(前編はこちら⇒https://blog.tinect.jp/?p=49583

 

『就職先を探してくれる』と言う知人Aに対して

私は営業費用として約50万円を支払いました。

 

不穏に思った私は、Aの素性を確かめるため、

まずはAが勤めていたハズの『商社』に電話をかけた。

適当な挨拶をして、単刀直入に聞いてみた。

「A(フルネーム)さんが、最近辞められたという噂を耳にしました、営業課長だったAさんは辞められたのですか?」

 

Aの名前は間違いなく本名。

50万を振り込む時に確認したから間違いない。

短い沈黙の後、

「少々お待ちください・・・」

そう言うと受付のお姉さんは数分戻りませんでした。

 

Aの話では2年前までは在籍していたハズ。

(もしや受付さんは新人だからAを知らないのか?)

わたしは都合の良い思考を巡らせました。

改めて電話に出たお姉さんは言いました。

「過去十年遡ってみても、Aという苗字の社員はおりませんでした」。

 

 

終  了

 

 

いやいや・・・もしかすると・・・

すでに辞めた社員だから、

個人情報を保護してるとか?

 

一瞬・・・・都合よくそう思いました。

 

しかし・・・それはありえない。

 

なぜならAは元営業課長。

その後に会社の役員もやっていたと言っていた。

 

言わば『会社の顔』だった人物の名前を隠すだろうか?

いや・・・そんな事はありえない。

 

あの明るい気さくなAは『詐欺師』だった。

どこの誰かもわからない。

 

そんな彼がもうすぐ私に会いに沖縄に来る・・・・

(本当に来るのだろうか?一体なんのために?)

 

私は思った。

(いや・・いいさ、丁度良かったじゃないか)と。

本人を直接問いただせば良い話なのですから・・

後日・・・・Aは本当に沖縄に来た。

私は笑顔でAを出迎えました。

 

Aは電話で話す通りの、

よく喋る。陽気な男でした・・・・

とても悪人には見えなかった。

悪人には・・・・

 

食事をして話が盛り上がると、

Aは何枚かの写真を見せてきました。

「これは、どこそこに行った時の写真で~」

 

「へーそうなんだ・・・」

私は適当な相槌を打ちました。

 

Aの話が全く耳に入ってきません・・・・

私は手の震えを隠すのに精いっぱいだったのです。

この震えは怒りじゃありません・・

 

恐怖。

 

Aが「自分だ」と言って見せてくる人の写真。

・・しかしAはどこにも写っていません。

 

写っているのは全くの別人。

(お前は・・誰だ?)

もはやAに騙されていた怒りや悲しみなど、

どこかに吹き飛んでしまいました。

そして私は・・『ある事』確信したのです。

 

実は『Aが商社に勤めていなかった事』を知った私は、

Aに会う前に『知人』に相談をしていたのです。

このAの話を聞いた知人は言いました。

「そいつは怪しい、話が変だぞ?」

それはもう・・・わかりきった答えでした。

 

しかし知人が『オカシイ』と言ったのは、

Aから聞いた病院の話の事でした。

Aはになり無理やり病院に入れられ、

ずっと拘束されていたと言っていました。

 

その話を聞いた知人はこう言いました。

「鬱とは無気力な状態だから、

無理やり拘束される事はまず無い・・・・」

 

「・・・もしAが本当に、

病院で拘束されていたのだとしたら・・・」

 

「それはじゃなくて・・・・・・」

(・・・・・・)

つまり・・Aは詐欺師じゃなく病人?

ウソじゃなく妄想

 

一体・・・

なにが真実なんだ?

 

どうしても知りたかった。

 

・・・私は沖縄に来たAに優しく語り掛けました。

「頼む・・本当の事を言ってくれないか?」

 

Aは繰り返します。

「オレはウソなんて言ってない!」

泣きじゃくる、30代無職のオッサンが二匹。

そしてAは怒り狂って言うのです。

 

「オレはお前の為に〇〇にも営業に行った!

〇〇社にも行った!〇〇〇〇にも頭を下げた!

大勢の前でお前の為に必死に営業したんだ!」

 

・・・・そうだな、その話は前に聞いたよ。

モチロン・・・・ちゃんと覚えてるよ。

 

大手求人会社に必死にコンタクトを取りつけてくれて、

Aは営業の二人と会議室で話し合ったんだよな?

Aが何かを言うたびに、

片方の営業マンが席を立ち、事実関係を調べられたと。

「やっぱ大手の営業マンは違うな~」と言ってたな?

後に大手求人会社の上層部に話が通り、

東京の本社でプレゼンをしたと言っていたな?

 

大勢の役員が見る前で、

演説をして大喝采を浴びたと言っていたな?

さらに帰り際に・・・

その大手求人会社から引き抜きにあったと、

そんな自慢もしていたね?

・・・ちゃんと調べたよ。

全部デタラメだった。

Aが営業に行ったと言っていた、

求人誌の会社、新聞社、大手メディア・・・・・

 

1社たりとも・・・営業に行ってなかったのです。

元プロレーサー?海外で優勝?

大手商社の元役員?プロライター?

Aの話に『真実』は無かった。

 

私が何度も質問を繰り返しましたが、

Aを責めるつもりは全くありませんでした。

 

『お金を搾り取るつもりで私に近づいたのか?』

・・・私たちは・・一体・・なんだったのか?

 

つまり、それが知りたかった。

しかし・・何を聞いてもAは泣きわめき。

疑う私に対して怒り狂うばかり・・・・・・

「ごめんな・・・・」

結局・・私がAに謝罪しました。

「東京への営業は辞めにしてくれ、

お詫びとして50万は受け取って欲しい・・」

 

それを聞いたAは・・・・

嬉しそうに笑いました。

そして滞在の最終日は、

二人で仲良く夜釣りをしました。

たのしかった。

 

翌日、Aを見送りました。

・・後日、Aは私に言いました。

「金は返す!許してくれ!」

 

残念ながらこれは良心が傷んでの告白では無かった。

私がウソをまとめた『証拠』を突き付けたからです。

 

結局、確かに病気はあったのですが

『騙してお金を取っている』自覚があったのです。

 

つまりAは、

最初からお金を騙し取る目的で、

私に近づいてきたのです。

つい先日の話です。

感想すら出てきません。

 

だれか焼肉をおごってください。

 

おしまい

 

 

 

 

【プロフィール】

著者名:ハルオサン

18歳で警察官をクビになってから、社会の闇をさまよい続けた結果、こんなことを書いて生活するようになってしまいました。

『警察官クビになってからブログ』⇒keikubi.co

ツイッター⇒https://twitter.com/keikubi123