41kbZOFxFSLKindleを購入してすでに1年以上たちました。スマートフォンで所持している音楽を全て持ち運び、気分に合わせて音楽を選ぶように、Kindleで所持している本を持ち歩くと、気分によって本を選べるので、非常に重宝しています。いや、重宝しているという言葉は穏やかすぎるかもしれません。

「これがないと暮らせない」

というレベルに達しているかも。

 

さて、そんなKindleですが、最近たてつづけにKindleはいろいろな機種があるけど、どれを選べばいいの?と聞かれました。

Kindleには大きく分けてKindle PaperWhiteという電子書籍を読む専門のデバイスと、Kindle Fireというタブレットの2種類があります。

 

 

 

PaperWhiteは「本を読むこと」に特化しているので、軽く、紙をめくるような感覚で本を読むことができるように画面に特殊なインクを使っています。(液晶ではないです)。だからとても見やすい。

Fireのほうはそれとは異なり、これは「iPad」のような普通のタブレット、と考えれば良いと思います。もともとはAndroidのタブレットだったようですが、Amazonが手を加えているようです。

 

 

どちらがオススメか、といえば、私はPaperWhiteをおすすめします。

タブレットはiPadを買えばいいのです。残念ながらタブレットの完成度はアップルに遠く及びません、しかも極めつけは上の端末でなくても、Kindleの電子書籍がよめる。だから、特にKindle Fireを買う必要はありません。お金を掛けたくなければ、どのスマートフォンでも、どのタブレットでもアプリをインストールすればKindle本が読めるので、別にKindleの端末を買う必要すらありません。

 

でも、PaperWhiteならば買って損はしないと思います。大きさと質感が本を読むのにちょうどいいんです。スマートフォンと違って画面が小さすぎず、かといってタブレットほど大きくない。文庫本のサイズなんです。この絶妙の大きさ。

また、表面は滑り止め加工されているプラスチックのようなゴムのような質感で、スマートフォンやタブレットと違ってツルツルすべりません。だから、タブレットを電車の中で持つのは非常に大変ですが、PaperWhiteは軽く摘めばしっかり持つことができます。しかも薄くて軽い。

また、画面の明るさや、字の大きさもワンタッチで変えられるインターフェースにより、すぐに本に合わせて読みやすさを最適化できます。

 

 

ちなみに、PaperWhiteにも2種類あります。ノーマルのPaperWhiteと、3GのPaperWhite。

 

 

価格が5000円ほど高いです。Amazonの説明を引用すると、3Gモデルは

  • インターネット環境なしで利用可能―追加料金や煩雑な契約は不要で無料3G接続(日本国内のみ。大容量ファイル等除く)

とあります。要はWifi環境がなくても、追加料金無してネットにつないで本をダウンロードできるということです。

 

これは人によりどっちを買ったほうが良いかはわかれると思います。ざっくり言うと、3G版を買ったほうが良い人は次の人です。

  • スマートフォンのテザリングが使えない人

かつ

  • 漫画を読まない人

 

です。スマートフォンがあれば、テザリングを使ってKindleをインターネットに接続できます。また、マンガはサイズが大きいので3Gからダウンロードできません。

ガラケーを使っていて、かつ漫画を読まない人(おじいちゃんとか)には、3G版を買ってあげるといいかも。他の人は安い方で問題無いです。

 

【お知らせ】
「生成AIは思ったより大したことなかった」とお考えの方、それは間違いです。 プロはプロのスキルを駆使して生成AIを想像以上に使いこなしています。今回のティネクトウェビナーではプロがどのように使いこなしているかをご紹介します。
<2024年6月24日実施予定ウェビナー>

なぜ生成AIで"思い通りに"キャッチコピーや記事が作れないのか?

【内容】
1.なぜ生成AIで上手くキャッチコピーやSEO記事が作れないのか?
2.マーケティング自動化支援ツール”Automagic”のデモンストレーション
3.Q&A

【対象者】
・大企業・中堅企業の役員、および企画部門、マーケ部門
・マーケティング会社・代理店・PR会社の管理職
・スタートアップ企業の経営層
・フリーランス/個人のコンサルタント

【講師紹介】
元電通コピーライター 「言葉にできるは武器になる」
著者 梅田悟司
ティネクト代表取締役社長 「頭のいい人が話す前に考えていること」
著者 安達裕哉


日時:
2024年6月24日(月)18:00〜19:30
参加費:無料  
Zoomウェビナーによるリアルタイムストリーミング配信となります。


お申込みは こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/6/2更新)