昔から外資系には多かった形態だが、先日訪問した会社は、「成果により、社員を毎年一定数入れ替える」という厳しい会社であった。最近は日系でも増えているように感じる。

「具体的に何をしているのですか?」と聞くと、年1回の評価で、パフォーマンスの下から5%の社員には、割増退職金を払って自主退職してもらうということだ。

もっと具体的に言えば1年分の給与を払い、自主的に退職してもらう。

 

人事の方はこのように言った。

「彼ら自身もこの会社では2度と高評価はもらえない、とわかっているために皆ある程度は納得してやめていく」

更に彼は言った。

「合理的に考えれば、下から5%の社員の総額人件費は全体の数%にすぎません。パフォーマンスの悪い人は会社の雰囲気を悪くし、チームの足を引っ張りますから、その程度の人件費アップは十分許容範囲です。むしろ定期的に血を入れ替えることが、全体のパフォーマンスアップにつながります。」

 

 

なるほど、と思うが疑問もある。

「クビになるかもしれない、という状況で、みな安心して働けるのでしょうか?」

人事の人は事も無げに言った。

「下の5%の人に入る、というのはよっぽどのことがなければあり得ません。殆どの人はクビになる心配など無縁ですよ。」

 

「成果を正確に測るのは難しくないでしょうか?」

「そうですね、成績中位くらいの方々に差をつけるのは無意味ですね。例えば下2割の人と下3割の人で本当に差があるか、といえば微妙です。

ですが、下5%は、はっきりわかります。測定するまでもありません。できない人はみなわかっています。」

 

そして、彼はこうつづけた。

「ただ、勘違いしていただきたくないのが、パフォーマンスの下5%の人が無能である、ということにはならないということです。それは、彼らにも言っています。「うちに合わなかっただけです」と。」

 

私は「終身雇用について、どう思いますか?」と聞いた。

彼は、「終身雇用は、人を駄目にするシステムです。」という。

「言われたことだけをやっていれば良い、という時代には良かったかもしれません。が、むしろ、飼い殺しの方が悲惨だと思いませんか?第一、緊張感のない会社はこの時代、すぐに沈みますよ。」

 

 

人事の方は最後にこう言った。

「この制度を導入した時は、多くの反対がありました。でも、この制度を導入して2〜3年も経つと、それが普通になります。そして、以前より会社の業績はかなり向上しました。

いまでは、「働かない同僚に我慢しなくて良くなった。本来こうあるべきだ」という社員がほとんどです。」

 

見えない部分で、確実に労働の形は変わりつつあると、実感する。

 

【お知らせ】
弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)が2024年3月18日に実施したウェビナー動画を配信中です
<ティネクトウェビナー>

【アーカイブ動画】ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します

2024年3月18日実施したウェビナーのアーカイブ動画です(配信期限:2024年4月30日まで)

<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのプレゼント
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)



ご希望の方は下記ページ内ウェビナーお申込みフォーム内で「YouTube動画視聴」をお選び頂きお申込みください。お申込み者にウェビナーを収録したYoutube限定動画URLをお送りいたします。
お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/3/26更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします)

 ・ブログが本になりました。

 

 

(Photo:Shek Graham