私に仕事を教えてくれた方の一人に、とにかく「知らないふり」をする人がいた。

 

彼はマーケティングの専門家であった。

どれくらい知識を持っていたかといえば、マーケティングに関して本を書き、お客さんへ具体的なアドバイスができ、講演もこなすといった具合だ。

 

しかし、である。彼がプロである「マーケティング」の領域について、彼はほとんど常に「知らないふり」をした。近くで見ている私は、いつも「何を白々しい……」と思った。

 

だが、面白いことに彼はほとんど常に、相手の信頼を獲得した。

例えばある会社のマーケティング責任者との会話は、次のような感じだった。

 

 

「マーケティングに詳しいとお聞きして、ぜひ一度ご相談したいと思ったのですが」

「ありがとうございます。」

「先日プレスリリースを出し、webサイトも用意したのですが、これがサッパリ反響がなくて。webから少し問い合わせがあったくらいです」

「ほうほう、反響がなかった」

「かなり練ったんですが」

「私も不勉強で申し訳ないのですが、この「3つの特長」という部分は、やっぱり貴社の売りの部分なんですかね?」

「そうです、そうです。強調したんですよ。」

「んー、なるほどー。なるほどー。難しいですね…。」

「何か気になる点はありましたか?」

「いや、見当もつきません。差し支えなければ、お考えの原因などを教えていただけないでしょうかね?」

 

 

私は「マーケティングに詳しい」といって彼をお客さんに紹介しているので、ハラハラしっぱなしである。「見当もつかない」などと言われたら私の立場がない。

経験的には彼はどこがマズかったのか、ひと目でわかっているはずである。

 

だが、彼は何も言わず、お客さんは彼の言うとおりに考えていることを伝える。

 

 

「あ、はい。今、社内で原因と見られているのが、差別化の失敗です。競合のページがこれなのですが。」

「ふーむ。この部分もわからないのですが、どのような意図ですか?」

「これは、問い合わせへの導線をはっきりさせようという意図です。」

「ほうほう……これは?……あとリリースの配信先は…?、それと事前に記者たちにどんな話を……?」

「あ……、ここは……、んー?私もちょっとわからないですね……。おーい、ちょっと担当者呼んできてくれ」

 

そして、担当者が呼ばれた。

 

「ここは、どういう意図ですか?」

「ここはあまりレビューしてないですね。」

「なるほど、教えていただきたいのですが、さきほどお聞きした話と、ちょっと食い違っていないかと……。ここです。」

「ああ、そうですね。」

「あと、差し支えなければ、このランディングページに関する皆さんの考え方を、教えていただけないですかね、いや、本当に勉強になります。

「もちろんです。」

 

担当者と上司が二人で熱心に話している。

だが、彼はほとんど何も言わない。たまに質問を投げかけるくらいだ。

30分ほど彼らは話し合い、最後にこっちに言った。

 

「貴重なアドバイスを、ありがとうございます」

「いえいえ。じゃ、これで。」

 

 

−−−−−−−−−−−

 

 

私は彼に言った。

「ちょっと、お客さんに何もアドバイスしてないじゃないですか。リリースを見た瞬間に、どこが悪いか分かったんじゃないですか?」

「ちゃんとアドバイスしたさ。」

「……?」

「キミはアドバイスを、「知識をひけらかすこと」と思ってないか?そんなものは、誰も聞いちゃくれない。」

「は、はい…。」

「自分より物知りな人と会えて、嬉しい……そんなわけないよ。みんな、自分の知ってることを喋りたい、知識を示したい。そうだろう?」

「ま、まあ。」

「そうなんだよ。だから知識を無駄に見せない。すこし疑問を投げかけるだけでいいんだ。知っていることを話すことよりも、知らないふりをしたほうが良いんだよ。」

「でも……」

「でも?」

「相手が「なんにも知らない人だ」って思ってしまったらまずくないですか?」

「今日はそうなった?」

「いえ。」

「だろう。知らないふりをして困ることなんか一切ない。知ったかぶりよりも知らないふり。知っていても簡単に話さない。これが対人系の仕事の鉄則なんだよ。」

 

私はそこで初めて「知っている」と「知っていることを聞いてもらえる」の溝の深さについて、教えられたのだった。

 

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、安達の最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・Books&Appsフェイスブックページ https://www.facebook.com/BooksApps/(いいね!してただくと、安達以外の記事を購読できます)

・ブログが本になりました。

 

 

【お知らせ】

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

 

 

(Bailey Weaver)