AppleIBMAppleとIBMが企業向けのモバイル分野での提携を発表した。

 

”米Appleと米IBM、企業向けモバイル分野での業務提携を発表

米Appleと米IBMは15日、企業向けのモバイル分野における業務提携を発表した。両社は共同で、IBMのビッグデータ分析技術やクラウドサービスをiPhoneやiPadで利用するためのアプリ開発に取り組み、IBMは企業顧客向けにiPhoneやiPadの販売も行う。”(Internet Watch)

 

Appleは企業向けには大した製品やサービスを持っていない。逆にコンシューマー向けには圧倒的な強みがある。逆にIBMはパソコン事業を捨てたことで、コンシューマー向けの事業を持っていない。逆に企業向けにはハード、ソフトともに圧倒的な強みがある。

彼らが提供を予定しているサービスは4種類。

 

AppleとIBMが企業向けモバイルで大規模提携 IBMは専用アプリ搭載のiOS端末を販売へ

 

この提携で、以下のような4つの主要な機能を立ち上げる。

IBM MobileFirst for iOS

 ネイティブアプリを含む100以上の業種別(小売り、医療、金融、旅行など)エンタープライズ向けソリューションを構築する。これらのソリューションは、iOS 8がリリースされる今秋から2015年にかけて公開していく。

IBM MobileFirst Platform for iOS

 iOS向けに最適化したIBMのクラウドサービスを提供する。企業レベルのクラウドストレージ、データ分析、端末管理、アプリ管理、セキュリティなどの機能を含む。これらのサービスはIBM Cloud Marketplace上のBluemixで利用可能になる見込み。

AppleCare for Enterprise

 企業向けのAppleCare。Appleによる年中無休のサポートとIBMによるオンサイトのサポートを組み合わせたものになる。

IBM MobileFirst Supply and Management

 IBMがiOS端末を販売する。アクティベーションや管理サービスを含み、リースのオプションもある。”(ITmediaニュース)

 

 

ビジネスの教科書に載りそうな、行儀の良い提携だ。

しかし、本当に気になるのは、スマートフォンがコンシューマーの生活を変化させたように、企業の仕事のやり方は変わるのだろうか、ということだ。

 

仕事柄、数多くの会社でシステムの導入を見てきたが、30年前から言われている通り、「システムの導入により、企業の成果を上げる能力が著しく向上した」という話は殆ど聞かない。

その理由の多くは、「ザ・ゴール」の著者であるエリヤフ・ゴールドラット氏が指摘するように「企業はソフトを導入しても、仕事のルールを変えないから」である。仕事のルールが変わらない限り、仕事の成果はそれまでの延長線上にとどまる。

「帳票入力の仕事が減って、仕事が楽になりました」

「今まで1時間書けてやっていた仕事が、5分で終わるようになりました」

「営業の記録が残り、営業マンの行動の指針が出来ました」

「データ分析により、最適な在庫の水準がわかるようになりました」

これらは、ソフトウェア導入によるメリットではあるが、イノベーションではない。

 

その程度であれば、「Apple製品で、IBMの企業向けソフトウェアが使えるようになった。だから何?」

である。

真のイノベーションとは、スマートフォンがコンシューマーの行動を変化させ、新しいコンテンツ市場、新しいニュースの入手方法、新しいコミュニケーション手段を生み出したように、システムが「新しい満足を創りだす」ことにつながるものだからだ。

 

だから、個人的にはこの提携から生まれるソフトウェアにより、望むことがいくつかある。

・社員の場所、時間によらない勤務の実現。

・成果フィードバックによる、社員自身による目標設定とその管理。および最適化、柔軟な変更。

・ソフトウェアによる社員の自己管理促進。管理職の削減。人事評価制度の簡素化。

・ビジネスの機会を見つけるための情報収集力の向上。

・専門家の発見機会の向上。

・成果を定義する能力の向上。

・「強み」を発見するためのデータ提供

 

こういった事が実現されるような提携であれば、AppleとIBMは今後20年は安泰ではないかと思う。

 

【お知らせ】
現在ティネクト(Books&Apps運営会社)ではChatGPTを活用したマーケティング業務の内製化をテーマとして社内勉強会を行っております。


【概要】
様々な使われ方をされているChatGPTの事例を紹介しわかりやすく分類した上で、実際にマーケティング現場で活用されている実践例を紹介

【目的】
マーケティング業務にChatGPTを活用するためのヒントを与える

【内容】
1.ChatGPTの使い方4つの分類(10分)
2.Webマーケティングの役割は2つしかない(5分)
3.オウンドメディアコンテンツ作成にChatGPTを使った事例 (15分)
4.3.ChatGPTを経営課題の解決に使う:「顧客理解」のための9steps(15分)
4.Q&A(15分)


お申込み詳細・ご相談は こちら「ChatGPTを活用してマーケティングを内製化するための勉強会のご案内」ページをご覧ください

(2024/2/22更新)