200655674d4e3b011069db9c0c585575_s彼は、フリーランスをやっていた。webページ作成等の案件を、知り合いからもらい、悠々と暮らしている。独り身で、いつも同じ服を着ており、いつ働いているかもよくわからない。

「就職しようと思わなかったの?」と聞くと、「オレはお世辞が苦手だから、就職しても会社に馴染めない」と、言う。

彼に、「もっと仕事お願いできない?」と聞くと、「やる気が無いからムリ」と言う。

 

そんな彼だが、面白いことに彼はいつも幸せそうだった。

「まあ、適当に楽しく生きているよ」というのが彼の口癖であり、いつも飄々としている。

 

 

その日は彼にしては珍しく饒舌だった。

「いやー、毎日楽しいよ。」と彼は言う。

「何が?」と切り返すと彼は、

「全部」と言う。

私が怪訝な顔をすると、彼は、ニヤリと笑い、「なんの才能もカネもないやつが、楽しく生きる方法を教えてやる」と言った。

 

「一つ目。早起きする。」と、彼は言った。

「早起き?」

「朝はいい気分になれる。夜はろくなことを考えないから、早く寝ちまうんだ。」

「二つ目は?」

「二つ目、本を読む。

「本?それだけ?」

「図書館に行って、本を読めば、金なんかいらないって思える。想像することは最高の楽しみだ。大抵のことは、本を見れば解決する。」

「三つ目は?」

下を向かない。

「下を向かない?」

「空を見てあるくと、気分が晴れる。」

「なんか変な精神論のような気がする。」

「何言ってんだ。楽しいかどうかは、心が決めるだろう。」

「まあ、そりゃそうだ。」

「四つ目。嫌な奴とは、付き合わない。

「ほう。」

「嫌なやつとは付き合わない。お互いの幸せのために。人生の基本だ。」

「なるほど。それはそうかも。」

「五つ目は…。」

「まだあるの?」

「これで最後。「面倒だ」と言わない。

「…?」

「面倒なことが、楽しいんだよ。カンタンに済ませようとするから、ほんとうに楽しいことが見えないんだ。」

「達観しているな。」

「何言ってんだ。楽しく生きるのが第一目的だろう。」

 

 

残念ながら、私は彼の境地に達することは出来なかった。

が、それでも、彼の言ったことを時どき思い出す。

 

どんな境遇でも、楽しくあることは可能なのだ。

 

【お知らせ】
「生成AIは思ったより大したことなかった」とお考えの方、それは間違いです。 プロはプロのスキルを駆使して生成AIを想像以上に使いこなしています。今回のティネクトウェビナーではプロがどのように使いこなしているかをご紹介します。
<2024年6月24日実施予定ウェビナー>

なぜ生成AIで"思い通りに"キャッチコピーや記事が作れないのか?

【内容】
1.なぜ生成AIで上手くキャッチコピーやSEO記事が作れないのか?
2.マーケティング自動化支援ツール”Automagic”のデモンストレーション
3.Q&A

【対象者】
・大企業・中堅企業の役員、および企画部門、マーケ部門
・マーケティング会社・代理店・PR会社の管理職
・スタートアップ企業の経営層
・フリーランス/個人のコンサルタント

【講師紹介】
元電通コピーライター 「言葉にできるは武器になる」
著者 梅田悟司
ティネクト代表取締役社長 「頭のいい人が話す前に考えていること」
著者 安達裕哉


日時:
2024年6月24日(月)18:00〜19:30
参加費:無料  
Zoomウェビナーによるリアルタイムストリーミング配信となります。


お申込みは こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/6/2更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

・農家の支援を始めました。農業にご興味あればぜひ!⇒【第一回】日本の農業の実態を知るため、高知県の農家のご支援を始めます。