logo_cyberagentサイバーエージェントの社長が辞めた社員に激怒している、という記事が日経新聞に出ていた。

私が退職希望者に「激怒」した理由  (藤田晋氏の経営者ブログ) 

「ネットバブル」と呼ばれた当時、我々は複数の業界で、競合となる大企業から人材を次々と引き抜いていました。この時、どの業界であっても、業界1位と2位以下の反応は好対照でした。我々の引き抜きを行った際、業界1位の会社は転職した社員にも我々にも、「出入り禁止」と言わんばかりにカンカンに怒っていました。一方、業界2位以下の会社は、「辞めても、仲良くやろう」「これを機に会社同士の新たなコラボレーションが生まれるかもしれない」と寛容でした。

そうした態度は、とても良い会社に見えますし、良い人たちに思えますが、この時私は、あることに気づいたのです。すなわち、この「甘さ」が1位と2位以下の差につながるのだと。当時1位で激怒していた会社は、今でも業界首位を堅持しています。

長い目で見れば、社会に対しても社員に対しても、良い会社とは永続性のある強い会社のことだと思っています。そのためには、優秀な人材を競合には渡さない、という毅然とした態度も必要だということに、その時、気づきました。それから私は、不寛容と言われようが、社員が同業の競合に引き抜かれた場合は「激怒する」という方針を決めたのです。

藤田氏の発言には賛否両論あるようで、「当たり前だ、支持する」という意見もあれば、「器が小さい」と非難する声も多い。

 

私個人的には、彼は創業社長なのだから、「好きにすればいいんじゃない」という印象だ。上場企業とはいえ、オーナー企業色が強い会社だ、彼がカラスは白いといえば社員は白いと言わざるをえないし、右を向けと言われれば、全員右を向くだろう。

そういうことができるのは、オーナーの特権なのだ。彼が積み上げてきた実績を考えれば、特に批判されるいわれもない。

 

しかし、この記事を呼んで私が一点だけ、「気の毒に…」と思ったことがある。

それは、彼は企業経営を「戦争」と思っているのではないかという点だ。業界一位だ、二位だ、そういうことが彼にとってはとても重要なのだろう。

「とにかく勝たなくてはいけない」そういう気迫というか、思いが伝わってくる文章だ。

 

だから、「私とは考え方が違うな」という結論だ。

甘いと言われようがなんだろうが、私は企業経営を「戦争」とは思っていない。こっちが勝てば、あちらが負ける、というのはなにか古臭いものを感じる。企業というものは単なる社会の一組織であり、その役割として、人間が使える資源や知識のパイを大きくする存在、と思っている。

そういう意味では、新しいものを生み出したり、今までにはなかったマーケットを作り上げたりすることが企業活動の本質だと考える。本質的に重要なのは、競合との勝ち負けではない。

 

だが、彼の立場として、上場してしまったからには、短期的にも利益を出さなければならないし、競合との勝ち負けはとても重要だ。だから、彼は「戦争」をしなくてはいけない。

辛い立場だろうが、頑張って欲しいと思う。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業でwebマーケティングに従事している方向けのライブ配信オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年8月24日実施ライブ配信>

よく相談を受けるWebマーケティング悩み7選、をぶった斬る

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-
※申込み時アンケートでお悩みをご共有頂ければ可能な限りお応えします

<内容>
1.オウンドメディアのコンバージョン率低すぎて意味ないのでは?
2.リード獲得のしやすいテーマで記事コンテンツを作る必要ある?
3.外部のライターだと内容が薄くなったり具体性が欠けたりと質の担保が難しくないですか?
4.オウンドメディアのテーマはしぼったほうがいいですか?
5.上司にマーケティングやアクセス解析の知識がほとんどない
6.(申込み時のアンケートから選びます①)
7.(申込み時のアンケートから選びます②)
講師:楢原一雅(ティネクト)
ファシリテーター:倉増(ティネクト)


日時:2022年8月24日(水)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/8/2更新)