あぁ富士山 そりゃ短歌にも 読まれるさ

 

昔から富士山は、日本人に大変人気の山です。(最近は外人にも)

何が良いのかって、まず形。あのフジサン型はとてもカッコいい。

Mountfujijapan

はじめて新幹線から富士山見た時に、あまりの形のカッコよさに、一目惚れしました。

 

そして、山としては実は珍しい独立峰。

Untitled

なので、登りやすい。

例えば、北アルプスで人気の山、槍ヶ岳(3180m)は山脈の中にあるひとつの峰に過ぎないので、

下からは見えなくて、2日間かけてようやく見えてくるような山です。

R1006270

北穂高岳から見た槍ヶ岳(一番奥の尖ったやつ)

 

なので、そのわかりやすさから富士山は毎年多くの登山者が登っています。

私もあの富士山に一回くらいは登っておきたいと思い、何度も登りました。

そして、登った時に感じること、あのカッコいい富士山が見えない。

景色はいいんだけど、あのカッコいい富士山はどこ?

足下です。

 

ということで、富士山に登ったって富士山は見えないので、富士山見たいなら富士山の周辺にいるべし。

そのような正統な理由を掲げ、先週の日曜日、富士山一周自転車レースに参加しました。

Mt.FUJIエコサイクリング2014という大会にアダチと2人でエントリーしました。これだったらあらゆる角度から富士山が楽しめるはずです。

その大会の模様をお伝えします。

R0010551 R0010557

スタート地点。右写真の正面は富士山。雨。

 

R0010555

スタート前。雨。

R0010560 R0010562

朝の6時半頃スタートしました。雨。

R0010569 R0010568

言い忘れましたが山中湖スタートです。雨。

R0010576

富士急ハイランドです。雨。

R0010588 R0010589

33km地点。自転車レースは、途中エイドと呼ばれる休憩所が設けられてます。雨。

R0010592 R0010591

本栖湖周辺。雨。

R0010596

富士山の裾が少しだけ見えた。雨。

R0010598

43km地点。3回目のエイドです。入る直前に側溝で滑り転びました。大腿骨、肋骨、頭打ちました。雨。

R0010604 R0010606

牛がいた。雨。

R0010612

この方向に富士山がある。雨。

R0010614 R0010622

富士宮辺り。途中から濃い霧に包まれる。雨。

R0010624

78km地点。6回目のエイド@富士山こどもの国。バックは富士山。雨。

R0010630 R0010631

御殿場の富士演習場周辺。右の写真は富士山。雨。

R0010633

御殿場駅です。雨のせいでデジカメがバカになってます。雨。

R0010636 R0010637

108km地点。8回目ついに最後のエイドです。右の写真バックは富士山。雨。

R0010638

籠坂峠通過。御殿場から約16km標高差660m(4.1%)の登り。ツール・ド・フランスで言う2級山岳です。

いろんなもの恨みました。カメラもバカ。雨。

R0010644

ゴール地点。雨。

R0010648

記念撮影。雨。

CATEYE Atlas 富士エコサイクリング

富士山のまわりぐるりと1周しました。6時間半120kmの行程でした。

富士エコサイクリング 標高

まるでツール・ド・フランスの1ステージ分走ったかのようです。自己満足です。

 

雨の中6時間半ずっと走りっぱなしで、体が冷えてしまって。最後ゴールした時は、寒くて寒くてしょうがなかったです。

必然的に温泉にチョッコーです。車の中暖房全開で向かいました。

R0010652

紅富士の湯ってところに入りました。最高でした。

ちなみに夕方は紅富士が見える温泉らしいです。いいえ。

R0010650

帰りにちょこっと陽がさした。

あれだけ見たかった富士山、一度も見ることができませんでした。

でも、レースまた出ます。自転車楽しい。

(了)

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。