Untitled

折立連絡所(1356m) – 太郎平(2327m) – 薬師沢(1912m) – 雲の平(2552m) – 高天原温泉(2126m) – 雲ノ平(2552m) – 三俣山荘(2545m) – 双六小屋(2547m) – 鏡平山荘(2281m) – わさび平小屋(1403m) – 新穂高ロープウェイ駅(1104m)  ※カッコ内は標高(地理院地図より)

でも、まあ土砂降りの中写真撮り続けてたらカメラ(新品)の調子も悪くなってきてたし、何よりも急がないと帰れなくなるし、

ってことで、たっかんの男のロマンには勝てないと、その時悟ったのでした。

part8からの続き)

とは言っても、やっぱり意地でも写真撮ります。

R0010515

弓折岳分岐。ここから鏡平山荘へ。

R0010518 R0010519

鏡平山荘。ここは標高2200mのこの場所から、この山荘の正面に槍が岳が見え、池には逆さ槍が岳が映るらしいです。まあ、今回は見える訳がないのですが。

R0010520

鏡平山荘でちょっと休憩

R0010522 R0010523

最後の出発。

双六穂高ロープウェイ

ここからは休憩なしで高橋メソッド降下法(通称TMK)で一気に下ります。

 

たっかんが開発した(とオレが勝手に思っている)TMKのことを説明すると、

世界有数の降りスピードを誇ると言っても、大げさじゃないです。

なぜかって?

まず、世界中にアメフト本気でやってる人がどんだけ山登りますか?

山登りって、陸上競技で言うと、長距離走みたいなもん。だから、強い筋力よりも、持続できる筋力が必要とされてる。

でも、アメフトって持続できる筋力よりも、強い筋力を必要とする。つまり瞬発力を必要とされている。

たっかんは、未だアメフトをやっていて、普段山登りをしている人とは全く違う筋力を鍛えてるわけなのですが、

山登りは、いかに効率的に筋力を使うかってことに尽力するので、瞬発力よりも持続できる筋力を必要とされていて

ほとんどの山登りのスペシャリストたちは、持久的筋力を鍛えてるでしょう。無駄な筋肉はつけたくないと思っているので、筋トレを本気でやったりしないでしょう。

なので、アメフトで使うような瞬発系の筋力を鍛えている人は稀なのです。

で、この種類の筋力が登山のどこで発揮されるかって言うと、それが降る時なのです。

降るっていうよりも、飛び降りるに近いです。

たっかんは、山を下るときに一歩一歩飛び降りるように下ります。

全宇宙に住むどんな生命体でも無条件に平等につかえるエネルギー源である重力を使って降りていきます。人間視点で言うと、地球に力借りて降りてるってことです。俗界で言うスーパーエコエネルギー(いくら使っても全く減らないし副産物もでない)です。

筋力が強いんで、重い荷物背負っていても飛び降りた時に重力で加速した分の衝撃を自然に受け止めることができるみたいです。

でも、それだとガレ場(岩がごろごろして足場が安定してない)で、足挫かないか?

アウトドアで走るスポーツをしている人は、足の先で地面を掴むように走るので足の握力が強いです。山降りる時も着地の瞬間に足の先で地面を掴むように歩くので、それが足首の安定に繋がるみたいで、ほとんど挫きません。っていうか挫くとか考えたことないらしいです。

そんなTMKで私も降ります。

R0010524 R0010525 R0010527 R0010529

土砂降りの中、登山道が川になってます。

R0010530 R0010532 R0010531 R0010533

ある意味激流下りです。なんとか写真撮りました。他の場所は降りることに必死で全く撮りませんでした。

 

自分はアメフトやったり、筋トレやったりしてるわけではないんで、

毎回毎回この最後のTMKで、オレだけ足ねん挫したり、オレだけ転んだり、オレだけ足のマメが破れたり、と散々です。

ちなみに今回もオレだけ足首を5回も挫きました。(ブログに絶対書いてやろうと思って数えていた。)

たっかんの足が2012年プレイオフ地区チャンピオンシップ第1戦のジーターみたいになればいいのにって恨みながら降りました。

よい子はマネしないでください。めちゃくちゃよい子(オレはジーターみたいになりたいたいと思うヤツ)だけマネしてください。

IMG_4210

という訳で、最後は鏡平山荘から4時間の行程を2時間で下り、14時半には新穂高ロープウェイ乗り場に着きました。

おかげで余裕でバスに間に合いました。

平湯で温泉入ることもできたし、高山までバスで降りていくこともできた。

IMG_4211

高山で一泊して、

IMG_4212 IMG_4216 IMG_4215 IMG_4214

翌日ちょっと観光して、新宿直通バス乗って帰りました。

 

そういえば、今回一度も頂上に登らなかった…

重い荷物背負って急登して、6時間歩いて温泉行って、尾根で土砂降り浴びて、TMKで足挫いて転んで

でも、これがオレのディズニーランド。

“The journy is the reward(旅こそが報い)”  said by Jobs.

旅は行き先に目的があるのではなく、その行程にこそ目的(報い)がある。

 

たっかんいつもサンクスサンクスサンクス。また、お願いします。

(了)

今日はジョブズの命日だった…サンクススティーブ。お前はオレの中で生きてるよ。 

 

【お知らせ】
企業のサイト運営によるweb集客にお困りの方向けのセミナーのご案内です。
ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
広報部だけでなく経営幹部、経営/営業企画部の方こそ聞いて欲しいコーポレートサイト運営に関わる全ての人に役に立つBooks&Apps主催オンラインセミナーです。
<2021年8月24日実施セミナー>

成果の出るオウンドメディアはこの39のタスクをこなす必要があります。あなたはできていますか?

<内容>
1.なぜコンテンツマーケティングをやる必要があるのか
2.コンテンツマーケティングの肝はマネジメントである
3.成果の出るコンテンツ制作に必要な7つのステップ
4.コンテンツマーケティング3つの異なるスキル
5.オウンドメディア運営39のタスク
6.成果の出るオウンドメディ運営とは


日時:2021年8月24日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2021/08/4更新)