年度初めになると、毎年5ちゃんねるには「仕事ができない高学歴」というスレッドが立ち、ネットニュースでは「期待外れな東大卒社員」といったタイトルが並ぶ。

 

偏差値が高いからって、仕事ができるわけじゃない。

そう言う人は多いし、わたしもそう思う。

 

その一方で、「学歴フィルター」は依然として存在しているし、「学歴不問」を謳っていても、実際は高学歴しか採用しない企業なんてのも問題になった。

「仕事ができない高学歴」が揶揄されるのに、それでも高学歴が積極的に採用される。

 

「学歴」と「仕事」の関係は、謎だ。

今回はその謎を、わたしなりに解き明かしたいと思う。

 

学校は「インプット」、社会に出ると「アウトプット」重視

そもそも「高学歴」とは、偏差値が高い人、いわば「学校で求められる勉強ができる人」のことを指す。

 

じゃあ、「学校で求められる勉強」ってなんだろう?

それは、知識や経験を蓄える「インプット能力」だ。

 

学校でいわれる「頭のいい子」は、公式を教えたらすぐ応用問題が解けたり、よくものを知っていたりと、情報の吸収力が高い。

教科書の内容や先生が言ったことを自分のなかにで整理し、咀嚼、消化してどんどんインプットするのだ。

ちなみに『賢さをつくる 頭はよくなる。よくなりたければ。』という本では、「インプット力とは『抽象化能力』」と書かれている。

知識や経験を集めてそれらを整理して体系化、つまり抽象化することを意味するそうだ。

受験で例えれば、過去問をたくさん解いて、そこから出題傾向をつかむのがインプットに当たる。

A大学は、古典で毎回和歌を出す。単語の意味や助詞などの知識を問う問題に見えるが、実は登場人物の相関関係の理解を確認する意図がある。じゃあ、人間関係を重視して読解練習をしていこう。こんな感じ。

 

「個別の設問」という具体的な情報を集めて、そこから「この大学は学生にどんな能力を求めているのか」という抽象的な情報にまとめていく。これが、インプットだ。

 

では反対にアウトプットはどうかというと、抽象化に対し「具体化」の能力を指す。

自分のなかにある知識や経験から必要なものを取り出し、応用することをいう。

受験でいえば、「尊王攘夷を説明せよ」という論述問題で、「水戸学」「鎖国」「ペリー来航」「安政五か国条約」といった知識を総動員してひとつの答えにまとめる。これが、具体化であるアウトプットだ。

 

日本の学校のテストや受験は、いかに知識を吸収したかを問う問題が多く、インプットを重視している。

インプット重視の教育でいい成績を修めた高学歴は、インプット能力を発揮できる作業、つまり抽象化が必要な仕事において、活躍できる可能性が高いのだ。

 

インプット能力が高い高学歴をプレイヤーにするから「使えない」

では、抽象化するインプット能力を発揮できる仕事とは、どのようなものだろう。

 

『賢さをつくる』という本のなかの、「プレイヤーは具体的、リーダーは抽象的な仕事をする」という表現がおもしろかったので、紹介したい。

「プレイヤー」は、実際に「作業」をすることで価値を作り出す人だ。責任を持つ範囲は比較的狭く、何か一部分に特化することが多い。営業の仕事であれば「担当はこの何社」とか、工場の仕事であれば「この製造ラインのこの部分」という具合だ。(……)
「マネージャー」の領域になると、仕事は抽象的なことが増えてくる。売上と経費をコントロールして収支を管理するとか、ビジネスモデルを組み立てるとか、あるいは、多数の部下をまとめるための組織づくりや制度作りをする、といったことで、管理職は価値を生み出す。(……)
「リーダー」の領域では、価値を生む仕事はさらに抽象的になる。会社であれば、会社の向かう方向性を決める経営理念を考え、組織を支える文化や哲学を生み出すのがリーダーの仕事だ。

つまり、プレイヤー→マネージャー→リーダーの順で、仕事内容は抽象的になっていく。

 

現場のプレイヤーたちは、「この作業を1時間でこなそう」とか「3社と契約することを目標にしよう」とか「明日のプレゼンはこの商品を売り込もう」とか、短期的で実践的な仕事をする。

それは、自分の知識や経験を目の前の出来事に合わせて具体化する、「アウトプット」と相性がいい。

 

一方で、リーダーは「売り上げを伸ばそう」「顧客満足度を上げよう」「若者に響くブランディングをしよう」というように、長期的で理念的な仕事を担う。

それらは、多くの情報を総合して体系化、抽象化する「インプット」と相性がいい。

 

つまり抽象化能力が高い高学歴は、インプット重視のリーダーの仕事に対する適性が高いわけだ。

でも、新人がいきなりリーダーになれるわけではない。最初に任されるのは、みんな、アウトプット重視の現場プレイヤーの仕事。

 

「この作業を10分以内にできて一人前」だとか、「とにかく電話をかけまくってお客さんを増やせ」だとか。

そうすると、高学歴は得意な「抽象化能力」が発揮できない。

リーダー仕事の適性がある高学歴なのに、現場プレイヤーとして活躍できなければ、「使えない」と言われてしまう。

 

これが、「仕事ができない高学歴」が生まれる背景なんじゃないかと思う。

 

階段型キャリアで高学歴を求める必要性

となると、「仕事ができない高学歴」対策はかんたんだ。

彼らは長期的で理念的、抽象化が必要な仕事が得意なのだから、その能力を発揮できるリーダーポジションに就かせればいい。

そしたら学校でいい成績を修めたように、仕事でも活躍できるかもしれない。

 

……でも残念ながら、現実ではそうはならない。

日本は年功序列だから、基本的にみんな同じスタートラインからキャリアを歩みはじめる。

高卒・大卒のちがいはあるが、大学でなにを学んだか、どんな成績だったかはほとんど無視され、一律「初任給」からスタート。

 

リーダー適性が高い人でも、「新人はまず契約100件取って一人前」だと言われ、プレイヤーとして優秀な能力を求められる。

そしてそこで「無能」のレッテルを貼られたら、もう上には上がれない。「使えない高学歴」として、端っこに追いやられてしまう。

 

リーダー適性が高いから「学歴」を買うのに、リーダーにせず「プレイヤーとして活躍できないから無能」といわれるなんて、おかしな話だよね。

もちろん、「まずは現場を理解するべき」というのはわかる。

でもリーダー適性を期待してわざわざ高学歴を採ったのなら、プレイヤーとして一流になることを求めなくてもいいはずだよね。

 

ほら、スポーツでも、元トッププレイヤーじゃないと監督になれないわけじゃないし。

プレイヤーから叩き上げる階段型キャリアなのであれば、そもそも最初から、高学歴じゃなくて専門学校生とかを採用して育てればいいしのに……。なんだか、変だよね。

 

海外ではなぜ30代のリーダーが生まれるのか

ちなみに多くの国には、「エレベーター型キャリア」がある。

現場でひととおり基礎を学んだら、高学歴組はエレベーターでさくっと上層階に上がれるのだ。

30代で取締役や国会議員とか、海外ではよく見るでしょ? その人たちは、高学歴キャリアエレベーターを使って、そのポジションに就いたというわけ。

 

ジョブ型が一般的な国では、日本のように横並びスタートではないので、企業が高学歴を「買う」にはカネがかかる。好待遇で迎えないと、優秀な人が来ないから。

高いカネを出すのだから、さっさと上にいって、むずかしい仕事をこなしてガンガン結果を出してくれ、と思うのは当然だ。

 

高学歴組は相応の優遇を受けるが、そのぶん期待に応えられるかどうかがつねに問われる。

「海外のエリートは日本人より激務」なんて言われる所以だ。

まぁ「高学歴」とはいっても、日本のような偏差値ではなく、マスター(修士)以上や仕事に直結する分野を専攻して優秀な成績を修めたとか、そういう意味だけどね。

 

でも、高学歴を優遇するからといって、現場を軽視するわけではない。

たとえばわたしが住んでいるドイツでは、10代で「大学に進学して学問するか、職業訓練して手に職をつけるか」を選ぶ。

職業訓練のほうに進んだら、現場プレイヤーとして活躍できるよう、勉強しながら実務経験を積む。

高学歴組よりは給料が低いことが多いが、だからといって社会的地位がめちゃくちゃ低い、なんてことはない。

 

プレイヤーの仕事はプレイヤーに、リーダーの仕事はリーダーに。

2本の道はきっちり分かれているから、「学歴差別」「ずるい」という感情はあんまりない。

どちらも職場には必要だから、役割分担している、というだけ。

 

プレイヤーがリーダーになりたければ、資格やら学位やらを取ってキャリアエレベーターに乗る切符を手に入れなければならない。

もともとその切符をもっている高学歴組が先にエレベーターに乗るのは、多くの国では、当然の権利として認められるのだ。

 

「仕事ができない高学歴」は日本ならではかも?

「日本の働き方はほかの国とはちがうメンバーシップ型」とよく言われるけど、改めて考えてみると、「使えない高学歴」も、もしかしたら日本独特なのかもしれない。

まぁ「仕事ができない人間」っていうのは、世界各国どこにでもいるけどね。

でも日本の「高学歴」(偏差値が高い大学出身者)を取り巻く環境は、ほかの国の「高学歴」(専門分野をもち優秀な成績を修めた人)の環境とは、ちょっとちがう気がする。

 

日本は横並びスタートなので、高学歴だからって待遇が良くなるわけでも、そのぶんむずかしい仕事がまわってくるわけでもない(エンジニアや研究職などは別として)。

そのわりに、「高学歴なんだからある程度できるだろう」なんて期待をされ、リーダー仕事の適性が高いのに、プレイヤーとして活躍できないとがっかりされる。

しかも、期待に応えたらすぐに出世できるかというと、そういうわけでもない。

 

高学歴を積極的に採用するのなら、もっとわかりやすいキャリアエレベーターをつくってあげればいいのになぁ……と思いつつも、日本じゃ「高学歴=その分野の専門知識がある人」ではないから、エレベーターに乗せても意味ないかもなぁ、と思ったりもする。

 

「使えない高学歴」は、プレイヤーから叩き上げる階段型キャリアの日本で、実践ではなく理論を学んだ高学歴に高い期待を寄せる矛盾を、ズバリ表している言葉なのかもしれない。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業でwebマーケティングに従事している方向けのライブ配信オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年8月24日実施ライブ配信>

よく相談を受けるWebマーケティング悩み7選、をぶった斬る

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-
※申込み時アンケートでお悩みをご共有頂ければ可能な限りお応えします

<内容>
1.オウンドメディアのコンバージョン率低すぎて意味ないのでは?
2.リード獲得のしやすいテーマで記事コンテンツを作る必要ある?
3.外部のライターだと内容が薄くなったり具体性が欠けたりと質の担保が難しくないですか?
4.オウンドメディアのテーマはしぼったほうがいいですか?
5.上司にマーケティングやアクセス解析の知識がほとんどない
6.(申込み時のアンケートから選びます①)
7.(申込み時のアンケートから選びます②)
講師:楢原一雅(ティネクト)
ファシリテーター:倉増(ティネクト)


日時:2022年8月24日(水)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/8/2更新)

 

 

 

【著者プロフィール】

名前:雨宮紫苑

91年生まれ、ドイツ在住のフリーライター。小説執筆&写真撮影もやってます。

ハロプロとアニメが好きだけど、オタクっぽい呟きをするとフォロワーが減るのが最近の悩みです。

著書:『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』(新潮新書)

ブログ:『雨宮の迷走ニュース』

Twitter:amamiya9901

Photo by Gl Co