050-01-537x535スマートフォンの月額料金が一万円を超える月が多いので、請求書を見なおしてみたら、やはり負担は定額料金ではない「通話料」だった。大体月額の固定費用は六千円程度なのだが、通話料だけで4千円もかかっている。

最近ではLINEなど、無料通話アプリもあるが、同じアプリをインストールしている人にしか電話がかけられないので、ヤマトなどの再配達依頼には使えない。実家や、他社の携帯を使っている知り合いなどに普通に通話すると30秒につき21円もかかるので、すぐに月額が一万円を超えてしまう。

 

これは無駄だな、と思ったので、NTTコミュニケーションズの提供している050plusというサービスを使ってみた。

 

月額基本使用料が315円かかるのだが、使ってみて結局「これはいい」という結論に。

12月の総通話時間が1時間6分14秒だったが、普通の携帯電話料金プランなら三千円くらいの通話料がかかるはずだったが、050plusで電話した結果、通話料は538円に。基本料と合わせても850円程度で、二千円以上もセーブできた。

特に固定電話に対しては圧倒的に050plusでかけたほうが安い。通話後にいつも「○○円おトク」という表示が出るので、節約好きの方には良いと思う。

 

通話品質も心配だったが、杞憂だった。昔は3G回線で無料通話アプリを使うとブチブチ切れたりして使い物にならなかったが、LTEの回線ならほぼストレス無く通話もでき、音質もよい。

オススメである。

 

 

使い方は簡単で、AppstoreもしくはGoogleplayからアプリをインストールし、個人情報を入力すると、050plus専用の番号がもらえる。アプリ上ですべての事務手続きができるので、とても簡単だ。

インストール手続きはこちらのリンクを参照

 

月に携帯料金を1万円以上払っているなら、少し検討してみても良いのではないだろうか。

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。