「僕ね、絶対にやらないことを幾つか決めているんですよ」

と、彼は言った。

彼は専門商社に勤める営業だ。仕事はできるが「出世しよう」という意欲がないという。

 

「出世競争もその1つですね。例えば今年収は約550万です。ボーナス別で手取りは月に30万くらい。例えばこれを部長クラスの1000万程度にするとします。

まあ、手取りは月に50万くらいになりますが、でも、月に手取りをたった20万円ふやすのに、どれだけの労力が必要か考えると、全くやる気にならないですね。」

 

「なるほど。そういう考えもありますね。」

「会社で出世するのは大変ですよ。上司に頭下げて、会社の方針に従って、毎年目標達成目指して燃え尽きる。アホくさくて、やってられないですよ。ただでさえ管理職は減ってますからね。努力もだいたい徒労に終わります。

だいたい、会社で出世しようとすれば、ゲスなこともしなきゃならない。」

 

「そうなんですか…。」

「ま、安定して月に30万もらえるなら、悪い仕事じゃないんで。これ以上あくせくはしたくないですね。」

 

「そういう人、会社に多いんですか?」

「どうですかね、皆とこんな話はしないですからね。ちょっとはヤル気あるようには見せとかないと、会社に居づらくなりますから。」

 

「あと10年、20年こんな感じで働くイメージですか?」

「そうですね、長く仕事を続けるコツは「目標達成する年」と「手抜きする年」を適度に混ぜることです。毎年目標を達成してしまうと目標が上がってしまいますし、あまり手抜きして会社が潰れても困るんで。」

 

「したたかですね(笑)」

「皆言わないけど、こんな感じでしょう。サラリーマンは金持ちにはなれないですよ。そんなことはわかってます。でも、起業なんてアホなことはしない。」

 

「起業はアホですか(笑)」

「気分を悪くしたらスイマセンね。ま、一部の才能ある人がやればいいわけですよ。そんなことをするよりも、自分でちょっとした副業をするのが一番儲かりますよ。

会社は月給20万円上げるのに10年、20年と、とんでもない労力がかかりますけど、副業なら2年で可能だったんで。」

 

「何をやってるんですか?」

「いくつかやってます。アフィリエイトは月10万くらいにはなります。最初は手間掛かったんですが、今は結構ラクですね。運営のコツもわかってきたし、もう一つ作ろうと思ってるんですよ。

それがうまく言ったら、もう10万足せるかなってね。まあ1年位かかりますけど。

 

あとはAirbnb。実家の部屋が空いてるんで。そこから月10万くらい。これも楽でオイシイですね。ま、両親にも少し渡してるんですけど。

あとは知り合いからライティングの仕事をチョコチョコもらって、これで月3万くらいですかね。ま、書くのが得意なんで。勉強にもなりますし。これはもっと増やせそうです。

 

色々やってみたんですが最終的に続けてるのはこんな感じです。

あと、事業やっていると経費を認めてもらえるんでね。パソコンとか、携帯料金とかは経費で落とせますし、交際費も使える。自分で事業を持っておくと、税金を減らせるのもメリットですね。」

 

「会社には何も言われないですか?」

「この程度だったら何も言われないでしょう。別に会社に迷惑をかけているわけでもないですし。「出世したくない」というのが迷惑かもしれませんが(笑)、でも殆どの人は平社員で終わりますから、別にいいんじゃないですか。」

 

「結構、副業で時間をとられませんか?」

「いや、さっき行ったように「しないこと」を決めてるんで。私、残業は絶対にしません。残業は割にあわないので。残業代で月に10万稼ぐのは、大変ですよ。

出世を諦めていると「帰りづらい」とかが全く無くなるのもいいですね。」

 

 

こういうのも、一種の「新しい働き方」なのだろうか。ともあれ、彼も頑張っているのだ。

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・ブログが本になりました。

Adrien Sifre