つい先日、ある会社で「リーダーとしての姿」に関する議論があった。

私はその議論をずっと観察していたのだが、ひとつの発見があったので、少し書いてみたいと思う。

 

議論のネタは、

「頭の良いリーダー」と、「行動力のあるリーダー」どちらに人はついていくか。

というものだった。もちろん両方兼ね備えているのが理想である。しかし、往々にして「頭で考えるタイプ」と、「まずやってみるタイプ」は両立しない。

果たして、どちらのリーダーに皆が、「自発的について行きたくなるか」という話だ。

 

当然のことながら、参加者の中から「頭の良い」とはどのようなことか、という質問が出た。

それに対して議長は、「計画をきちんと立て、勘ではなく数字を重視し、あまり間違えないリーダー」という姿を定義した。

一方、「行動力のある」とは、

「計画は最小限、まずは率先して自分がやってみて、直感的に判断する。よく間違えるが修正も早いリーダー」という姿を定義した。

「成果を出しているかどうか」については、同程度とした。

 

 

さて、皆様はどう思うだろうか?

 

結果は明白だった。

成果が同じくらいなら、圧倒的多数が「行動力のあるリーダー」についていきたいと言ったのだ。

 

逆に「頭の良いリーダー」は酷評された。

「自分たちを必要としなさそう」

「一緒に苦労してくれなさそう」

「数字ばかりでおもしろみがない」

そういった意見が数多く出たのである。

 

また、面白かったのが、仕事の出来る人ほど、「行動力のあるリーダー」を支持したという点だ。

議論の前は「間違えないリーダー」のほうが好まれると思っていたが、むしろ、仕事の出来る人は

「リーダーが間違えても、我々が補佐できる」

「挑戦とは、間違いを含むもの」

「間違える人のほうが信頼できる」

という意見が多く、仕事のできない人は

「無駄な仕事をさせられるのがイヤ」

「自分より優秀な人でなければリーダーとして認めない」

という意見が出た。

 

 

ふーむ。と思う。

この会社だけの話ではないだろうか、と思いもしたが、過去に訪問した会社のリーダー像を思い浮かべると、実際に慕われるリーダーは、確かに

「行動力のあるリーダー」に近いイメージだったと思う。この議論の結果には一理ある。

 

おそらく、リーダーの選択においては、「理性的にリーダーを選択する」というよりも、「リーダーは感情的に選択される」とも感じる。

要は、「人間的魅力」がリーダーを作る、ということだ。

そしてその人間的魅力、というのは、「最小限の力で正確に仕事をこなす」という部分ではなく、「精一杯力の限り働く」という部分なのだ。

 

4月からリーダーとなる方もおられることと思う。

リーダーとして、「自分が模範を示さなければならない」、あるいは「間違えてはいけない」とプレッシャーを感じる人もいると思う。

しかし、「本当に信頼できる部下」は、あなたに「間違えないこと」を要求しているのではなく、「率先して行動し、間違えた時はその非を認めて、素早く修正する」ということを求めている。

そんなことを感じた一時だった。

 

 

筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

農家の記事を始めました。農業にご興味あればぜひ!⇒【第一回】日本の農業の実態を知るため、高知県の農家のご支援を始めます。