これも、昔の先輩に教えてもらった話。よく憶えている。

 

その日は、ある大手企業のコンサルティングに行った後、近くの喫茶店で振り返りのミーティングをしていた。

先輩は、私に問いかけた。

「今日のメンバーの中で、一番優秀だと思ったのは誰だ?」

「リーダーのYさん…ですかね。彼の意見は非常に的確で、他の方と視点が違っていると感じます。」

「当たり。」

「ありがとうございます。」

だが、先輩の次の質問は、想定していなかった。

 

「じゃ、もう一つ聞くけど、一番給料が高いのは誰だと思う?」

「給料……?」

「そう、給料。」

「……一番優秀な人だと思いますから、リーダーのYさんですか?」

「本当にそう思う?」

 

私はあの部屋にいた人物を思い浮かべた。

リーダーのYさん、その脇に「メンバー」として年配の方が一人、Yさんと同年代の方が3名、若手が2名いた。彼らの発言を思いだす。

若手の一人はなかなか良い議論をしていた。年配の方は外していたな。ほとんど価値ある意見を言わなかった。Yさんの同僚っぽい人物の一人は、協力的だったが、尖ってはいなかった……。

そして、私は、先輩の意図に気づいた。

 

「ひょっとして、あの年配の方ですか?」

「おお、当たり。」

「オレはね、今日あの人ばかり見てたんだ。」

「なぜですか?」

 

先輩は一言、

「同情したから。」

と言った。

 

「……同情とは、考えようによっては酷いじゃないんですか。」

「まあ、そうなんだけど。考えてみなよ。彼はどう考えても仕事ができる方じゃない。明らかに若手のほうが仕事ができているんだよ。なぜ、そんなことになったのか、想像がつくかい?」

「……年功序列だからですか。」

「そう。残酷だよね。」

 

残酷、確かにそう見える。

「あの人、かなりYさんからバカにされていたでしょ。発言をしようとすると、身内からすぐに否定されて。」

「そうでしたね。」

 

私は会議のシーンを思い出した。彼が半ばお荷物扱いだったのは事実だ。

「リーダーのYさんはきっとこう思っているよ。高い給料をもらっているくせに、役に立たないオヤジ。何でここにいるのか。」

「……そうかもしれません。」

「な、残酷だろ。しかもそう思っていのはYさんだけじゃない。若手も薄々気づいてる。「あの人はダメな人だから」って。」

「……。同情します。」

 

先輩は真顔になる。

「さて、安達さん、ここで問題です。あの人に我々はどう接するべきでしょう?」

「え……、普通に接するしかないんじゃないでしょうか。」

しかし先輩は、首を横に振った。

「ダメだな。50点。」

 

私は全否定され、少しムッとしていた。

「……先輩ならどうするんですか」

「当たり前じゃないか。敬意を持って接するんだよ。」

「なぜですか?」

「いいか、Yさんは今でこそあんな感じだけど、昔は違ったかもしれない。そして、誰だってそうなる可能性はある。」

「……」

「彼の話をきちんと別に聞くべきだ。会社の歴史を知っているだろうし、人間関係にも詳しいだろう。後で個別にアポを取っておけよ。」

「わかりました。」

 

先輩はニッコリ笑っていった。

「仕事で、年配の人に敬意を払うのはとても大事だ。」

「はい。」

「後もう一つ、年配になってから、若手にバカにされる人生を送りたくなければ、気をつけるべきことがある。」

「なんでしょう?」

「実力に見合わない給料をもらうのはやめておけ。」

「……どういうことでしょう?」

「ウチは給料は、悪くはない。」

「はい。」

「それを勘違いするなよ。お前の実力じゃないぞ。たまたま運が良かったんだ。」

 

私は心を見透かされたと感じた。

「申し訳ありません……。」

「あやまらなくていい。ただし、このまま行くと、あの年配の人みたいになるよ。」

「なぜですか。」

「少しは考えろ。実力以上にもらうと、守りに入ってチャレンジしなくなるだろう。給料が下がるから転職もできない。時間が経つほど実力と給料の乖離は大きくなるばかり。で、20年、30年経つうちに、自分の実力を客観的に見る機会を失っていくのさ。」

 

先輩は最後こう言った。

「オマエが今受け取っている給与は、実力以上のものだ。だから、見合うような人間に努力してなれよ。」

 

 

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

n.e.d.