少し前に、知人がこんな記事を紹介していた。

なぜ35歳を超えると頑張らなくなるのか

20代のころ、自分のずっと上の先輩たちが35歳過ぎくらいにパフォーマンスが落ちていったのを不思議に思っていた。

そして、30歳を超えたとき、いままで一緒に頑張ってきた先輩達が35歳を超えたあたりで突然やる気をなくしていった。

いったい何が起こっているんだ?

35歳にいったいなにがある?

謎は解けないまま、私も37歳になっていた。

すっかり気力が無い。まったく仕事のモチベーションが沸かない。

自分がなってみて謎が解けた。

でも答えは教えな~い。

若手の時は、やる気のないオジサンを見て、自分はああはなるまい、と思っていたが、いざ自分がその立場になると、同じ陥穽にハマってしまう。

そんな話を聞く。

 

20代のときは

「そんなことって本当にあるの?」

と、誰もが思う。

 

ある。

むしろ特に若い頃に頑張って働いた人ほど、ハマりやすいと言っても良い。

個人的にも、35歳あたりから、仕事が恐ろしく退屈になった記憶がある。

 

35歳といえばどんな年だろうか。

社会人になって十数年、仕事はそれなりにできる。頼りにしてくれる後輩や部下もいる。

給料もそれなりに貰っていて、信頼を積み上げているお陰で、社内で好きなこともある程度はできる。

 

にもかかわらず、私は毎日、仕事と会社が絶望的につまらなかった。

 

毎日、ドキドキしなくなったのである。

20代は、初めての仕事ばかりで、「いつ大失敗して、クビになるかもわからない」という緊張感があった。

先の見通しは立たず、1年後、2年後自分が何をしているのか、さっぱりわからなかった。

その時は「早く安定したい、将来の見通しを立てたい」と思っていたのだが、いざ安定してみると、そこには全く別の世界があった。

 

例えば、

うまくいくか、行かないか、その仕事の結果が、ある程度読めてしまう。

上司はいつも同じことを言う。

昔のような「能力の向上」の実感は殆ど無い。

すでに「目指すべき人」は社内にはいない。

そんな具合である。

 

私の世代であれば、ドラゴンクエストや、ファイナルファンタジーといったRPGに熱中した方も多いだろう。

だが、私は「最後までやりきったゲーム」が異常に少ない。

なぜなら、いつもラストダンジョンになると、やる気を失ってしまうからだ。

 

序盤はとても面白い。自分が強くなる実感が得られるし、新しい世界が次々に広がっていく。

ところが、中盤を経て、終盤になると、とたんにゲームはつまらなくなる。

作業的なレベル上げ。

探検しつくされた世界。

有り余るお金。

 

そうだ。

操作するキャラクターは強くなっているはずなのに、そこには「可能性」が無くなっているのである。

キャラクターが育ち、謎がとけ、世界の広がる可能性だ。

 

「可能性」が無いのに、頑張ってどうする。無駄である。やる気を無くす。

それが、「35歳で落ちるパフォーマンス」の正体だ。

 

ピーター・ドラッカーは、こんなことを述べている。

今日、中年の危機がよく話題になる。四五歳ともなれば、全盛期に達したことを知る。同じ種類のことを二〇年も続けていれば、仕事はお手のものである。学ぶべきことはさしてない。仕事に心躍ることはない。

私は37歳でこれに気づいたとき、「仕事の設計」を全く変えなければならない、と思った。

 

今はロールプレイングゲームの終盤である。もうこのゲームをやめたい。

違うゲームを始めなければならない。ゲームクリアに拘る理由なんて、なにもない。

 

思ったら、行動しなければならない。すぐに上司に「1年後、会社を辞めます」と告げた。

上司は「何故だ」と聞いた。

私は一番上司が引き止めにくいであろう回答をした。「起業します」と。

上司は笑わなかった。「そうか、頑張れ」とだけ言った。

 

だが、そのときは実は、起業するかどうか決めてはいなかった。1年間の猶予のなかで、新しいゲームを何にしようか、考えようと思っていたのだ。

 

だが、その後の変化は劇的だった。

「会社を辞める」という決断をし、新しいことをやらなければならない、という課題を与えられた瞬間、私のレベルはまた1に戻った。

新しいゲームが始まったのだ。

毎日が、とても有意義で、楽しいものに戻った。

 

その後、正式に「起業する」と決めたあと、事業の傍らでブログをやろうと思った。自分で商売をするならば、必ず集客の導線が必要だと思ったからだ。

ブログは初期投資も殆どゼロ、身一つで始めることができる。

お金も人脈もない私には、丁度良い。

 

「辞めます」と上司に告げてから3ヶ月後、正月に帰省していた妻の実家で、コタツに入りながら初めてのブログの記事を書いた。

それを見て、妻は呆れたように私にいった。

「それがアンタの仕事?」

「……。まあ、そうです。」

「ほんとうに会社辞めて大丈夫なの?」

妻を安心させてあげたかったが、余計なことを言ってもさらに不安にさせるだけだ。

 

とは言え、私も結果が出るかどうかなど、全くわからない。

それでも「終盤のロールプレイングゲーム」を延々と続けるよりはマシだった。

「不安の中にこそ、楽しさが存在する」と、私は確信していた。

 

 

仕事がつまらない、と感じている30代なかばから40代の方には「仕事の再設計」が必要である。

起業、複業、ボランティアへの参加……人生には様々なオプションが存在している。

 

特に今やっている仕事において「スキルが伸びやなんでいる」「出世の望みがない」「人間関係が固定されている」などの現象が起きている方は、絶対だ。

 

前述したドラッカーは、続けてこう述べている。

知識社会では、成功が当然のこととされる。だが、全員が成功することはありえない。失敗しないことがせいぜいである。

成功する人がいれば、失敗する人がいる。

そこで、一人ひとりの人間及びその家族にとっては、何かに貢献し、意味あることを行い、ひとかどになることが、決定的に重要な意味をもつ。

第二の人生、パラレル・キャリア、篤志家としての仕事をもつことは、社会においてリーダー的な役割を果たし、敬意を払われ、成功の機会をもつということである。

 

*****

 

こんな話を聞きたい、という方向けのイベントを「エール株式会社」との共催で8月2日の夜に開催します。

仕事を楽しくしたい、パラレルキャリアに興味がある、第二の人生の設計をしたい、という方はぜひご参加を。

お申込みはこちら http://peatix.com/event/284980

 

 

 

【お知らせ】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

・「「仕事ができるやつ」になる最短の道」のオーディオブックもできました

 

(Photo:Vinu Thomas)