諦めない人は、色々とヤバい。

何がヤバいのか。

 

1.すごい失敗する。

知人にもう2回ほど会社を潰している人がいる。最初は学生の斡旋、2回めはweb制作、そして今回で3回目、webサービス事業での起業だ。「なぜそんなにまでして起業するのか」と聞くと、「成功したいから」言った。

未だに彼の会社が大きく成長する気配はない。だが「もう諦めたら」と周りに言われても、彼は全く諦めない。「最近ようやく少しずつやり方がわかってきた」と彼はいう。

毎日、自社のための開発をする一方で、日銭を稼ぐために他社のオフィスに常駐し、その手伝いをする。おそらく、彼の1日の労働時間は13時間から14時間位だろう。

「なんでそこまで」と聞いても、「好きでやってるんだから、いいんだよ。いつか成功するかもしれないし、やってみなくちゃわからない」と言う。

ヤバい。

 

 

2.すごい楽観的

もともと不動産営業をやっており、今は企業向けの研修の営業をしている彼は、多少のことではメゲない。口癖は「まあ、なんとかなるっしょ」である。

彼の信条は「断られてからが営業の始まり」だ。お客さんからすれば迷惑きわまる話なのかもしれないが、なにせ彼は人懐っこいタイプで、とにかくお客さんのところへ足繁く通う。

相手が男性であっても誕生日は絶対に忘れず、女性の担当者にはちょっとした贈り物をしたりと、お客さんを商品ではなく、彼の日常的な接待で喜ばす。

「そんなことやって意味があるの?」と聞くと、「もちろん、絶対に意味がある。営業っていうのは、人対人だから」といつも楽観的だ。

彼は非常に辛抱強く、「2年前のお客さんから、ようやく受注出来たよ」「受注まで3年かかった」ということをよく言っている。「半年に1回でもお客さんところに顔を出せば、絶対にいずれは仕事がもらえる」とも言う。

ヤバい。

 

 

3.すごい執念

「何としてもアプリを作ってみたかった」という60近くのオッサンがいる。だが彼は全くのコンピュータの素人。パソコンの操作ですら怪しいものだった。

彼がアプリを作ろうと思ったきっかけは、娘さんからプレゼントされたスマートフォン。使い方がわからず、持て余し気味だったが、娘さんの結婚相手がエンジニアだったこともあり、アプリの面白さに開眼。

「これって自分で作れますよ」と娘婿から聞いたことから「なんとかして自分で作ってみたい」という話になった。

コーディングのコの字もわからない状態から、まずはパソコンに開発ツールをインストールするところから始まり、辛抱強くプログラミングを身につけた。

普通であればこの辺りで諦めてしまうものだが、娘婿が実家を訪問するたびに質問攻めにし、ついにはアプリを完成させた。と言っても簡単な計算機程度のアプリではある。

現在も「もっと高度なものを作りたい」「もっと面白いものを作りたい」と、今では様々な勉強会にも顔を出し、半年にひとつくらいアプリを出し続けている。

つい先日は「この前、初めてアプリが売れたんですよ」と嬉しそうに語ってくれた。

ヤバい。

 

 

4.すごい行動力

「普通の人と結婚したい」という女性が多いという話をよく耳にする。そして、彼女も例外ではない。だが「普通の人と〜」という人ほど、条件の厳しい人はいない。

婚活パーティはもちろん、出会い系サイト、知人の紹介、親からの見合いの紹介などあらゆる手段を使っているが、「普通の人と出会えない」という。

「高望みしすぎ」と諌める友人もいるそうだが、彼女は諦めない。

「年収とか別に高くなくていいし、かっこ良くなくてもいい。けど、「ピンと感じる相手」が見つかるまで頑張る」と彼女は言う。最近では「外国人との出会い」に目を向け、外国語を習い始めたらしいが、本当に意味があるのかは定かではない。

その他にも「趣味はいろいろな人と出会える」と、スポーツイベントへの参加、フットサル、登山、料理教室などにも顔を出す。

行動力ヤバい。

 

 

5.すごい楽しそう

結果が出なくても、とんでもない苦労をしても、運が悪くても、皆、楽しそうに生きている。

楽しそうでヤバい。

結局「成功」に目が行きがちだが、「諦めずに続けられる」というだけで、十分価値があることなのではないか、と最近では思う。

 

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、安達の最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・Books&Appsフェイスブックページ https://www.facebook.com/BooksApps/(いいね!してただくと、安達以外の記事を購読できます)

・ブログが本になりました。

【お知らせ】

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

(denisbin)