ちょっと前の話ですけど。

 

広報担当者が集まる場に招待されたので、ノコノコとでかけていきました。

私自身も、自社の広報を担っているので、みんながどんなことをしているのかなーと、興味は当然あるわけです。

 

で、彼らに混じって、話を聞くと、こんな感じです。

「広報って難しいですよねー。」

「そうですねー。」

「特に成果の定義が難しいですよね。」

「本当に。」

「どんな感じの成果設定になってますか?」

「メディアの掲載本数がメインですね。あとは格が高くて、大きな媒体に掲載されたかどうか。」

「ああ、うちもそんな感じです。」

「テレビとかの取材をうけるのにいい方法って知らないですか?」

「知り合いのディレクターを紹介しましょうか?」

「あそこの編集者をしってますよ。」

 

ほうほう……。

私が一番面白いと思ったのが、多くの広報担当社の成果が「メディアへの掲載」で測定されていること。

つまり

「日経に掲載されました!」

「テレビで紹介されました!」

「Yahooのトップニュースに……」

ということが広報の「成果」とみなされていること。

 

いやー、広報の仕事って、本当に大変ですね。

同情いたします。

まあ、今でも「日経に掲載されました!」って嬉しそうに語っている経営者は多いので、その企業では、「マスメディアに取り上げられること」が評価されることも頷けます。

 

でも、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

それって本当に「広報業務の成果」なのでしょうか?

 

広報業務の成果って何?

会社によって、回答は異なって当然だと思いますので、成果の定義について議論する気はありません。

ただ、私が思う「広報業務」はもう少し広いものなので、メディアの掲載本数などをKPIとして使うことは、担当者に誤った活動をさせることになりかねない、と感じています。

 

では、どのような成果設定が適切なのでしょう。

 

そもそも「広報」を行う目的は、

「自社の製品、サービスのユーザー(および将来のユーザー)との間に、信頼を構築すること」です。

これに異論のある人はあまりいないでしょう。

信頼が構築できれば、ブランディング、販促活動、採用活動の全ての領域において、アドバンテージを得ることができます。

 

そう考えれば、大手メディア、マスメディアに記事が掲載されることのメリットは

「マスメディアに掲載されることが、ユーザーとの間に信頼を構築することにおいて重要だから」

という前提があればこそです。

 

しかし、「マスメディアへの掲載=信頼構築」という図式が壊れてしまっていたらどうでしょう?

信頼失う新聞・テレビは滅ぶのか 池上彰さんが「楽観できない」と語る理由

日本でもマスメディアに対する信頼性は下がっている。新聞通信調査会が2008年から毎年実施する「メディアに関する全国世論調査」では、NHK、新聞、民放テレビ、ラジオの信頼度が、いずれも過去最低となった。

また、総務省の「平成27年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、全体ではテレビ62.7%、新聞68.6%と高い信頼度を保っているが、若い世代ほどその数字は下がり、テレビは30代で47.3%、新聞は20代で58.9%となる。(ネットはそれよりも圧倒的に低いが。。。)

(Buzz feed News)

これから社会の中枢を担う若手は、すでにテレビも新聞も多数が「メディアに書いてあることって、嘘じゃね?」という目で見ています。

もちろん、ネットはそれ以下で、雑誌は更に下(w)。

 

つまり現在は「メディアに掲載されるだけ」で信頼感が生み出される時代ではない、というのが本質なのです。

だから、広報業務を「(マス)メディアへの記事掲載をねらう仕事」とみなすのは、間違い、とは行かなくても、正しい認識からは少しズレています。

 

では現代に生きる人々の「信頼感」の源泉はどこにあるのでしょう?

ニールセンの調査を見ると、よくわかります。

日本人はどのようなメディアを信頼するのか、若者が共感できる広告のテーマはなにか

 

この2015年の調査によれば、34歳以下(現在は37歳以下)の人々の信頼する情報ソース上位は、

1.友人や家族の意見

2.企業のブランドサイト

3.インターネットに投稿された口コミ

となっています。

 

おわかりでしょうか?

信頼できる情報の主戦場は、すでにSNS、オウンドメディア、そして口コミの3つに移行しているのです。

つまり「信頼構築」に最も効果的なのは、「自社の出している記事をSNS、口コミで広く読んでもらうこと」に尽きます。

 

必然的に、広報業務の成果、広報担当者の成果は、「自社サイトのコンテンツをうまく拡散させること」になる、と言えるでしょう。

 

もちろん、この傾向は高齢者には当てはまりません。

シニア層、中高年層をターゲットとした企業活動においては、相変わらず「日経に掲載されました!」が有効です。

しかし、若い層にはそうではない。

 

経営層には、特に中高年の経営層には、どうか広報担当に誤った目標設定や、ドライブをかけないように願いたいものです。

 

 

【お知らせ】

自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さま対象にセミナーを実施しております。

「SEOだけに頼らないファンを作るオウンドメディアの運用方法」

————————————————————————

1.webでバズる2つの要素

・メディア力

・記事力

2.バズるメディアを作るには

・よくあるオウンドメディア3つの過ち

・オウンドメディアによるブランディングとは

・オウンドメディアを運営するために欠かせない3つのポイント

3.Books&Appsのオウンドメディア支援だからできること

————————————————————————

場所:東京都渋谷区ヒカリエ11FヒカリエカンファレンスルームA

日時:9月27日木曜日 15時00分〜17時

定員:20名

参加ご希望の方は、下記Peatixサイトよりお申し込みください。

https://tinect20180927.peatix.com/ (閲覧パスワード 0927)

私たちがBooks&Appsを通じて行ってきたオウンドメディア運営ノウハウを一社でも多くの方にお届けして、日本のWEBブランディングのあり方をより良いものに変えていきたいと願っております。

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

 

◯TwitterアカウントBooks&Apps(最近改めて、Twitterにハマっています。遅い?遅いですよね……わかってます。)

 

◯安達裕哉Facebookアカウント (安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をフォローしたい方に)

◯ブログが本になりました。

(Photo:Maite