少し前に、大学生の「就職活動」についての相談に立ち会った。その時に思ったことがあったので記す。

 

彼は、私の友人に「どういう会社を受けたら良いか?」と聞いた。行きたい業界、やりたい仕事などは特に無いとのこと。

まあそうだろう。就きたい職業が明確に決まっている学生は相当レアで、ほとんどお目にかかったことがない。会社の内情など、誰も教えてくれないのだ。

 

彼は、「とりあえず、給料が高く、ネームバリューのある会社から順番に、手当たり次第に受けておけばいい」と、答えていた。

学生は、「無責任な発言だなあ」と言わんばかりだ。

 

彼は言う。「就職活動において、「最も後悔することの少ないやりかた」が今言ったことだ。就職活動の典型的な「苦労するパターン」って、知ってるかい?

まず、序盤に会社を絞り込みすぎて、大手や有名どころをあまり受けない。また、「自分には無理だ」と最初から諦めてしまう。

そして、中盤に入り、内定をもった友人がちらほら出てくる中、焦って手当たり次第に受けるが、面接などの経験値が足りず、落ちて自信なくす

最後に、夏を迎え、優良企業が軒並み採用活動を終えた中、「あまり待遇の良くない企業」を回らなければいけなくなり、やる気を無くす。」

 

彼は、最後にこう言った。

「だから、これを回避するために必要なのは、「序盤に実戦で面接やグループディスカッションの練習をたくさんする」ことだ。面接なんて、やればやるほどうまくなる。

とりあえず序盤にスタートダッシュし、落ちてもともと、と思ってたくさんの会社を受けることで、就職活動の練習をする。そして、中盤を迎えた時に、どこかの会社に引っかかる。

これがおそらく一番確実に、それなりの会社に就職できる方法だ。」

 

 

彼が話し終わると、学生は「でも、「それなりの会社」には入れますけど、いわゆる「超有名企業」は無理ですよね?」と尋ねてきた。

彼は、「そうだね」と短く答えた。そして彼は、「超有名企業に入りたいと思っているの?」と聞いた。

学生は、「その方法が知りたいです」と言った。

 

 

余談だが、人手不足の世の中とはいえ、「超有名企業」に入るのはやはり難しいようである。

「内定倍率100倍超」という、しょっぱい現実

就職四季報総合版には「就職人気企業ランキング300社」が掲載されており、その上位企業の倍率を見ると、丸紅82倍、カゴメ308倍、味の素267倍、森永乳業533倍、東レ213倍などとなっている。

大学入試よりもはるかに厳しい倍率が並んでいる。

 

 

彼は、学生に言った。「確実に超有名企業に入るなら、コネを探すほうがいいよ。」

学生は「コネなんて、あるのかなあ…。もっとまともな方法はないんですか?」

彼は「コネが一番まともな方法だ。実際、マスコミや広告、金融、製造業など、ほとんどの超有名企業が縁故採用をしている。」

学生は言った。「コネがない人は、どうすればいいんですか?」

「どうしようもない。でも、目の前の面接官を楽しませることだけを考えていれば、どこかに引っかかるかもしれない。でも、保証はできない。」と彼は言う。

「なんだか、不公平ですね。」

彼は、暫く黙っていたが、それを聞いて静かに答えた。「公平な条件でできる競争なんて、スポーツくらいだ。」

学生は頷く。

彼は続ける。「これから出る「社会」は、ルールもわからず、公平でもなく、努力が報われるかどうかもわからない競争ばかり。その最初の競争が、就職活動だ。だから、できるだけ早く就職活動を始めて、出来る限りたくさんの会社を受けることで経験を積んで、「ルール」を理解するんだ。使えるコネや人間関係はなんでも使え。」

 

 

そのやりとりを聞いて、私は

「就職活動って、仕事と同じだな。頭を切り替えられる学生が、うまくいくんだろうな。」

と思ったのである。

 

【お知らせ】

ライターは言わずもがな、SNS投稿する人全てに捧ぐ!めちゃめちゃ役に立つライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。

 

筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58