
・大企業・中堅企業の役員、および企画部門、マーケ部門
・マーケティング会社・代理店・PR会社の管理職
・スタートアップ企業の経営層
・フリーランス/個人のコンサルタント

【講師紹介】
元電通コピーライター 「言葉にできるは武器になる」
著者 梅田悟司
ティネクト代表取締役社長 「頭のいい人が話す前に考えていること」
著者 安達裕哉


日時:
2024年6月24日(月)18:00〜19:30
参加費:無料  
Zoomウェビナーによるリアルタイムストリーミング配信となります。


お申込みは こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/6/2更新)