Untitled

折立連絡所(1356m) – 太郎平(2327m) – 薬師沢(1912m) – 雲の平(2552m) – 高天原温泉(2126m) – 雲ノ平(2552m) – 三俣山荘(2545m) – 双六小屋(2547m) – 鏡平山荘(2281m) – わさび平小屋(1403m) – 新穂高ロープウェイ駅(1104m)  ※カッコ内は標高(地理院地図より)

この行程約50kmを3泊4日で走破します。

(part1からの続き)

最初の壁。

どうやって折立という場所まで行くのか?

登り口へは基本的には電車で行きます。

なぜ車で行かないのか?縦走なので山登ると、降りてくる場所が違うからです。(戻ってきたらそれは周走というべきか?)

なのでわざわざ6時間かけて電車で富山までいきます。(東京から実家に帰ると6時間 ちょう度オレの1KT(帰省タイム))

R0010162

成増を朝4時半に起きて出発です。(左たっかん右オレ)

たっかんは、宮崎から飛行機で前の日の夜中(つまり数時間前)に東京にきました。ご苦労様です。

IMG_4205 IMG_4204 R0010170

寝てると勝手に日本海にただり着きます。それが電車のいいとこ。

R0010171 R0010174 R0010181

富山駅からさらにこのローカル電車に乗り継ぎます。富山地鉄立山線って電車らしいです。

R0010188 R0010189

R0010191 R0010192

有峰口駅という超ローカルな駅に降り立ちました。鉄ちんが喜びそうな駅ですが、まわりの登山客(登山客しか降りなかった)は誰も気にしてません。

たぶん、山のことで頭が一杯なんでしょう。

R0010190

そして、なんとタイミングよくバスが来ます。

っていうか実は登山客(オレたちみたいな)のために定期バスが運行されてます。

たっかんの用意周到な準備によると、東京を朝イチに出れば、このバスに間に合うことがわかっていたのでした。

スクリーンショット 2014-08-22 10.26.23

R0010196 R0010208

風の谷のナウシカな谷をバスに乗っていよいよ登山口へと行きます。途中に有峰湖(ダム)があります。

R0010209

途中にクマの親子がいました。

IMG_4208

バスで谷を切り裂くようにすすみ約1時間、終点につきました。標高1356mのバス停折立です。

自宅を出てから約8時間、午後1時です。さあ、ここから登ります。

(part3へ続く)

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。