就活の面接において、学生に「リーダーシップをとった経験」を聞く会社は多いだろう。

それに対して学生は、「アルバイトのリーダー」や、「サークルのリーダー」の経験を語ることがもはや定番と言っても良い。

 

「コンビニのアルバイトのリーダーをつとめました、店舗の売上の改善に寄与しました」

「サークルのグループリーダーとなって、チームをまとめました」

 

面接で何度こういった話が繰り返されただろうか。

多分、面接官も「また同じような話」と思っているに違いない。

もちろん、学生の側も「なぜ、こんな話に興味をもつのか」と、不思議かもしれない。

 

事実、私は、ある学生の方から、質問を受けたことがある。

「すぐに管理職になるわけでもないのに、なぜリーダーシップの話を聴くのか、実際に皆が管理職になるわけでもないのに、なぜリーダーシップの話を聴くのか」と。

 

 

おそらく、根底には学生と社会人の「リーダーシップ」に関する意見の相違がある。

学生の側から見れば、「リーダーシップ」を問われる理由は、人を使ったり、人の相談にのったり、何かチームで成果を上げたり、そういった「人の上に立つ」能力を見られていると思うかもしれない。

しかし、「リーダーシップ」に関する質問の意図は、別のところにある。

 

面接官が知りたいのは、「人の上に立つ能力」ではない。

では、何を知りたがっているのか。

実は、ほとんどの面接官が本当に知りたいのは「進んで誰もやらないことを引き受ける責任感」だ。

 

そういった「責任感」は、マニュアルで身につくものではない。また、人に言われて身につくものでもない。

そして「社会人だから持っている」というわけでもない。

それは、涵養されるものであり、人生が反映されるものであり、「当事者意識」そのものである。

 

 

日本企業は、多くの外資系企業と異なり、「職責」が曖昧である。

すなわち、「これは私の責任、これはあなたの責任」という境界線がハッキリしていないのである。

 

だから、多くの日本企業の現場で重視されるのが、「これは私の仕事ではない」と、言わないことなのだ。

仕事において、「これは私の仕事ではない」と事ある度に言う人は、職場で信用されない。

「中間に上がったフライ」を声をかけて自分からキャッチしに行くような人物が、日本企業で求められている人材だ。

 

 

断っておくが、これが良いことかどうかは、別問題である。

「もらっている給料以上のことを求められる」

「できる人に仕事が集中する」

と言った、弊害もあるのかもしれない。

だが、多くの日本企業がこういった責任感を重視しているのは、間違いない。

 

だから、前述したように面白いことに、日本で言う「リーダーシップ」とは、人の上に立つことではない。「皆がカバーできていない場所をすすんで見つけて、間を繋げる役割」が、「リーダーシップ」と解釈されている。

そのために、「リーダーシップ」という表現を用いて、学生の能力を検証しているのである。

 

「これは私の仕事ではありません」という人を採りたくない。これが日本企業の本音だ。

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (最新記事をフォローできます)