魅力ある商品、というものをどこの会社も欲しがっている。「営業」も「販促」も力を入れる必要はなく、多くの人が喜んで使ってくれ、しかも世の中の役に立つ。そんな商品を求めて、企業は今日も奔走する。

 

iPhoneの競争力が失われている、との話が最近多い。

Appleはあまりにも期待されすぎているため、「ちょっと良い」程度の商品では皆が許してくれない。iPhoneは世界を変えるほどの力を持った「魅力ある商品」だったが、すでに今はそうではないのだろうか。実は、個人的には、iPhoneにすでに魅力はないと思っている。

 

実際、私は、iPhoneを3G、3GSと使って、4を買わなかった。次に買ったのはHTCのEvo3Dというスマートフォンだった。正直、HTC Evo3Dはそれほど魅力ある商品ではなかった。しかし、その次に買った商品には魅力があった。HTC Jという商品だ。この商品は発売当日に買いに行ったが、それ以来、ずっと愛用している。

iPhoneは3G発売当時、たしかに魅力ある商品だった。しかし、その魅力はすでに3年前に失われていきつつあった。

 

「iPhone4や4S、さらには5もものすごく売れた、魅力はあったんじゃないか」という人がいるかもしれない。しかしそれは違う。「売れる商品」ではあったかもしれないが、「魅力ある商品」ではない。

 

いつも思う。「魅力ある商品」とは一体なんなのだろう、個人的な感覚からすれば、「魅力ある商品」は見た瞬間、直感的に「欲しい」と思わせてくれる。

私は商品をじっくり考えて購入することも多いが、そう言うような商品は大抵、仕方なく買うもの、もしくは競合製品がたくさんあり、判断に迷っているものだ。「魅力ある商品」はそうではない、見た瞬間自分が欲しがっていたことがわかる。しかも、それは他の選択肢が無いものなのだ。

もちろん、お金がなくてすぐに買えないこともある。それでも「魅力ある商品」は、「お金をためて買おう」と思わせてくれる。

 

  • デザインではない

デザインは良いに越したことはないが、デザインだけで決めることはない。

  • 価格ではない

「魅力ある商品」は価格を気にして買うことはない。少々高くてもいいのだ。

  • 機能ではない

もちろん機能は見る。しかしあくまで機能は「最低要件」を確認するためのものである。

  • 完成度ではない

完璧でなくていい。未完成でも、少々難点が有っても、気にならないのだ。

 

 

では何なのか。それは、「期待感」であると思う。

「これを使ったら楽しいだろうな、便利だろうな」という期待感。

「これがある生活はいいだろうな」というストーリー

 

 

私は、アレックス・モールトンという自転車が非常にお気に入りだった。「こんな自転車で走れたらさぞかし楽しいだろう」と思ったのだ。

タイムドメインというスピーカーがあった。これも同じだ。「こういうもののある生活」が憧れだったのである。

 

MacbookAirも「魅力ある商品」だ。PCはスペックではない。使った時の楽しさが想像できるものが良い物なのだ。Wiiも「魅力ある商品」だった。Kindleもそうだ。「どんな使い心地なのだろう?どんな生活が待っているのだろう?」想像するだけで楽しい。

 

そして今は、iwatchや、GoogleGlassに期待している。私は、(言いすぎかもしれないが)異世界との扉になるようなものや、サービスを求めている。すでにわかっているものには魅力を感じない。

 

ディズニーランドの魅力が褪せないのは、異世界との扉を提供し続けているからではないか。

読書が素晴らしいのは、異文化とのコミュニケーションが図れるからではないか。仕事が楽しいのは、自分の知らなかったことが知れて、自分の体験したことのなかったことが体験できるからではないか。

 

Facebookがうまく行ったのは、LINEが支持されるのは、友だちとの新しいコミュニケーションの形が生まれるからではないか。

皆がゲームにハマるのは、擬似的ではあっても、「異世界との出会い」があるからではないのか。

 

そう考えると、「魅力ある商品」の本質は、イノベーションの本質は、人々に「新しい世界との出会い」を提供することに他ならないと考えるのである。

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。