books今日からゴールデンウィークです。せっかくの長期休みなので、普段なかなか読めない物語や小説など、ビジネス書以外の本も読んでみてはいかがでしょうか?お休み中はどこにいってもほんとうに人が多いので、遠出せずにカフェで本を読んだり、小説など片手に料理をしたりと、近場で楽しみたいですねー。

 

ということで、純粋に面白さだけを追求した本を選んでみました。読みだすと、止まらなくなること請け合いですよ!

 

1.村上春樹 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

 

村上春樹は人によって好き嫌いが分かれるかな、と思っていますが、この本は万人向けに面白いと思います。最初関係無かった2つの世界が、徐々に絡まりながら、次々伏線を回収していき、最後に「世界の終わり」という一点に収束する。映画「マトリックス」が好きな方であれば、なお楽しめます。

上下巻ありますが、読みだすと2日もかからずに読めます。

 

 

2.ジュール・ベルヌ 神秘の島

神秘の島〈第1部〉 (偕成社文庫)

SFの父、と言われたジュール・ベルヌの大作。ジュール・ベルヌの小説は、ディズニーランドにも採用されています。子供が読んでも十分楽しめるくらい平易な小説ですが、大人にとっても読み応えがあります。

無人島に投げ出された人々が、自らの知識、とくに「科学」の知識を使って困難に対処していく話で、単なる無人島の漂流記とは一線を画す出来です。ミステリ仕立てになっており、全く飽きさせません。

 

3.アレクサンドル・デュマ モンテ・クリスト伯

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)

この小説、ヤバイくらいハマります。古くは「岩窟王」というタイトルで出ていたのですが、正式名は「モンテ・クリスト伯」です。三銃士という有名な小説を書いたアレクサンドル・デュマによる長編小説です。

「三銃士」はたくさん映画化もされましたが、モンテ・クリスト伯は長編小説のためか、ほとんど映画化されていません。ですが、ハッキリ言って三銃士よりも断然面白いです。内容は「復讐劇」なのですが、とにかく主人公の復讐が「クール」の一言に尽きる。

 

4.J・R・R・トールキン 指輪物語

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)

言わずと知れた、小説ですが、ファンタジーな世界を最初にきちんと作り上げたのがこの物語です。「ロード・オブ・ザ・リング」というタイトルで映画化もされましたので、見たことのある方も多いかもしれませんが、小説は映画の100倍は面白いです。

映画はかなりシリアスな感じだったのですが、小説の主人公たちは全くイメージがちがい、逆境に有っても本当に明るいので、最後まで「仕事を楽しんでいる」ホビットたちに癒されます。やっぱり、ポジティブシンキングですよね!

 

5.ミヒャエル・エンデ はてしない物語

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

傑作すぎて、泣けてきます。もし読まれるのであれば、ぜひ文庫本ではなく、ハードカバーのものを買って読んでみてください。「現実の世界では」ダメ少年だった主人公が、本を読んでいるうちに本当に本の世界へ・・・という話なのですが、終盤の演出が完全に大人向けです。

子供向けとは言えないほどの完成度と、なんとも言えない恐怖感が終盤の演出を秀逸なものにしています。

これも「ネバー・エンディング・ストーリー」というタイトルで映画化されているのですが、小説の完成度が高すぎて、まったく映画が物語の演出を再現できていません。ぜひ読んでみてください。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。