会議などで上司から「どう思う?」と急に意見を求められて、焦ったことがある方は、少なくないのではないでしょうか。

ヘタなことは言えないし、何か言っても「つまんねえ答えだな」と思われてしまうと、いろいろと損をしかねない。

 

しかし、逆に考えればここでうまく答えることができれば、アピールになるわけですから、それなりに注意を要するコミュニケーションです。

では「どう思う?」と急に話を振られたときに、どのように答えるべきしょうか。

 

私が教わった「急に話を振られたとき」の対応

実は「急に話を振られた時の対応」は、内容が大事だというより、回答のしかたにコツがあります。

というのも、コンサルティング会社では、客先に出されるとき、最初に教わることの一つなのです。

 

私はこう教わりました。

1.すぐに答えようとするな

2.書くなどして考えるための時間を稼げ

3.質問を正確に把握するため、逆に質問せよ

4.「クッション言葉」をつかえ

5.安易に迎合するな

 

では、詳しく述べます。

 

1.すぐに答えようとするな

急に質問されたときには、反射的に答えたくなるのですが、一端グッとこらえなさい、と私は言われました。
というのも、現実には「早く答えたほうが良いシーン」は少ないからです。

「回答までの時間も評価のうち」というケースは面接やプレゼンの場だけです。

 

焦って答えても、大して実のあることは言えません。

通常のビジネスシーンでは多少時間をかけても質の高い回答を心掛けたほうが、結果的にはそれを受け止める側の印象は良いです。

 

また、すぐに回答できる場合でも、多少「考えるふり」をしたほうが、相手にとっての印象がプラスとなります。

 

2.考えるための時間を稼げ

ただしいくら「沈黙せよ」と言われても、何もしなければ固まってしまったと思われてしまいます。

そこで、「時間稼ぎ」をしてください。

きちんと思考をまとめるには、誰でも一定の時間が必要です。

 

この場合、

「ちょっと考える時間をいただいていいですか?」と正直に言う

ケースと、

「もう一度よろしいですか?」と言って、質問を何かに書き留める

2つの方法の時間稼ぎが存在します。

 

ある程度関係ができている場合には、①のように正直に「時間が必要です」と述べるのは、特に悪いことではありません。

また、他にも人がいれば、「では考えている間に、◯◯さんはどう?」と、べつの人に話が振られる時もありますから、そこでじっくり考えることができます。

 

あまり関係ができてない場合、あるいは自分が講師役などの場合は、②のように書き留めながら時間稼ぎをするほうがベターです。

できれば、ホワイトボードなどを引っ張て来て、そこに書き留めると、さらに時間稼ぎができます。

 

3.逆に質問する

次に「逆に質問する」ことが有効です。

口頭での質問は、たいてい、あいまいだったり、わかりにくかったりするからです。

 

例えば、「今の案についてコメントありますか?」と聞かれたとしましょう。

コメント、と言われても、実は何を聞かれているのかよくわかりませんから、聞き返すのが正しい反応です。

 

例えば

「それは、賛成か、反対かと言う話でしょうか?」

「個人的な好き嫌いと言う視点でしょうか、それとも目標に対してどうか、という話でしょうか?」

「アイデアの良し悪しと言う観点でしょうか、実現可能性と言う観点でコメントしたほうが良いでしょうか?」

など、上司が何を聞きたいのかを探ることが大事です。

 

なお質問をしっかりとすることも、相手にとってはプラスの印象となることが多いようです。

的外れな回答にならないためにも、適当な受け答えは辞めましょう。

 

どうしても困ったときには「んー……、難しいですね。他の人の意見を参考にしても良いですか」と正直に言うのも手です。

正直さは、その場の雰囲気を和らげますので、上司としても「じゃ、◯◯さん」と、べつの人に振りなおすことが多いです。

 

4.「クッション言葉」をつかえ

クッション言葉、と言うとあまり聞いたことがないかもしれません。

具体的には、

「私見ですが~」

「間違っているかもしれませんが~」

「外していたら申し訳ないのですが~」

「勘違いしているかもしれませんが~」

など、意見の前において、「強い口調」を和らげる効果のある言葉です。

 

日本人は一般的に、「自信がありそう」な人を信用がおけると思う一方で、反感を覚えるケースも多く、意見を述べる際には、その態度に注意が必要です。

そこで、「はっきりと言いきり」つつ、さらに「反感を和らげる」ために、クッション言葉を置いて、いいとこどりをするのです。

 

特に、クライアントや上司は、「偉そうなコンサルタント/部下」を好まない人がほとんどです。

気さくに話していい上司であっても、クッション言葉を使っておけば、まず間違いはありません。

 

5.安易に迎合するな

そして、最後に最も重要な項目ですが、クッション言葉をつかって、言葉を柔らかくしつつも「安易に迎合しない」ことが肝心です。

「◯◯さんと同じ意見です」

「おっしゃる通りだと思います」

「さっき言われていたことと似ていますが~」

などの回答は、無難ではありますが、「わざわざあなたに意見を振ってきた上司」の意図を満たすものではありません

 

わざわざ聞いてきたという事は、わずかであっても、何かしらの気づきが欲しいのが上司です。

安易に迎合すると、逆に「こいつに聞いても無駄」と思われてしまいますので、なんとか時間を稼いで、他の人の意見も聞きながら、独自の見解をひねり出しましょう。

 

 

以上が、会議などで突然話を振られたときに、うまく回答するコツです。

これらは、頭の良さと言うよりは、場数でかなり改善することができます。

 

くれぐれも、上司が「なるほど」と思う回答に近づくには、「その場の雰囲気で、安易に回答すること」だけは、避けましょう。

それは、簡単に見透かされてしまいますから。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業内でプロモーションもしくはPR・広告代理店等でプロモーション企画を提案する立場の方向けに弊社サービスBooks&AppsのPR記事の詳しい説明会実施のお知らせです。
<2022年12月6日実施セミナー>

プロモーション施策がマンネリ化していませんか?プレスリリースと同時に発信できるPR記事を制作します


<内容>
・なぜコンテンツが必要か?
・web上で読まれるコンテンツとは?
・宣伝ではないコンテンツの重要性
・Books&AppsPR記事成功事例
・Q&A(30分)


日時:2022年12月06日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/11/25更新)

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書)

 

Priscilla Du Preez