相変わらずこの時期になっても新卒の採用面接が続いている。

採用難と言われる時代ではあるが、地方にはまだまだ東京での職を熱心に探している学生の方も多く、appear.inなどのビデオチャットツールを使ってwebを通じての面接がかなり多くなった。

時代の流れだなあ、と思う。

 

その潮流の延長なのだろうか、webで面接をしていると、学生の方から社内の雰囲気を知りたい、という要望をもらうことが多くなった。

 

実際に自分が働くかも知れない会社の様子を知りたい、というのは当然ではである。

何を持って「社内の雰囲気」というのかについては、議論があるだろうが、そのような要望を受けた場合、カメラ越しにサイトツアーを行い、働く場所や、社員たちの様子を見せて回る事が多い。

 

そのときである。

特に今年は多いと感じるのだが、社員たちの様子を見た、少なからぬ学生の方から「私服は禁止なんですか?」と質問されるようになった。

しかも、1社だけではなく、複数の会社でだ。

 

私服でOKの会社もずいぶんと増えたが、まだ世の中はスーツを着て働いている会社の方が多い。

ある会社で、「面接官が「うちはスーツなんです。」というと、学生は何も言わなかったが、明らかに落胆の様子を見せた。

また、会社がぜひとも採用したいと思っていた、優秀な学生の一人は「スーツでない会社で働きたいと思ってます」とはっきりといい、辞退されてしまう、というシーンもあった。

 

そして、この傾向はレベルの高い学生ほど顕著になっているとも感じる。

 

 

最近、スーツを着る人は明らかに減ってきている。

 

事実、青山商事、AOKIホールディングス、コナカの紳士服大手3社の業績が11月に3社が発表した直近の決算は、3社とも減収、最終赤字だった。

スーツ大手3社が赤字転落で壊滅状態に…AOKI、漫画喫茶などカフェ事業拡大で生き残り図る

青山商事、AOKIホールディングス、コナカの紳士服大手3社の業績が深刻だ。決算期間が異なるが、11月に3社が発表した直近の決算は、3社とも減収、最終赤字だった。

個人的な体験では、つい先日、私が地下鉄の駅で見かけたダーバンのディスプレイ広告が、スーツの売上減少を示している。

服装規定を緩めていく会社が増えたためだろう。

日本企業でも最近ではIT系のスタートアップやアパレルを中心に、服装は自由、という会社も多い。

 

また、欧米の外資系では積極的に服装規定の緩和を図っているようだ。

「カタい」イメージのある、製造業や金融業でも、緩和が進んでいる。

例えば、コカ・コーラボトラーズジャパン。

ジーンズなどカジュアル服でも勤務OK コカ・コーラ

 コカ・コーラボトラーズジャパンは4月から、ジーンズやスニーカーなどカジュアルな服装を認める新たな服装規定を導入した。同社の従業員は約1万7千人。

ただ、工場勤務で制服を着用する人や、営業職でスーツを着る人は従来通りの服装で仕事をするため、カジュアルな服装で勤務するのは本社の事務部門などの約3700人となりそうだ。

あるいは、ゴールドマン・サックス。

ゴールドマンがドレスコード緩める、職場でより自由な服装を容認

ウォール街の伝統的ファッションの牙城ともいえるゴールドマン・サックス・グループが、ドレスコード(服装規定)を緩める方針を行員らに伝えた。

 

米国では5割を超える企業がカジュアルOKとの報道もなされている。

その理由は「人材確保」だ。

スーツ姿のビジネスマンが「時代遅れ」になる日

今の時代にはカジュアルな雰囲気を出す必要があると、ゴールドマン・サックスの上層部が感じたということだろう。そうしなければ、GoogleやFacebookなどに優秀な人材を奪われてしまいかねないからだ。

そうだ。

スーツへの批判はこれまでも

「スーツは窮屈」

「肩がこる」

「暑い」

「非生産的」

など、様々な意見があったが、最近はもう少し深刻だ。

それは、「服装が、社会的な階層や、会社のカルチャーを表す」という観点だ。

 

つまり「オールドエコノミーの、画一的で、大企業病の香りがする」のが、スーツ姿なのだ。

彼らは「社畜」であり、社会的な階層も昔ほど高くない。

 

もっともいま、社会的な階層が高いのは、GAFAなどに代表される、ニューエコノミーの「私服のスペシャリストたち」である。

 

 

いまからは考えられないが、実はかつて、「スーツを着て働くこと」は憧れのことだった。

 

まだ肉体労働者、つまりブルーカラーが会社員の多くを占めていた頃、「スーツを着て働く」ことは、高収入と、高い社会階層を表す一種の象徴であった。

いまでも、そのような感覚を持っている人もいる。

若い時はスーツを着たかっこいい服装の仕事に憧れたけど

スーツ着ない仕事してるやつwwwwwww

 

職業に貴賎はない。

が、ブルーカラーの労働者は、より高収入で、知的で、社会的地位の高いホワイトカラーに憧れ、「スーツを着る仕事に付きたい」と願ったのだ。

 

翻って現代。

もはや「ホワイトカラー」へのあこがれは、「超優秀層」の人々には存在しない。

むしろ、事務や営業職に代表される、ホワイトカラーは「やりたくない仕事」のひとつなのだ。

 

例えばGoogleのエピソードは、その価値観の転換を如実に示している。

僕の面接に立ち会ったのは、エンジニアリングのトップにいた人でした。無造作な長髪に、古くさいTシャツ、大きめの眼鏡に、伸ばし放題のヒゲ。

僕がそれまで一方的に見下していたタイプそのままの格好でした。

 

しかし、会話を始めた瞬間に印象が変わりました。なぜなら、エンジニアなのに、人材育成について非常に鋭く、核心を突いた質問を矢継ぎ早にしてきたからです。

そのときから、スーツを着るかどうかなど、どうでもよくなりました。同時に、自分がどれだけ偏見を持っていたのかも理解しました。そして、「この会社なら何か面白い仕事ができるかもしれない!」と直感しました。

 

グーグルのドレスコードは、Wearsomething。要するに何か着ていれば、裸でなければ何でもいいということ。

グーグルの社員は皆、「スーツよりも、Tシャツのほうが格好いい」という価値観を持っています。

僕もグーグルに入社してから、着たい服を着たいように着る、と心に決めました。

 

すでにシリコンバレーでは、スーツを着ている人たちがモテなくなっています。フェイスブックやグーグルの経営者をはじめ、今伸びているスタートアップで働く人は、純粋に仕事の結果だけで勝負をします。

彼らが求めているのは「ゼロから新しい価値を生み出すこと」。そこに着るものは関係ないという考えです。

外見で人や仕事を判断していた時代が終わり、「私たちはどのように働き、生きるのか」という大きな視点で見ても変化が必要な時代に入っているのです。

スーツが「オールドエコノミーの象徴」に成り下がってしまったこと。

これが機を見るに敏な学生の「スーツは嫌だ」という発言につながっているのだろう。

 

もちろん、スーツはスーツの良さがある。

私も娘の七五三や入学式にはスーツを着た。

スーツそのもののデザインはかっこいいし、楽に自分の姿を幾分マシにしてくれる。

だから、「スーツは悪」とか「スーツのせいで非生産的になる」等と言った言説には、私は同意しかねる。

スーツそのものが悪いのではないのだ。

 

悪いのは、「スーツを着なければならない」という、お仕着せのルールと、それを追認する、オールドエコノミーのカルチャーである。

ニューエコノミーの私服を着る人々は、スーツそのものを嫌っているのではなく、「服装ごとき、会社が指図するな。」という話なのだ。

 

裏を返せば、「そんなことは自己責任でやるわ」が、現在資本と人材が集結するニューエコノミーの本質なのだ。

成果を出せば、何も問われない、ということの表れが、服装自由、なのである。

 

だから、最優秀層は、スーツを来たがらない。

彼らは会社に指図されることを好まないし、実際、会社が指図しないほうが結果を出す。

だから、最優秀層の人材獲得においては、「服装自由」が大きな意味を持つのである。

 

 

かつて、ホワイトカラーのスーツが憧れの的だったように、今は服装自由のニューエコノミーが憧れの的となる。

 

ついに、スーツを着て働くのが「かっこ悪い」と思われる時代になったのだ。

それは、表面上の「服装」という話ではない。

経済の中心となる考え方や、権力が大きくシフトした、という事実を如実に反映しているのである。

 

 

Twitterアカウント▶安達裕哉(一緒にやりましょう。)

Eightアカウント(本記事の読者の方であれば、どなたでも、名刺交換リクエストを受け入れます。)

 

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

 

【著者プロフィール】

Twitterアカウント▶

安達裕哉(ぜひ!一緒にやりましょう!)

◯安達裕哉Facebookアカウント (安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をフォローしたい方に)

◯ブログが本になりました。

(Photo:ZITTO & GUARDA