つい先日、とある編集者の方から

「会社員が、自分の市場価値を上げる方法ってありますか。あるなら記事にしてください」

と依頼された。

 

曖昧な質問だが、仮に「市場」を転職市場とし、「価値」は給料のことだと置くと、この質問は

「会社員が、転職で、高い給料を出してくれる会社に行く方法って、ありますか」

という質問に翻訳できる。

 

なるほど。高い給料を出す企業は少ないし、給料は上がらないので、会社員には切実な問題である。

 

会社員が、高い給料を出してくれる会社に転職するには

正直,そう言う話は、転職サイトでやればいいと思うのだが、Googleで世の中の状況をちょっと調べてみると、いろいろとダメなことがよく分かる。

 

例えば、「市場価値 上げる」と検索すると、上位の方に出てくるのはこんな記事たち。

市場価値が高い人になるために知っておきたい20代の過ごしかた

20代は地頭の良さ、素直さ、扱いやすさ

30代は実績

40代は経営視点

全世代共通なのは、コミュニケーション力と、会社へのフィット、情熱

 

自分の市場価値の高める「5つの人間力」を鍛えよう

人間力

=1.礼儀正しさ 2.謙虚 3.優しさ 4.信頼感 5.自信と活気

 

自分の市場価値を高めキャリアを成功させる秘訣

1.スキル

2.実績

3.キャリアプランでの希少性。

 

世の中から求められる人ってどんな人? 「市場価値」を高める3つのステップ

時代や環境に左右されない普遍のスキルが、市場価値を高めるベースとなる。

ステップ1:自分の軸を考える!

ステップ2:理想像を定める!

ステップ3:道筋を立て、行動に移す!

なるほど。

だからどの記事も、結局「実力」がものを言う、という説教になるわけだ。

 

自分ばかり見ていても、給料は上がらない。

んーーーーー。どれも間違っているわけではない。

だが、微妙。

微妙すぎる。

 

スキルは大事だし、人間力だって、あったほうが良い。

でも、スキルがあって人間力が高い人であっても、必ずしも高い給料を取っているわけではない。

 

いや、むしろ、スキルを磨きまくっても、大して給料なんぞ増えない、と思っている人が多いのではないかと思う。

私も同感だ。

正直、上の記事と、私の感覚とは、全くそぐわない。

 

なぜか。

それは、上の話は全て、「私」=「商品」の話だからだ。

そして、すべての記事がこういっている。

「商品さえ良ければ、市場は高く買ってくれますよ」と。

 

でも、本当にそうだろうか?

商売をやっている人なら100%わかると思うが、はっきり言うと、商品が良いからといって、売れるわけではない。

 

もっと言えば、商品の質は普通でも、売り方によって高く売れる。

いや、商品がそれほど良くなくても、高く売ることは可能だ。

 

もっと言えば、「売れているのが美味しい料理だ。」と言い切っているサイゼリヤの社長のほうが、現実をよく表している。

この百戦錬磨の社長は、「商品よりマーケット」をよく見ている。

これが真実なのだ。

 

でもなぜ上の記事たちがこんな事になっているのだろう?

簡単だ。

日本の会社員は、マーケットを見るのが、めちゃくちゃ苦手なのだ。

 

つまり、上は全て、商売をしたことのない人が、「商品さえ良ければ売れますよ!」と言っている、

ウブな記事たちなのである。

 

現実は「商品(自分)の質を高める」よりも「成長マーケットに飛び込む」ほうが100億倍重要

話を少し変えよう。

20年近く昔のことだが、私がコンサルティング会社にいた頃、ISO9001の認証取得の支援のコンサルティングをしていたことがある。

 

当時は、ISO9001の取得がブームになっており、「取らないと取引できない」などの条件があるなど、どの会社もISOの認証を取得することに邁進していた。

そして、そこには大きなマーケットができた。

 

私が在籍していた会社は、そこに目をつけるのが早かった。

いち早くツールを標準化し、支援をコンサルティングメニュー化し、大量のコンサルタントをインスタントに育成した結果、市場を押さえることに成功した。

 

正直、あのころは「バブル」と言っても良かっただろう。

新卒、第二新卒あたりのペーペーが、とにかくクライアント企業をISOの審査に合格させることさえできれば、1日あたり20万円(月500万)近いコンサルティングフィーがとれたのだ。

 

ただ、2,3年経つと市場は荒れてきた。

新規参入の会社が乱立し、「合格させますよ」だけでは、仕事が取れなくなってきたのである。

その時、はじめて「商品」の差別化が重要な意味を持ってきた。曰く、業務改善に役立ちます、書類を減らせます、人事評価の役に立ちます……

 

ただ、それはあくまでも対処療法だった。結局、提案やプレゼンテーションに大きなコストがかかるようになり、単価は下落し、あまり旨味のある商売ではなくなり、ついに私達はこの商売から手を引いたのである。

 

そこで私が学んだことは一つ。

「マーケットを正確に把握できれば、商品の質は多少低くても、めちゃくちゃ儲かる」である。

 

要は「商品の質を高める」よりも「成長マーケットに飛び込む」ほうが100億倍重要なのだ。

成長マーケットで商売をしていなければ、どんなに良い商品でも買い叩かれ、利幅は薄くなる。

はたらく人は疲弊し、無駄な競争ばかりが増える。

 

「スキルアップ」はなんのためか。

良い会社に転職するために、スキルアップしたい、という方がいる。

だが、その「良い会社」とは一体何を指しているのか、明確にしている人は少ない。

 

一方で、マーケティングの専門家であれば、ターゲットを曖昧にすることは許されない。

セグメントを定め、ターゲットを絞る。そして、そのターゲットに向けて、商品をチューニングしていく。

そこで求められるのは、ひたすらマーケット志向である。

 

転職も同じだ。

「人間力」とか「素直さ」とか、そういった曖昧な概念ではなく、

「◯◯商事の、◯◯というポジションを狙っているので、◯◯という経験を積んでおく必要がある」と答えられる人のほうが、遥かにマーケットでは強い。

 

最悪、スキルなどなくとも、誰にでも年収1000万くれる社長と友達だったら、あなたの年収はすぐ、1000万になるのだ。

実際、「転職なんて、人脈で決まる」という方も数多くいる。

 

「スキルアップしなきゃ」ということで、なんとなく英語を習ったり、サロンに入ったりする人もいるが、はっきり言って、超無駄である。

必要なのは「マーケットの状況を知ること」、つまり狙っている会社と、狙っているポジションを明確にし、それを攻略するのに必要な材料を自分の中に集めていく。

自分がそう言うポジションを取れるように、SNSなどを通じて発言する。

物を書いて、世の中に発信する。

 

そういった、「マーケター」のような、発想をもつことが、自分の市場価値を高めるのである。

 

Twitterアカウント▶

安達裕哉(ぜひ!一緒にやりましょう!)

 

新刊です▶

 

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[11]ブログやメディアのビューが伸びないときの「攻め」の施策について。

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

 

【著者プロフィール】

◯Twitterアカウント安達裕哉

◯安達裕哉Facebookアカウント (安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をフォローしたい方に)

◯ブログが本になりました。

(Photo:onyxkatze