school仕事柄、今まで人材育成について大変多くの企業から相談を受けてきた。そして、そこで聞かれる質問は、究極的には3つの質問に集約される。

 

1.何を学んでもらうのが良いか?

2.学習の効果をどのように測定するか?

3.どうしたら自分から学ぶようになるのか?

 

非常にシンプル、かつ本質をついた質問である。この質問に応えることが出来れば、人材育成のやり方で困ることはないだろう。

 

深く考えずに教育を勧める人は、概ね次のような回答を行う。

1.の質問に対しては、「まずは一般的なビジネススキル研修とOJTからやりましょう」

2.の質問に対しては、「テストを行う」か、「上司が評価しましょう」

3.の質問に対しては、「まずは強制しましょう」

 

 

上の3つの回答は、記憶の定着を重視する、「トレーニング」としては効果を発揮する。つまり、育成と言うよりは訓練に近い。そういう意味では、例えば小学校で漢字の書き取りをやらせたり、計算ドリルをやらせたりすることに似ている。

従って、何かの動作ややり方を反復するような仕事においては、上の方法で訓練を行うことで、成果をあげることができる。「定形業務」や、「受験」、「資格取得」が目的であれば、この方法で良い。

 

 

しかし、この方法での訓練は、社会人に対してはせいぜい入社して半年間やるだけで十分である。実際、「覚えなければならないこと」は、ほとんどが実際の業務の中で得られるからだ。

 

だが、多くの会社が「人材育成をやりたいと思う動機」は、これだけではあるまい。もちろん、新人を普通の仕事が出来るレベルに引き上げることは重要である。が、明日の会社を作り上げていく有能な人材を作るには、これでは不十分だろう。

 

 

さて、人材を育成するために何が必要か。私見は以下のようなものである。

 

1.の質問に対しては、「なんでも良い」である。欲を言えば、「仕事と関係あるかどうかわからないけど、本人が真剣にやれて、面白いと思うこと」を選んでもらったほうが良い。「なんで仕事と関係ないことに、会社がカネを出さなければいけないんだ」と思った方。特に育成を行わなくてもいいと思う。無理してやる必要はない。

 

だが、人間の成長、というものは、本質的に「多様性を身に付ける」ということに他ならない。他者の考えを受け入れ、新しい考え方や行動を生み出すことだ。そして、そのようなものは、機械的に「このインプットを与えれば、このようなアウトプットが出る」という形で生み出されるものではない。人間はもっと複雑だ。

カネをかけたんだから、カネを生み出せ、というのは企業の論理としては正しいが、育成の論理としては正しくない。子供に、「金を払って学校へ行かせたんだから、稼げる人間になれ」と言っているのと同じだ。人材育成は、金を稼ぐ技術を中心に据えてもうまくいかない。

とは言え、安心して欲しい。「全く関係ない事」を学習する人は極めて稀である。自分で「仕事に使えそうだ」と思わなければ「真剣にやりたい」と思わない人が多いだろう。

 

 

したがって、2.の質問に対しては、「外部からは測定が難しいので、自分で設定してもらう」というのが答えだ。人材育成の効果は定量的に測りにくい。「この人はどの程度人間として奥深いのか」が定量が難しいことと同じだ。

しかも、そのアウトプットは直接的に「稼げる」という形では出てこない。「少しいいことを言うようになった」とか、「行動が早くなった」であるとか、「信頼感が上がった」など、間接的に随所に出るだけである。

ただし、本人のやる気を継続する意味でも、「何を学んだか」は社内外問わず、発表してもらったほうが良い。測定できなくとも、その人が変わったことは周りの人は感じる。「客観的事実や数値」にこだわらなくても十分である。

 

 

3.の質問に対しての回答は、「やりたい人だけにやらせる」が自明である。

育成の結果が出るまでには時間がかかる。本人も、本当に学びたいことでなければ続けられない。従って、本人の意思が最優先である。自由時間を削っても、時間外手当が出なくても、勉強したい人がいれば、やってもらう。

 

 

そこまで言うと、「うーん、ウチにはそういう人はいないなあ、どうすればいい?」という質問を受ける。そうであれば、答えはカンタンだ。「採用のやり方」を変えるか、「事業を魅力的なものにして、良い人を集める」しかない。

 

さらに言えば、先人たちが教えるように、部下は上司の器までしか育たない。部下が「勉強したくない」というようであれば、それは上司のせいだ。

「率先垂範」という言葉があるが、まずは「自分」が真剣に勉強する。社内外に発表する。ということで見本を見せることが、もっとも人材育成の方法として優れている。「他の人に勉強して欲しければ、自分から始めるより他はない」ということなのではないだろうか。

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。