ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かかつて自分は研修講師をしていた。年間100回以上。その「何かを講師として人に伝える」というのは非常に有意義な体験だったが、それとともに「教える」ことの難しさも学んだ。

私が行っていた講義は大体が2時間から3時間、長いものでも5日間程度のカリキュラムのもの。それほどボリュームがあるわけでもない。そして講義を受けている人々は100%社会人であった。そして、講義の後には必ず「アンケートを取る」といったことをしていた。

 

大抵の方はいわゆる「満足した」という回答をする。

そして、一部の人は「ものすごく役に立った」あるいは、「全く役立たずだった」という回答をする。そして、我々はそういった「役立たずだった」というアンケートの結果を受け、講義やテキストを改良してゆく。

そして、そういった不満の大半は、「講義がわかりにくい」というものではなく、「もう知っていることだった」というものだった。

 

たしかに「知っていること」について講義をされても、「今さら」ということで講義はつまらないものになるだろう。それは納得である。

しかし、面白いのは追跡調査の結果だ。

私は担当顧客の許可を得て、「もう知っていることだった」とアンケートに回答した方にインタビューを行い、「知っていることを実践しているか」を聞いた。すると驚いたことに大半の方が、「知っているけど、実践はしていない」と回答したのだ。

 

なるほど。

これは問題である、ということで、さらに顧客へインタビューを行うと、更に面白いことがわかった。アンケートに「満足」と回答した人ですら、

「講義で聞いた内容を実践しているか?」

という質問に対して、「実践している」と回答した人は2割程度しか存在しなかったのである。

 

 

「ノウハウ」を聞いて満足しても、「実践」はしない。したがって、私が行っていたセミナーは、「単なるエンターテインメント」として捉えられていた、ということである。

 

「ザ・ゴール」という有名な本がある。「制約条件の理論」という有名な経営理論をわかりやすく物語調で解説した本だ。(物語としてはとても面白い、オススメである)

著者はイスラエルの物理学者であり、コンサルタントでもある「エリヤフ・ゴールドラット」である。

この本は約250万部も世界中で売れ、多くのビジネスマンに読まれたという。しかし、ゴールドラットは後の本の「あとがき」でこのような趣旨のことを述べている。

 

「ザ・ゴール」を読んだ殆どの人達が、私のメッセージに共感し、それを「常識(コモンセンス)」とも呼びながら、しかしそれを現場には導入しなかったのだ。

 

つまり、これほど読まれた、わかり易い内容の本であっても「実践する」ということはまた別次元の話だということだ。

彼の分析では理由は3つあった。

1.「ザ・ゴール」のメッセージを社内全体に広く伝えることができない

2.「ザ・ゴール」で学んだことを、現場での実際の作業にどう置き換えたらいいのかわからない

3.評価基準の変更を容認するよう意思決定者を説得できない。

 

ゴールドラット氏の苦労が忍ばれる。

さて、ゴールドラット氏は以上のような原因をあげたが、私個人としてはもっと深い所に原因があると思う。それは、セミナーで紹介したことが「ものすごくカンタンで」「個人レベルでも実行できる」ことであっても、同じように実践されないからだ。それも、「セミナーで不満」という人ではなく、大半が「満足」という中でである。

 

ここから、私はひとつの知見を得た。

「大半の人間は、変化を嫌う」

それも、一般的にそう思われているよりも遥かに変化を嫌う。しかし、それだけではない。ノウハウを実践した人々が、それを「実践しようと思ったきっかけ」を調べると、面白いことがわかった。

きっかけは、上司の命令でもなく、同僚のススメでもない。理由は

「今までやっていたことの延長だったから」

というものであった。

 

大変面白い。すなわち、ガラケーからスマートフォンへの移行も、生活習慣の変更も、あるアプリを使うかどうかも、何を食べるかも、結局は「今と少しだけ違う」ことしか、殆どの人はやろうとしないということだ。

「実行するかどうか」は、「論理の正しさ」によって実行されるのではない。「過去にやっていたこと」によって実行されるのだ。

 

 

ここからわかるように、「ノウハウを学ぶ」ということと、それを「実践する」ということは天と地ほどの開きがある。おそらく、コンサルタントが「口だけ」と揶揄されるのはこういった所に原因があるのだろう。「ビジネス書」や「自己啓発」などが役に立たないと言われるのも、同じようなことが原因であると思う。

人の行動を変えようとしてはいけない。変えようとするのではなく、ちょっとだけ付加するのだ。それがさらにうまくいくように。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。