unnamedWikipediaは世界で5番目に大きいウェブサイトだ。そしてその運営にかかる費用はすべて、寄付によって賄われている。

しかし、その実態はあまり知られていない。例えば運営に関わる人々は175人未満だ。

 

技術: サーバー増強、回線容量、保守、開発業務など。ウィキペディアは現在、世界で第5位のウェブサイトですが、他の上位のウェブサイトと比べて数%しかない予算で運営されています。

人材: トップ10圏内に入っている他のウェブサイトには従業員が数千人以上いますが、我々は175人未満で運営しています。ご寄付は効率の良い非営利目的の組織への投資になります。”

 

彼らは非営利組織だが、どの程度寄付を集めているのか?それがどのように使われているのか?

実体は財務情報で明らかにされている。

 

wiki

 

これによると、目的を限定されていない収入は約4900万ドル(49億円)で、費用は約3600万ドル(36億円)だ。結構なものである。

さらに、年間の収入の成長率は20%以上。

ちなみに職員への給料で約1600万ドル使っているので、175人で割ると、一人あたり約9万ドル。全員年収1000万円近く貰っている。職員だけではなくパート・アルバイトなどにも賃金を支払ってることを考えると職員はもっと貰っているだろう。良い職場だ。

ちなみにバランスシートも見てみると、22億円以上のキャッシュを持っているので、いろいろなことに投資できそうだ。

 

 

このようなことを見てみると、「企業」という選択肢でなくとも十分にネットの世界では成功することができる。

非営利組織だからといって、儲かっていないわけではないのだ。

 

【お知らせ】

Books&Appsはなぜバズる記事が生み出せるのか?オウンドメディアを検討中、運用中の企業広報・マーケティング責任者、企業幹部、企業経営者さま向けにオウンドメディア活用セミナーを実施しています。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:10/11(金)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/8/8更新)