なかなか、わかりやすく話せない…という方は多いかもしれません。

それどころかむしろ訓練を受けていない、ほとんどの人の話は、論理的でもなく、筋道も通っておらず、「わかりにくい」のが普通なのでしょう。

 

ただ、プライベートでは、それほど「話のわかりやすさ」を問われません。

何となくその場の雰囲気で、皆、うなずいてくれるからです。

 

「ま、言ってることはわかんないけど、追及するのも面倒だからいいや」とか

「大したこと言ってるわけじゃなさそうだから、適当に笑っておこう」とか。

 

通常、多少の分かりにくさは、すべて無視されてしまいますから、支障はないのです。

 

仕事では「話のわかりやすさ」は死活問題

しかし、仕事においては少々事情が異なります。

理解不足が、場合によっては責任問題に発展することもありますから、「面倒だから、まあ流しておけばいいや」では済まされません。

基本的には、相手の話を細大漏らさず理解することが必須です。

 

そういう時に初めて問題になるのが、「話のわかりやすさ」です。

仕事においては、相手の話がわかりにくければ、何度も聞き返さなければなりません。

 

また、場合によっては話がわかりにくいと「この人大丈夫かなあ」と能力を疑われてしまいます。

お客さんの立場であれば、話のわかりにくい相手には仕事を頼みにくいでしょう。

 

仕事においては、「話のわかりやすさ」は、死活問題です。

 

話をわかりやすくする技術

そのため、私がコンサルタントをやっていた頃は、「話をわかりやすくするスキル」が、重要な意味を持っていました。

そして、そのスキルは、2つの大きな要素からなっていました。

 

一つは、前に書いた「結論から話す」ということ。

なぜ「結論から話す」が、なかなかできないのか、観察したら、理由が分かった。

 

そしてもう一つが、今回の主題である「話しすぎない」でした。

 

知識や経験がついてくると、どうしてもそれを披露したくなります。

しかしそれこそが罠であり、自分を人によく見せたいがために、あれもこれも伝えたい……と、会話に様々なものを盛りこむと、本質的な部分がよくわからなくなってしまい、結局何も伝わらないのです。

 

例えば、お客さんから「どうしたらいいでしょう?」と聞かれたとき、

「結論からいうと、3つあります。1つ目は… 2つ目は… 3つ目は………こういう手段もあります。また……」

と、結論からであっても、長々と話してしまうのは、実は下策でした。

 

優秀なコンサルタントは、こう答えます。

「お勧めは〇〇です、懸念などはありますか………?(沈黙)」

 

基本的には必要事項だけを述べ、あとは沈黙してお客さんが話す時間をできる限り長くとります。

 

言い換えれば、知っていることを、すべては話さない

必要最小限だけ口を開き、相手に話させ、また相手のの理解が追い付くまで、都度待つ。

これが基本的な技術でした。

 

これは会話だけに言える話ではありません。

「わかりやすい文章」も、本質的には同じで、「盛り込みすぎていない」のです。

 

例えば以下の文章は、比較的「読みやすい」と感じるでしょう。これは2015年の本です。

(小林 泰三  記憶破断者 幻冬舎)

それに対して、以下の文章は、「読みにくい」と感じる方が多いでしょう。これは1841年の本です。

(エドガー・アラン・ポー モルグ街の殺人 青空文庫)

最近の本は、世の中が「わかりやすさ」を求めた結果、「会話」以外の描写が少なくなり、ユーザフレンドリーになっているのだと感じます。

 

話をわかりやすくするための最低限の要件

なお、話をわかりやすくするための最低限の要件とは以下の事項です。

 

①短い結論

まず、前項で述べた「結論」を言います。

前述したように、ここで話すのは1つ、ないし2つ程度の話題に限定します。

言いたいことが数多くあっても、「今、必要なことだけ」を述べてください。

そうしないと、ほとんどの場合、相手の理解が追い付かないからです。

 

②相手の理解度の確認

相手が理解し、次の話題に移ってよいかどうかを確認します。

「何か気になることはありますか?」

「どう思いますか?」

「ご質問はありますか?」

常に双方向性を保つことが、「わかりやすい話」の原則です。

 

③沈黙

相手が考えているとき、話そうとしているときは、沈黙します。

決して口を開かないでください。

特に、何かを説明したり、提案をしたりした後に相手が黙っていると、つい追いうちで説明をしたくなるのですが、ぐっと我慢です。

 

私のコンサルタント時代の上司は、相手が考えているときは沈黙し、それが長くなると、自分のノートを開いて、書いたものをまとめるなど、相手の目の前で内職するくらいでした。

「堂々と内職するなー」と思っていたのですが、相手は逆に「急いで回答しなければ」というプレッシャーを感じなくて済むので、よかったのではないかと思います。

 

 

以上が、私が教わった、「わかりやすく話すためのスキル」です。

 

重要なのは、「うまく話す」のではなく、「相手の様子を見ながら話す」ということ。

話すスキルの奥義というのは、実は「発声」する部分ではなく、「沈黙」部分にあるというのが、私の拙い理解です。

 

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書

Mimi Thian