先日タイムラインで、こんなツイートを見かけた。

1万に迫るいいねがついているあたり、いかに多くの人が共感したのかがわかる。

かくいうわたしも、そのひとりだ。

それに対するけんすうさんのツイートもまた、多くの人の共感を集めた。

 

けんすうさんが指摘しているように、「まわりが察することで面倒な人が増長してさらに扱いづらくなる」というのは、結構あるあるだ。

「面倒な人とうまく付き合っていこう」とその人に合わせてしまうのは、長期的に見ると、実は『悪手』だったりする。

 

マネージャーに無視されるようになった理由

昔働いていた家具屋で、いままであまり関わりがなかった人が、配置転換でわたしの担当エリアのマネージャーになったことがあった。

最初はうまくいっていたのだが、ある日、挨拶をしても無視されてしまう。

「嫌われてるのかなぁ」と古参の人たちにこぼしたところ、「あの人はすごい気分屋だから、イライラしてるときは近づかないほうがいいよ」という忠告をもらった。

 

それを聞いたわたしは、「えぇ、なにそれ」とドン引き。

そんなのどうでもよくない?

機嫌が良かろうが悪かろうが、やるべきことは同じじゃん。心配して損したよ。

 

というわけで、

「マネージャーの機嫌が悪いから、それ後にしたほうがいいよ」

「今日は機嫌いいから、あの件を話すなら今がいいかも」

なんてアドバイスされても、わたしは気にせずにふつうに接していた。

 

で、ある日クレーム対応をお願いしたら、「俺がいま機嫌悪いのわかるだろ? イライラするような仕事もってくるなよ!」と怒られてしまったのだ。

カチーンときて、「じゃあわたしもいま機嫌が悪いのでこの仕事放置しますね」と言ったところ、マネージャーに決定的に嫌われてしまい、以降は無視されることが多くなった。

 

わたしとマネージャーともうひとりの3人きりのミーティングですら、マネージャーはもうひとりのほうに身体を向けて話し、わたしのことを完全に無視。

「それならば」とわたしもマネージャーに挨拶するのをやめたら、「挨拶すらできないのか。目上の人に対してなんて態度だ」
と言ってくる。

 

改めて書くと「自分も若かったなぁ……」と苦笑してしまう一件なのだが、そもそもなぜ、こんな人がマネージャーをやっているんだろう?という疑問が浮かぶ。

失礼な物言いではあるけど、ずっとこの調子でやってきたのであれば、とっくにいなくなってるべきだよね……。

いままでどうやって仕事してきたの?

 

まわりが「面倒くさい人に合わせてうまくやろう」と察した結果……

そこで思うのは、「まわりが察して彼に合わせるから彼はそのままでいられる」という、『最高の環境』の存在だ。

マネージャーを含め多くの人が長く働いている場所だから、みんなマネージャーの性格を把握していて、彼の機嫌をうかがいつつ距離を保って付き合っていた。

不機嫌なら近寄らないし、機嫌がよければ相談やお願いをする、という具合に。

 

つまりマネージャーからすれば、機嫌を表に出せば出すほどまわりが察して行動してくれるから、どんどん快適になるわけだ。

「挨拶を無視すれば自分が不機嫌なことが伝わり、みんなそっとしておいてくれる」

と学んだら、そりゃ当然、不機嫌なときに挨拶を無視するようになるよね。

 

そうやってまわりが察し続けた結果、親子ほども年の差がある大学生バイトのわたしに対し、「俺の機嫌をうかがって仕事をしろ」なんて言うような、扱いづらい人になってしまったのだろう。

もともと面倒くさい人だったのだろうけど、増長させたのは、「この人は面倒くさいからうまいこと付き合っていこう」と接してきた、まわりの人じゃないかと思う。

 

自分に有利な必勝法を知れば、だれだってそれを使う

そんなことを考えていたところで、ふと、小学校のクラスメートだったアキコちゃん(仮)を思い出した。

アキコちゃんはおっとりした優しい子なんだけど、いかんせんすぐに泣く。

本当に、すぐに、目を離すとなにかしらの理由で泣く。まーじですぐ泣く。

 

20年も前だから詳しくは覚えていないけど、ちょっとした反論や意見のすれ違いで泣き、やりたいことができないと泣き、うまくいかないと泣く。

たいていの人は、「泣いている子が被害者」だと思うよね。

まわりのクラスメイトしかり、先生しかり、「だれがアキコちゃんを泣かせたの?」と聞くわけ。

 

だからアキコちゃんはつねに「傷ついた側」であり、「謝られる側」だった。

で、わたしは気づいてしまったのよ。

「アキコちゃん、泣くの我慢してないんじゃないかな?」って。

 

最初は「我慢したいのにすぐ泣いちゃう」って感じで、泣き虫の自分に後ろめたさがあるみたいだった。

でもだんだん、「ほらわたし泣いてるでしょ? あっちが悪いよね?」っていう感じになっていってたんだ。

 

先生もアキコちゃんの涙腺の脆さは承知していたはずだけど、泣いている小学生の女の子に対して「自業自得でしょ」と言うより、相手に謝らせたほうが楽。

だから「アキコちゃんが泣いてるから謝りましょう」と、手っ取り早い解決法を提案する。

 

そしてアキコちゃんは、悟ってしまった。

「泣けば泣くほど自分に有利になっていく」という状況を。

自分が泣けば無条件で勝利という、必勝法を。

 

そのせいで、アキコちゃんはどんどん『扱いづらい子』になってしまった。

もともとは「泣き虫な子」ってだけだったけど、まわりの接し方のせいで、「泣かせないように気をつけないといけない子」になったのだ。

 

面倒な人へは「取り合わないけど腫れ物扱いしない」が最適解

人間関係のいざこざなんて可能なかぎり避けたいから、地雷っぽい人と距離を取るのは当然だ。

「この人はこういう人ね、はいはいわかりました」と察してうまいこと動いたほうが、ストレスが少ないもんね。

でもそうやってまわりが合わると、面倒な人はどんどん扱いづらくなっていく。

よりあからさまに態度に出して、自分にとって快適な環境にしようとする。

 

それは、長期的に見ると『悪手』だと思うのだ。

まわりはずーっと振り回され続けるし、しかもそれは悪くなる一方だし。

で、「じゃあどうすべきか?」というところで、もう一度冒頭のツイートを紹介したい。

 

この、「取り合わないけど腫れ物扱いしない」というのは、面倒な人への正しい対処法だと思う。

わたしが家具屋のマネージャーにしたように、正面からぶつかってもケンカになるだけ。

ちゃんと向き合うと消耗するし、相手がこっちに合わせてくれることもない。

 

かといって先生がアキコちゃんにしたように、その場しのぎでその人に合わせてしまうのもよくない。

その人が増長してより面倒になるだけ。

だから、「取り合わないけど腫れ物扱いしない」が最適解なのだ。

 

マネージャーが不機嫌でも、気にせずいつもどおり接する。

八つ当たりされたら、「そうですか。でもすみませんけどこれお願いしまーす」とさっと引く。

 

アキコちゃんが泣いても、他の人たちと同じように両方の言い分を聞いてから対処する。

被害者アピールされたら、「傷ついたのはどっちも同じで泣いてるかどうかは関係ないからねー」と流す。

 

決して、「トラブルを起こせば起こすほどその人が有利になる」状況にしないこと。

相手に合わせ、振り回されるのを受け入れないこと。

むしろ、「あなたがいくらそう振舞ったとしても、あなたの期待通りにはなりませんよ」という環境にする。

 

それが、面倒な人への対処において、とても大切なのだ。

 

 

【お知らせ】
月間150万PVのBooks&Appsを運営するティネクト株式会社より

コンテンツマーケティング のはじめかた 虎の巻「最初の1コンテンツ」ができるまでの 7STEPs
プレゼント。

確実に成果が上がるコンテンツマーケティングのはじめかたをわかりやすくレクチャーします。
このマニュアルを読むことで、素人のあなたでも 「最初の1コンテンツ」を自分で作ることができるでしょう。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/top/7stepspr/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

 

 

【著者プロフィール】

名前:雨宮紫苑

91年生まれ、ドイツ在住のフリーライター。小説執筆&写真撮影もやってます。

ハロプロとアニメが好きだけど、オタクっぽい呟きをするとフォロワーが減るのが最近の悩みです。

著書:『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』(新潮新書)

ブログ:『雨宮の迷走ニュース』

Twitter:amamiya9901

Photo by yang miao