a0002_004911

かつて私が訪問していた会社に、面白い方がいた。その方は部門長、20名程度の部門を統括しており、私はその方の手助けをするために、その会社に月に2回程度、訪問していた。

なかなか業績もよく、その会社は非常に伸びていたように記憶している。

 

3回目くらいの訪問の時、その部下の方々と食事をする機会があったので、色々と会社の事を聞いてみた。

すると、何名かの人が、「部長には少し困っているんですよ」と言う。

意外だった。「どういうことでしょう?」と尋ねると、皆「部長は、すぐに「うん、それもいいね。じゃやってみて」と言うんですよ。こっちは、やったほうが良いかどうかを聞いているのに…。」

と言っている。

 

私は不思議に思ったので、「やりたいようにやらせてくれるんなら、いいじゃないですか。」と、言った。

しかし、皆は「でも、失敗したら全部ムダになってしまいます。部長にきちんとやり方を教えて欲しいんです。」と不満そうだ。

そこでわたしは、「ということは、部長は成果の出る方法を知っている、ということですかね。」と聞いた。

部下の方々はそれに対して、「成果の出る方法を考えて、皆に教えるのが部長の役割じゃないですか」と言った。

 

 

なかなか難しい問題だ。

部長は自由にやらせてあげようとしているが、部下はそれを歓迎している様子はではない。

どうしてこのようなことになったのか、私は部長に話を聞いた。

 

「部長、部下の方々のいうことに対して、いつも、「いいね、やってみて」と仰るそうですが…」

「はい、そのとおりです。」

「それに対して少なくない方が、「部長がきちんと教えてくれない。」と言っていることはご存じですか?」

「もちろんです。いつも言われますよ。」

「それを聞いて、どう思われていますか?」

部長は少し笑った。

「そのとおりですね。私も「こうすればいい」という方法を知りません。」と言った。

「そうなんですか?」私は驚いた。

「そうです。でも、仮に私が知っていたとしても、教えないでしょうね。」

 

「やり方は知らない。知っていても教えない。」と、部長は言ってます。

私は、社員の方々に言った。「やっぱり、自分で考えるしかないですね。」

すると、部下の方々は口々に言った。

「やっぱりそうだよなー」

「あの部長、やっぱり頼りにならないよね―」

「予想通りの反応です」

私が、「思ったより皆さん、がっかりしていないですね」と言うと、

皆は口々に、「もう慣れっこですよ」と言った。

若手の1人は、「まあ、やれるだけやります。後は神のみぞ知る、ですよ」と言っている。

私は、しばらくしてまた部長にお会いした。

「最近、いかがですか?」と聞くと、

「1人、上手いことやっている者がいて、なかなか調子いいですよ。」という。「みんなに、彼から学べ、と言っています。私が教えるよりもずっといい。」

私は、「そうですか、良かったですね。」と言うと、部長はこう言った。

「安達さん、私は頼りにはならない部長です。しかし、「適材適所」はわかっているつもりです。今回の仕事のやり方も、私よりも彼が考えたほうが良いと思いました。私がやったことは、人の配置だけです。誰に、何をやらせるか、上司ってのは、それを考えるだけでいいんですよ。現場にあれこれ仕事のやり方で口を出しても、結局反発されるだけですから。」

私は一つの疑問が浮かび、こう聞いた。

「でも、成果が出るまでに時間がかかるのでは?みんなが怠けたらどうするんですか?」

部長は即答した。

「みんなが怠けることはありません。ただし、成果が出ない仕事をダラダラやらせることは絶対にしません。成果が出なければモチベーションが上がりませんので、すぐに仕事を変えます。これは鉄則です。それをしないと、たしかに社員は怠けます。」

「なるほど」

「成果があがっているうちは、みんな働き者ですよ。」

なるほど、教えなくても、信頼されなくても、部下のモチベーションは上がるのだ。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業でwebマーケティングに従事している方向けのライブ配信オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年8月24日実施ライブ配信>

よく相談を受けるWebマーケティング悩み7選、をぶった斬る

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-
※申込み時アンケートでお悩みをご共有頂ければ可能な限りお応えします

<内容>
1.オウンドメディアのコンバージョン率低すぎて意味ないのでは?
2.リード獲得のしやすいテーマで記事コンテンツを作る必要ある?
3.外部のライターだと内容が薄くなったり具体性が欠けたりと質の担保が難しくないですか?
4.オウンドメディアのテーマはしぼったほうがいいですか?
5.上司にマーケティングやアクセス解析の知識がほとんどない
6.(申込み時のアンケートから選びます①)
7.(申込み時のアンケートから選びます②)
講師:楢原一雅(ティネクト)
ファシリテーター:倉増(ティネクト)


日時:2022年8月24日(水)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/8/2更新)