1を聞いて10を知る。

そういう言葉がある。ご存知の通り、僅かなことを聞くだけで、多くのことを理解する人を形容するときに使われる言葉だ。

数は少ないが、昔の部下の中にもこのような人物がいた。

例えば、先輩から「ダイレクトメールの作り方」を習ったとする。

当たり前だが、普通の人はダイレクトメールの作り方をならっても、提案書や企画書を作れるようにはならない。それは「別物」だからだ。

しかし、中には頭の良い人がいて、「ダイレクトメールの作り方」を習っただけのはずなのに、「提案書」「企画書」「報告書」「マニュアル」の作成すべてに、それらのノウハウを活かすことのできる人がいる。

そういう人は

「1を聞いて、10を知る人」である。

 

 

僅かな入力から、大きな出力を得られる彼らは基本的に仕事ができる。

だが、彼らは一体なにをしているのだろうか。

「頭が良い」と一言で片付けず、彼らに学ぶ所はないのだろうか。

 

そう思っていた所、その「1を聞いて10を知る」タイプの人が、仕事をどうやっているのかを観察する機会に恵まれた。

 

 

例を挙げよう。新人の営業が先輩から営業を習っているとする。

 

「営業にとってもっとも重要なのは、お客さんの話を聴くことです。要望をきちんと聞くことで、お客さんから信頼してもらえます」

と先輩が言うと、普通の人は

「なるほど。それならどうやって聞けばよいのか教えて下さい。」と思うだろう。だから「質問はありますか?」と聞いても、殆どの人は無言だ。

 

だが、私が観察したところでは「1を聞いて10を知る人」は、このように発想する。

「なぜ、聴くことが重要なのだろうか。」

「そもそも聴くことではなく、話すことが重要なシーンはあるのだろうか」

「そもそも「聴く」という行為は、私が知っている「きく」という行為と同じなのだろうか」

「要望とは何か。」

「信頼が得られた、というのはどのような状態を指すのか」

 

 

彼らはとにかく「当たり前」をそのまま流さない。彼らは先輩から話を聴くと、かならず質問をするのだ。

 

「1を聴くと、10の質問が浮かぶ」のが、「1を聞いて10を知る人」の実態である。

もっと言えば「当たり前」とか「前提」とされていることを一度疑って見る姿勢、がある人が、「1を聞いて10を知る人」が実際にやっていることである。

 

要するに、自分の知識について「わかっていない部分がわかる」のが、「1を聞いて10を知る人」だ。

 

難しいことだと思うだろうか?

実はそんなことはない。上の新人営業向けの講習会では「質問を必ず10個以上するように」という制約を新人に課したところ、あっという間に目覚ましい効果が出た。

端的に言えば、理解力と、創造性が高まったのだ。

 

 

面接で「良い質問をする人が欲しい」とする面接官が多いのも、頷ける話である。

 

【お知らせ】

新しいセミナーをはじめました。オウンドメディアをこれから立ち上げてみたいけれど運営方法やコストなどさっぱりわからない、という方向けのセミナーです

<セミナータイトル>

オウンドメディアで集客するなんて無理ゲーと思っていませんか?

<内容>
1.インターネットで集客するとは?
2.オウンドメディアの役割と得意なこと
3.web上でよく読まれる記事とは
4.オウンドメディア運営の全タスク
5.運営コストについて
日時:2020年1月29日(水)10時〜11時30分
場所:渋谷ヒカリエ11F 
参加費:無料 
定員:30名


お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2020/1/15更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、安達の最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・Books&Appsフェイスブックページ https://www.facebook.com/BooksApps/(いいね!してただくと、安達以外の記事を購読できます)

・ブログが本になりました。

(Luke Price)