2744040362_6265e8f9f3_z採用がほんとうに難しいです、という嘆きを経営者や人事の方から聞く。

「いい人を採るために何をしていますか?」

と伺うと「広告を増やしました」「イベントに参加しました」「SNSを活用しました」などと回答がある。単なるアピール不足で人が採れていないケースでは、これらの手段は有効である。

だが、ある経営者の話を聞き、私は大事なことを忘れていたと認識した。

 

 

私は、その経営者に世間話をしようと採用の話を何気なくもちかけた。

「いま、多くの会社で人が採れない、という悩みを抱えていますよね」

「そうなんですか?うちは人が採用できない、という悩みを持ったことはないですよ。」

「…本当ですか?」

「本当です。」

「…秘訣を教えて欲しいのですが…」

「真理は一つです。いい人が採れないのは、ダメな会社だからです。逆に言えば、良い会社であれば良い人が採れます。それだけの話です。」

「…もう少し具体的に教えていただけないでしょうか」

「いいですよ、良い会社というのは、こういう会社です。

一つ、給料が高い
二つ、そこに勤めている人の能力が高い
三つ、チャンスがたくさんある
四つ、労働環境が良い
五つ、経営者が信頼できる

これであれば、きちんとアピールするだけでいい人が採れます。」

「それはそうですが…」

 

 

「欲しい人って、やる気があって、頭が良くて、実行力があって、努力できて、素直。そんな人ですよね?でも、そんな人は「良い会社」にしか行かないですよ。」

「普通の会社はどうすればいいのでしょう?」

「社長の知り合いから採用するのが一番です。知り合いすら入社しない会社に、誰が来てくれますか?そして、儲けましょう。儲けて人に投資し良い会社になります。並みの会社には人は来ません。」

「…」

「普通の会社は、採用せず、まずは儲けろと、そういうことでしょうか?」

「そうですね。とりあえず人を増やして売上を増やす、ではすぐに行き詰まると思います。肝心なのはいかに人を増やさず利益を伸ばすかです。採用は最終手段ですよ。人が必要なら、社外の有能な人を使えばいいのです。無理やり人を採用するよりも、結果的にコストも低いですから。」

「なるほど…。たしかに最近は社内外の混成プロジェクトが増えた気がします。」

「気のせいではないです。知識が重要な社会では、その都度専門家を集めたほうが良いのです。日本では、ダメな人をクビにできないですから。

クビにできない、ということはダメな事業から撤退するのがむずかしい、ということでもあります。これは致命的なことです。」

 

人に投資できる会社だけが良い人を採用できる、という当たり前の事実を、私は忘れていたのだ。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします)

・【大学探訪記】を始めました。

「研究が楽しい」「研究成果を知ってほしい」「スタートアップを立ち上げた」

という学部生、大学院生、研究者、スタートアップの方は、ぜひ blogあっとtinect.jp までご連絡下さい。卒論、修論も歓迎です。ご希望があれば、当ブログでも紹介したいと思います。

【大学探訪記Vol.5】銀幕スターを通じて「戦後の日本人」を解き明かす

【大学探訪記 Vol.4】ベトナムの人材育成を支援したい!と、ベトナムに単身渡る女子大生

【大学探訪記 Vol.3】プロ野球に統計学を適用するとどうなるか?

 

・ブログが本になりました。

 

 

 

(Photo:Lars Plougmann)