最近「仕事」ってキーワードで記事書く依頼を受けた。あまり得意じゃないし、そんな時はまずはインターネット様にお伺いたてる。

一昔前だったら、本屋とか図書館に行って「調べ物、調べ物」なんて言って、あっち行ったりこっち行ったりしてたと思う。

でも今はインターネットの中にある人間の膨大な知識の塊を、綺麗に整理して届けてくれるヤツがいる。人はそれを「グーグル博士」と呼ぶ。

文字通り指一本で検索できる。「サジェスト検索」ってやつで。

グーグルという会社はほんとにクレイジー。シリコンバレー的とでも言えるんだけれど、検索する前にその人が検索したいものが表示されればいいよね!って無邪気かつ強欲に言い始めた人たちがいて(たぶん創業者たち)、実際グーグルはそれを「サジェスト検索」という形で実装している。検索窓に一文字入れるだけで先回りしたかのようにワードが出てくるアレ。

 

びっくりした。人生観変えられるほどびっくりした。自分の人生甘かったと思った。

指一本で検索できる「サジェスト機能」のことじゃない。「仕事」って入力した瞬間に出てくるワード。(※もちろんプライベート検索をはずしてます)

「仕事」の後にサジェスト(例示)されて出てくる第1位は「仕事 行きたくない」第2位が「仕事辞めたい」だった。

スクリーンショット 2016-02-02 3.40.06

8個中6個がネガティブワード。

まさかと思って「仕事+あ行」を調べてみた。「仕事」と入力して後に「あ・い・…」と順に入力してみると

スクリーンショット 2016-02-02 3.42.49

スクリーンショット 2016-02-02 3.43.29

スクリーンショット 2016-02-02 3.43.45スクリーンショット 2016-02-02 3.43.59

スクリーンショット 2016-02-02 3.44.11

ネガティブワードのオンパレード。「仕事+う」のトップが「仕事 占い」だなんて…上司がどんなに説教しても勝てないはずだ。

「な行」なんかもっとひどい↓

スクリーンショット 2016-02-02 3.52.45

すべてネガティブワード。

ついでだから「上司+な」も調べてみた。

スクリーンショット 2016-02-02 12.48.30

上司は常に危険に晒されていることが判明。しかし一番不気味なのは「上司 なるほど」。それ調べて何になるんだ?

 

「仕事+数字」

スクリーンショット 2016-02-02 12.21.53

スクリーンショット 2016-02-02 12.22.01

スクリーンショット 2016-02-02 12.22.10

巷では「最低3年がんばれ」って言われるけど、ことごとく「◯ヶ月 辞めたい」がでてくる。そんな中での「2ch」のがんばり乙。

唯一の救いは「仕事+10」

スクリーンショット 2016-02-02 12.23.24

「10連勤」を除けば見た目が前向きっぽい。

 

はー…ため息が出た。これが現実か。

サジェスト機能をつくり、ワードをいわばランキング化したグーグル。

いつの間にか「人間の心」を見える化してしまっていた。

それは「博士」の仕事ではなく、もはや「神」の仕事だよ。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。