ある商社での話としておく。

 

Aは中堅社員、あるプロジェクトのリーダーを担当していたが、担当者の仕事が遅く、遅れている仕事が一つあり、これをだれに依頼するのかで悩んでいた。

まず、「契約社員のTさんに協力を頼めばいいんじゃない、得意でしょ。」という声が同僚から上がった。

 

Aは、なるほど、と思いTさんに頼んだところ、これは契約外の仕事です、とTさんから仕事を断られた。

言われてみると、なるほど、確かにそのとおりであった。彼女はエクセルなどのツール作成が担当であり、本件は契約範囲外の仕事である。

Aは仕事を断られたことが不満そうであったが、Tさんの上司に「ま、契約外のことをやらせるわけには行かないから」とたしなめられ、席に戻った。

 

それなら、ということで次に彼は自部署の後輩であるDさんに声をかけた。

「悪いんだけどさ、この仕事お願いしたいんだけど」

Dさんは彼を一瞥し、言った。

「これ、僕の担当じゃないですよ」

 

Aはイライラしていた。

「君のためでもあるからさ」

「なぜですか?」

「スキルもつくし。上司の評価も上がるよ」

「そうは思えませんね。」

「なんだその態度は、上からいわれた仕事は、黙ってやるもんだろう」

 

後輩はこともなげにいう。

「だってこれ、この前の会議で別の担当がついたじゃないですか。担当はOでしょう。」

「彼は忙しいんだ」

「僕も同じです。これをお引き受けしたら、残業しなくちゃならない」

「みんな忙しいんだ、残業くらい当たり前だろう」

「なぜ仕事を早く終わらせた僕が、仕事の遅い彼の仕事まで引き受けなくてはならないのですか?それならば、責めるべきは彼でしょう。僕を叱るのはスジが悪いと感じますが。」

「く……、お前は……。」

 

Aは困り、上司である部長のところへ行き、相談した。

「プロジェクトの一部に遅れが出ていて、カバーしたいのですが担当できる人がいません。」

「Dが比較的空いているだろう。」

「それが……Dが私の仕事ではないです、と。言ってるんです。他に適任はいないですか?」

「私の仕事ではない……?」

「はい。担当はOで、確かに彼の能力不足が原因で遅れがあります。Dは「なぜOの能力不足を自分が埋めなければならないのか」と言っていまして、「残業したくはない」と。」

「ふーむ、困ったな。まあ「命令だ」といえば簡単にカタはつくが。そんな奴をいれても遅れを取り戻せるとは限らんだろうな。」

「どうしましょう。」

「よし、私がDに直接話してみよう。」

 

部長はDさんを呼んだ。

「Aの「Oを助けてくれ」という依頼を断ったらしいな。」

「はい。私の仕事ではないので。」

「皆、チームだろう。困ったときには助け合いが必要ではないかね?」

「……お言葉ですが、助けているのは私だけです。」

「?」

「いつも、Oさんの尻拭いを私がしています。そういう時、Aは困るといつも私に仕事を投げてきます。我慢して今まではやっていましたけど、流石にどうか、と思い、先月私は「もうOの尻拭いはしません」とAにいいました。

マズいのはOに繰り返し遅れを発生させるAと、人を追加しない会社にあるのでは?もう僕は嫌になりました。ちょうどいいです。言おうと思っていたのですが、僕は来月末に辞めます。うんざりしました。」

 

こうしてDは会社をやめてしまった。

さて、この状況、一体誰が「ダメな奴」なのだろうか?

 

仕事の遅いOさん?

「自分の仕事ではない」と断り、会社をやめたDさん?

プロジェクトリーダーのAさん?

それとも部長?

はたまた、契約社員のTさん?

 

実は、この質問をすると「マネジメントへの考え方」がわかる。

みなさんはどう考えるだろうか。

 

【お知らせ】

「webライター」 「webメディアの運営者」のための勉強会をBooks&Apps主催で実施します。
今webライターのひと、メディア編集に携わるひと、これからweb系のライティングに挑戦したいひとのために、弊社webメディア運営および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。

<セミナータイトル>

私たちはライターに文字単価で発注はしない。なぜでしょう?
今、インターネットで求められているライティングとは。

<内容> <勉強会内容> 
1.今、なぜ多くの企業がオウンドメディアの運用を検討しているのか
2.企業がオウンドメディアで求めているコンテンツとは 
3.インターネットで本質的に求められている情報とは
4.webライターに求められているもの。SEO向けライティングだけではない!
5.我々が今採用するライターはこんなひと


日時:8/29(木)19時〜20時30分@渋谷ヒカリエ11F 
参加費:2,100円 ※ただし「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」の購読者は無料。
定員:20名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/8/23更新)

 

Books&Appsで広報活動しませんか?

 

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Inhabitat)